【Asian LMS 第2戦 富士 (日本): レポート】

2013年9月20日

新生アジアン・ル・マン・シリーズが日本に上陸! フリープラクティス1のSGTクラスはスバルBRZ GT300がトップタイム!

2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦

3 Hours of Fuji

9月20日(金) フリープラクティス1

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 

4DQT9968.JPG

 ル・マン24時間の車両規則を適用してアジア4カ国において開催される耐久レースシリーズであるアジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)の第2戦が富士スピードウェイで開幕。最初の走行セッションとなる1回目のフリープラクティスが行われ、このレースにおいて特別に設けられた「SGTクラス」に出場するスバルBRZ R&DスポーツのスバルBRZ GT300が同クラスのトップタイムをマークしました。

4DQT9546.JPG

 アメリカ、そしてヨーロッパに続く3つ目のル・マン・シリーズとして今年から開催されているアジアンLMS。開催スケジュールやクラス編成は当初の計画から変更が繰り返され、9月に入ってから、LM P2、LM PC、LM PCジュニア、GTE、GTCという5クラスによって行われるシリーズとなることが改めて定められました。ただし、今回の第2戦富士ではLM PCクラスとLM PCジュニアクラスへのエントリーはなく、アジアンLMSの常設クラスへの出場は、LM P2クラス2台、GTEクラス1台、GTCクラス6台の計9台ということになります。

 

 そして、今回の第2戦富士には日本のSUPER GTシリーズに出場しているGT300車両も参加します。もともとアジアンLMSではGTCクラスへのJAF-GT300規定の車両の出場を認めていますが、その際はル・マン24時間の主催者でアジアンLMSも統括するACO(Automobile Club de l'Ouest=西部自動車クラブ)による性能調整を受けることになります。これに対して、今回の第2戦富士ではSUPER GTにシリーズ参戦しているGT300車両を対象とする「SGTクラス」が特別に設けられ、同クラスへの出場車両はSUPER GT出場時と同じ仕様でレースに臨めることになっているのです。

 

 このSGTクラスに出場するGT300車両は、SUPER GTでのゼッケンのまま今回のレースを走るほか、シーズンを通してひとつのメーカーが供給するレース用市販タイヤを使用しなければならないというアジアンLMSのタイヤ規定(今年はミシュランがサプライヤーを務めています)も適用されず、各車両が普段のSUPER GTで使用しているものと同条件のタイヤを使うことができます。

 

 また、SUPER GTでは各車のシリーズポイントに応じてハンディウェイトを搭載しますが、今回のアジアンLMSのSGTクラスではそのウェイト搭載の義務がなく、各車は最も軽い状態、言い換えれば、その車両本来の性能をストレートに発揮できる状態で今回のレースを走ることになります。そして、今回のレースにおけるSGTクラスの1位から10位までにはSUPER GTのシリーズポイントが付与されます。つまりSUPER GTのシリーズ上位を狙う上では、実は非常に重要な一戦となるのです。なお、SUPER GTの次戦である第7戦オートポリスでは、今回のレース結果により加算されたポイントに従ったハンディウェイトの搭載が課されることになります。

4DQT9855.JPG

 この重要なシリーズポイント獲得を目指して、今回のSGTクラスにはSUPER GT GT300クラスのトップコンテンダー10台が参加。同クラスで唯一ミシュランタイヤを使用しているスバルBRZ R&Dスポーツも、いつもの山野哲也/佐々木孝太のコンビが、いつものNo.61 スバルBRZ GT300を走らせます。

 

 

■フリープラクティス1

 秋晴れのもと、午後1時から行われたフリープラクティス1には、トラブルにより出走できなかったSGTクラスのNo.55 ホンダCR-Z GTを除く19台が出走。大きなアクシデントもなく各車順調に走行して1時間のセッションが進みました。

4DQT9618.JPG

 ラップタイムは2台のLM P2車両がやはり速く、アジアンLMS第1戦を制したKCMGのNo.18 モーガン・日産(J.ウインスロー/小泉洋史/R.ブラッドレー)が、ブラッドレーのドライブで1分33秒917をマークしてトップ。OAKレーシングのNo.24 モーガン・ジャッド(D.チェン/J.リー/C.F.チェン)が1分35秒848で続きました。

 

4DQT9955.JPG

 GTEクラス唯一のエントラントであるTAISAN KEN ENDLESSのNo.70 フェラーリ458 GTE(飯田 章/中野信治/密山祥吾)は、中野が記録した1分42秒989がベスト(総合17位)。GTCクラスのトップはAFコルセのNo.77 フェラーリ458 GT3(S.ワイヤット/M.ルーゴロ/A.ベルトリーニ)で、タイムは1分40秒725、総合順位は9位でした。

 

 そして注目のSGTクラスでは、SUPER GTの今シーズンこれまでの6戦のうち4戦でポールポジションを獲得してきたNo.61 スバルBRZ GT300が今回も速く、山野哲也が1分39秒049をマークしてクラス1位、総合でも2台のプロトタイプ車両に続く3位につけました。

4DQT0067.JPG

 このフリープラクティス1には、アジアンLMSのGTEクラスとGTCクラス、そしてSGTクラスの各車を合わせて計17台のGT車両が出走しましたが、そのトップ6はSGTクラスのGT300車両が占めることに。これはタイヤの性能差によるところが大きく、複数のタイヤメーカーによる開発競争のもと、絶え間なく進化が図られているSUPER GT用タイヤの威力が具体的な形で示された格好になりました。

 

 なお、明日9月21日(土)は午前10時15分から1時間のフリープラクティス2が行われ、その後、決勝レースのスターティンググリッドを決める公式予選が午後1時55分から午後2時25分まで行われます。

イベントカレンダー