【Asian LMS 第2戦 富士 (日本): レポート】

2013年9月21日

OAKレーシングのモーガン・ジャッドが日本初開催のアジアン・ル・マンのポールポジションを獲得!

2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦

3 Hours of Fuji

9月21日(土) フリープラクティス2/公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 

 アジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)第2戦の公式予選が富士スピードウェイで開催され、トップカテゴリーのLM P2クラスに出場するOAKレーシングのNo.24 モーガン・ジャッド(D.チェン/J.リー/C.F.チェン)がポールポジションを獲得しました。また、今回のレースで特別に設けられた「SGTクラス」では、SUPER GTのGT300クラスで目下ポイントリーダーであるNo.16 ホンダCR-Z GT がトップタイムをマークし、同クラス唯一のミシュランタイヤ装着車であるスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は予選クラス3位となりました。

WPQX1734.JPG

■公式予選

 アジアンLMSレースウィーク2日目は、午前中に2回目のフリープラクティスが行われ、そして午後1時55分からは公式予選が30分間にわたって行われました。富士スピードウェイは晴天に恵まれ、気温は29℃、路面温度は39℃というコンディションでした。

 

 ポールポジションを争ったのはKCMGのNo.18 モーガン・日産(J.ウインスロー/小泉洋史/R.ブラッドレー)とOAKレーシングのNo.24 モーガン・ジャッド(D.チェン/J.リー/C.F.チェン)という2台のLM P2カーでした。その中で、No.18 モーガン・日産のブラッドレーが1分34秒311をマークして先制。しばらくそのタイムは破られませんでしたが、セッション終盤になってNo.24 モーガン・ジャッドのチェンが1分34秒253を叩き出して逆転。OAKレーシングとしては韓国でのアジアンLMS開幕戦に続く2戦連続のポールポジション獲得を決めました。

4DQT0804.JPG

4DQT1053.JPG

 

 GTCクラスの予選トップはクラフト・レーシングAMRのNo.007 アストンマーチン・ヴァンテージGT3(F.ユー/R.ライアン)で、ライアンが1分39秒520のベストタイムを記録。これに僅差で続いたのがAFコルセのNo.77 フェラーリ458 GT3(S.ワイヤット/M.ルーゴロ/A.ベルトリーニ)で、ベルトリーニが1分39秒727をマークしました。

4DQT0668.JPG

 

 また、GTEクラス唯一のエントラントであるTAISAN KEN ENDLESSのNo.70 フェラーリ458 GTE(飯田 章/中野信治/密山祥吾)は、飯田のドライブでマークした1分41秒399がベストタイムでした。

4DQT0880.JPG

4DQT1535.JPG

 

 SUPER GTシリーズに出場のGT300車両がそのまま出場するSGTクラスでは、SUPER GTのGT300クラスでポイントランキングトップを行くNo.16 ホンダCR-Z GTが1分38秒241をマークして最速。同クラスでミシュランがタイヤを独占供給しているスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は1分38秒528というベストタイムでクラス3位となりました。

4DQT1086.JPG

 

 なお、アジアンLMSではコントロールタイヤ制が採られており、年間を通してひとつのメーカーが供給する市販レーシングタイヤを使用する規定になっています。そして今年はミシュランがそのサプライヤーを務めています。

 明日9月22日(日)は朝から各種サポートレースが行われた後、3時間で争われるアジアンLMS第2戦の決勝レースが午後2時から開催されます。

イベントカレンダー