• 2013年ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)第10戦プチ・ル・マン
  • 予選:10月18日/決勝:10月19日
  • ロードアトランタ(ジョージア州ブラセルトン):全長4.088km
  • 決勝レース距離:1000マイル

 

 全10戦で構成される2013年のALMS最終戦プチ・ル・マンが開催され、第3戦ラグナセカ以来の出場となったレベリオン・レーシングのNo.12 ローラB12/60クーペ・トヨタ(N.ハイドフェルト/N.ジャニ/N.プロスト)が総合優勝。同チームは前年大会に続いてプチ・ル・マンを制しました。

2013年10月15日 【Asian LMS 第3戦 珠海 (中国): レポート】

OAKレーシングが今季初優勝、AFコルセとTAISAN KEN ENDLESSがGTC、GTE両クラスのタイトルを決定!

  • 2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第3戦 珠海3時間
  • 予選:10月12日/決勝:10月13日
  • 珠海サーキット(中国):全長4.300km

 

 中国の珠海サーキットで開催されたアジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)第3戦は、OAKレーシング・トタルのNo.24 モーガン・ジャッドが今季初優勝。GTCクラスではAFコルセのNo.77 フェラーリ458 GT3が優勝し、同クラスのチャンピオンを獲得しました。また、GTEクラスでもTAISAN KEN ENDLESSのNo.70 フェラーリ458 GTEのタイトル獲得が決まりました。

  • 2013年ALMS(アメリカン・ル・マン・シリーズ)第9戦オーク・ツリー・グランプリ
  • 予選:10月4日/決勝:10月5日
  • バージニア・インターナショナル・レースウェイ(バージニア州アルトン):全長約5.26km
  • 決勝レース時間:2時間45分

 

 ALMS第9戦は、ダイソン・レーシングのNo.16 ローラB11/66・マツダが今季一番のパフォーマンスを見せ、予選でポールポジションを奪うと、決勝レースにおいてもライバルと互角以上のスピードを発揮しましたが、最後はピットストップのタイミングが決め手となり、P1クラスのチャンピオンをすでに決めているマッスルミルク・ピケット・レーシングのNo.6 HPD ARX-03a・ホンダが今季8勝目をマークしました。

  • 1

イベントカレンダー