日本ミシュランタイヤウェブサイトへようこそ!

タイヤのこと

  「重力」「慣性力」「空気抵抗力」「摩擦力」と並び車のエネルギー消費の約5分の1にあたる「転がり抵抗」。その生じる仕組みとその低減へのミシュランの取組みをご紹介します。(4分11秒)  
  コインを入れてお気に入りのスポーツカーでさあ出発!なのに途中で停まってしまいました。さあどうする?そこへ我らがミシュランマンが登場!(50秒)  

タイヤの「転がり抵抗」とは

車にかかる抵抗力には、車の重さによって生じる「重力」、速度を上げるときに生じる「慣性力」と「空気抵抗力」、機械的な動きによって生じる「摩擦力」、そして、タイヤレベルで発生する「転がり抵抗」があります。これは車のエネルギー消費の約5分の1にもあたる抵抗力です。

タイヤが転がると接地面が変形し、クルマの乗り心地をよくしたり走るために必要なグリップを生み出します。しかしその一方で、タイヤの材料であるゴムのコンパウンドが元の形に戻ろうとする時にエネルギーの損失を生じ、一部は熱となってタイヤの温度をあげてしまいます。このエネルギーの損失が「転がり抵抗」です。

理想はグリップを保ちながら燃費低下の要因となる「転がり抵抗」を抑えることですが、その両立は難しい課題でした。

省燃費と優れたタイヤ性能を両立させる素材。それがシリカです。

ミシュランは1990年代はじめに開発したグリーンタイヤ・テクノロジーを採用したコンパウンドで、この難問に取り組みました。タイヤ素材に自然の砂に含まれるシリカを配合する革新的技術によって、良質なグリップと耐摩耗性を兼ね備えながら、「転がり抵抗」の低減により燃料を節約できるタイヤを目指したのです。

 

ブックマーク

ミシュランジャパングループは皆様からご回答いただいた内容は全て機密事項として扱います。詳しくは弊社 プライバシーポリシー をご覧ください。
ご意見をお聞かせください!

ミシュランジャパングループは皆様のご要望にお応えできるウェブサイトの構築を目指し簡単なアンケートを実施しております。是非、皆様のご意見をお聞かせください。