• 2013年ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)第9戦オーク・ツリー・グランプリ
  • 予選:10月4日/決勝:10月5日
  • バージニア・インターナショナル・レースウェイ(バージニア州アルトン):全長約5.26km
  • 決勝レース時間:2時間45分

 

 ALMS第9戦は、ダイソン・レーシングのNo.16 ローラB11/66・マツダが今季一番のパフォーマンスを見せ、予選でポールポジションを奪うと、決勝レースにおいてもライバルと互角以上のスピードを発揮しましたが、最後はピットストップのタイミングが決め手となり、P1クラスのチャンピオンをすでに決めているマッスルミルク・ピケット・レーシングのNo.6 HPD ARX-03a・ホンダが今季8勝目をマークしました。

  • 1

イベントカレンダー