2014年9月22日 【USCC 第12戦 サーキット・オブ・ジ・アメリカズ】

ダッヂ・バイパーが1-2フィニッシュ! ミシュランはGTLMクラスのタイヤメーカータイトルを決定!

2014年USCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)第12戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

予選:9月19日(金)/決勝:9月20日(土)
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(テキサス州オースティン):全長5.516km
決勝レース時間:2時間45分
 
 

FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦との同日開催でUSCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)第12戦が行われ、同シリーズでミシュランが唯一タイヤ供給を実施しているGTLMクラスではNo.93 ダッヂ・バイパーSRT GTS-R(J.ボマリート/K.ウイットマー)が今季2勝目をマーク。2位にはNo.91 ダッヂ・バイパーSRT GTS-R(D.ファーンバッハー/M.グーセンス)が入り、SRTモータースポーツが1-2フィニッシュを飾りました。また、今大会の結果、ミシュランのGTLMクラスにおけるタイヤマニュファクチャラータイトル獲得が決定しました。

2014年ELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)第4戦ポールリカール

予選:9月14日(日) 決勝:9月14日(日)
ポールリカール・サーキット(フランス):全長5.861km
決勝レース時間:4時間
 
 

約2カ月ぶりのELMSイベントとなったシリーズ第4戦がフランスのポールリカールで開催され、トップカテゴリーのLMP2クラスではニューブラッドby モーランド・レーシングのNo.43 モーガン・ジャッドが今季初優勝。LMGTEクラスではAFコルセのNo.55 フェラーリF458イタリアが今季3勝目をマークしました。

2014年アジアンLMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第2戦富士

予選:8月30日(土) 決勝:8月31日(日)
富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km
決勝レース時間:3時間
 
 

ル・マン24時間の車両規則を適用して開催され、ミシュランが公式タイヤサプライヤーとして出場全車にタイヤを供給しているアジアン・ル・マン・シリーズの第2戦が富士スピードウェイで開催され、日本人ドライバーの井原慶子も乗り込んだOAKレーシングチームTOTALのNo.1 モーガン・ジャッド(H.P.タン/D.チェン/井原慶子)が総合優勝を飾りました。

  • 1

イベントカレンダー