2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦

3 Hours of Fuji

9月22日(日) 決勝レース

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 

 

4DQT4219.JPG

 アメリカン・ル・マン、そしてヨーロピアン・ル・マンに続く3つ目のル・マン・シリーズとして今年から開催されているアジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)の第2戦が富士スピードウェイで開催され、中国チームのKCMGから出場したLM P2クラスのNo.18 モーガン・日産(J.ウインスロー/小泉洋史/R.ブラッドレー)が総合優勝。GTCクラスではクラフト・レーシングAMRのNo.007 アストンマーチン・ヴァンテージGT3(F.ユー/R.ライアン)がポールtoフィニッシュを果たしました。

2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦

3 Hours of Fuji

9月21日(土) フリープラクティス2/公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 

 アジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)第2戦の公式予選が富士スピードウェイで開催され、トップカテゴリーのLM P2クラスに出場するOAKレーシングのNo.24 モーガン・ジャッド(D.チェン/J.リー/C.F.チェン)がポールポジションを獲得しました。また、今回のレースで特別に設けられた「SGTクラス」では、SUPER GTのGT300クラスで目下ポイントリーダーであるNo.16 ホンダCR-Z GT がトップタイムをマークし、同クラス唯一のミシュランタイヤ装着車であるスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は予選クラス3位となりました。

WPQX1734.JPG

2013年Asian LMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦

3 Hours of Fuji

9月20日(金) フリープラクティス1

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 

4DQT9968.JPG

 ル・マン24時間の車両規則を適用してアジア4カ国において開催される耐久レースシリーズであるアジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)の第2戦が富士スピードウェイで開幕。最初の走行セッションとなる1回目のフリープラクティスが行われ、このレースにおいて特別に設けられた「SGTクラス」に出場するスバルBRZ R&DスポーツのスバルBRZ GT300が同クラスのトップタイムをマークしました。

2013年9月 3日 【Asian LMS 第2戦 富士 (日本): レポート】

9月22日決勝のアジアン・ル・マン富士3時間にスバルBRZ GT300ら11台のJAF-GT300車両が参加

 

 アメリカ、ヨーロッパに続く3つ目のル・マン・シリーズとして今年から始まったアジアン・ル・マン・シリーズ(アジアンLMS)。その第2戦となる富士3時間が9月20〜22日、富士スピードウェイで開催されます(予選:9月21日/決勝:9月22日)。この一戦には「SGTクラス」が特別に設けられ、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを使用しているスバルBRZ R&DスポーツのスバルBRZ GT300をはじめ、SUPER GTシリーズに参戦しているJAF-GT規定のGT300車両11台が出場することになりました。

  • 1

イベントカレンダー