2014年ELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)第5戦(最終戦)エストリル

予選:10月19日(日) 決勝:10月19日(日)
エストリル・サーキット(ポルトガル):全長4.182km
決勝レース時間:4時間
 
 

全5戦からなるELMS(ヨーロピアン・ル・マン・シリーズ)の最終戦エストリル4時間が開催され、WRC(FIA世界ラリー選手権)において9年連続でチャンピオンを獲得したセバスチャン・ローブがオーナーを務め、トップカテゴリーのLMP2クラスにミシュランタイヤを使用してシリーズ参戦した唯一のチームであるセバスチャン・ローブ・レーシングのNo.24 オレカ03R・日産(ヴァンサン・カピレール/ジミー・エリクソン)が今季初の優勝を飾りました。また、LMGTEクラスとGTCクラスはともにミシュラン・パートナーチームであるSMPレーシングがシリーズチャンピオンを獲得しました。

2014年10月13日 【Asian LMS 第3戦 上海(中国) 3時間】

OAKレーシングチームTOTALが開幕戦から負けなしの3連勝をマーク

2014年アジアンLMS(アジアン・ル・マン・シリーズ)第3戦 上海

予選:10月10日(金) 決勝:10月11日(土)
上海インターナショナル・サーキット(中国):全長4.602km
決勝レース時間:3時間
 
 
アジアン・ル・マン・シリーズ第3戦上海3時間が開催され、前戦までの2戦を制しているOAKレーシングチームTOTALのNo.1 モーガン・ジャッド(H.P.タン/D.チェン)が今回も優勝を飾り、今季負けなしの3連勝をマークしました。

2014年USCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)最終戦プチ・ル・マン

予選:10月3日(金)/決勝:10月4日(土)
ロードアトランタ(ジョージア州ブラセルトン):全長4.088km
決勝レース時間:10時間
 
 

USCC(ユナイテッド・スポーツカー選手権)の最終戦プチ・ル・マンが開催され、同シリーズで唯一自由なタイヤ競争が行われているGTLMクラスではミシュランタイヤを使用して今シーズンを戦ったSRTモータースポーツのNo.93 ダッヂ・バイパーSRT GTS-Rがチームタイトルを決定。そして同車をシーズンを通じてドライブしたジョナサン・ボマリートとクノ・ウイットマーがドライバータイトルを獲得しました。

  • 1

イベントカレンダー