日本ミシュランタイヤウェブサイトへようこそ!

ニュース

RSS
google yahoo livedoor hatena More for RSS»
戻る 

コンパニー・ジェネラル・デ・ゼタブリスマン・ミシュラン
2016年3月31日期末第1四半期業績

仏クレルモンフェラン2016年4月20日プレスリリース意訳
04.27.2016

2016年第1四半期のミシュランは、販売量で市場を上回る成長を遂げて、
売上高51億ユーロを発表し、2016年度のガイダンスを確認

□ 販売量は3.7%の増加となり、すべての事業セグメントで市場水準を上回って、乗用車・ライト
トラック用タイヤは4%、トラック用タイヤは3%成長し、特殊製品事業は横ばいを維持(0%)
しました。以下の市況において成長を獲得しました。

  • 成熟市場における乗用車・ライトトラック用およびトラック用タイヤセグメントの堅調な需要
  • 新興市場では、中国における乗用車・ライトトラック用タイヤの力強い需要、インドにおける好調な販売および南米における著しい減少等、入り混じった需要状況
  • 特殊タイヤ市場は依然として鉱山会社の期末在庫削減による影響

□ 価格効果はマイナス0.8%で、グループの積極的なマネジメントアプローチおよびグループの様々な
ブランドに対する新製品とサービス提供が成功したことによって改善しました。

売上高
(百万ユーロ)
2016年度第1四半期 2015年度第1四半期 増減率%
乗用車・ライトトラック用タイヤ事業 2,897 2,777 +4.3%
トラック用タイヤ事業 1,430 1,474 -3.0%
特殊製品事業1 738 771 -4.2%
ミシュラングループ合計 5,065 5,022 +0.9%
*特殊製品事業:鉱山・建設機械、農業機械、二輪車、航空機用タイヤ、ミシュラン・トラベル・パートナーおよびミシュラン・ライフスタイル

2016年度ガイダンスを確認

通年では、タイヤ市場は引き続き入り混じった状況で、乗用車・ライトトラック用およびトラック用タイヤの需要は成熟市場では上昇が続き、一方で新興市場では2015年のトレンドに沿ったものになると予想されています。こうした展開はミシュランにとって引き続き有利になると思われます。特殊タイヤ市場は鉱山会社の在庫削減による影響が続くと予想されます。
このような環境下で、2016年のミシュランは、世界市場を上回る販売量の成長を目指しており、為替レートの影響を除外した場合の営業利益(特別損益算入前の営業利益)の増加、および8億ユーロを上回る構造的なフリーキャッシュフローという目標を確認しました。


本リリースの全文訳はページ上部の印刷用PDFでご覧頂けます。


ミシュランジャパングループは皆様からご回答いただいた内容は全て機密事項として扱います。詳しくは弊社 プライバシーポリシー をご覧ください。
ご意見をお聞かせください!

ミシュランジャパングループは皆様のご要望にお応えできるウェブサイトの構築を目指し簡単なアンケートを実施しております。是非、皆様のご意見をお聞かせください。