2015年SUPER GTシリーズ第8戦(最終戦) MOTEGI GT 250km RACE 決勝レース

  • ■11月15日(日)
  • ■ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km
  • ■入場者数:予選日 17,000人/決勝日 33,000人(主催者発表)

  
GT500クラスのチャンピオン決定戦となったSUPER GT最終戦の決勝レースが開催され、12番手グリッドからのスタートであったNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、ミシュランタイヤの高いパフォーマンスに支えられたふたりのドライバーの力走とNISMOチームの優れたピットワークによって大幅なポジションアップに成功し、2位でのフィニッシュを果たしました。

  
この結果、松田/クインタレッリのコンビはドライバー選手権においてランキング2位からの逆転を果たし、2年連続でのシリーズチャンピオン獲得を成し遂げました。また、チーム選手権においてもNISMOチームがチャンピオンに輝きました。そして、これまでの5シーズンのうち実に4シーズンにおいてミシュランタイヤ装着車が世界屈指のタイヤ競争が繰り広げられているSUPER GTの最高峰クラスを制することになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_08_Motegi_race_01.jpgMICHELIN_2015_SUPER GT_08_Motegi_race_02.jpg  
なお、やはりチャンピオン獲得の可能性を残して今大会に臨んでいたNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)はレース中盤に周回遅れのGT300車両の追突を受けて無念のリタイアとなりました。

2015年SUPER GTシリーズ第8戦(最終戦) MOTEGI GT 250km RACE 公式予選

  • ■11月14日(土)
  • ■ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km
  • ■入場者数:17,000人(主催者発表)

  

シリーズの前身である全日本GT選手権の創設から数えて22年目のシーズンであった2015年のSUPER GTもいよいよ最終戦。その公式予選がウェットコンディションのツインリンクもてぎで行われ、ドライバー選手権でトップと2ポイント差のランキング2位で今大会を迎えた松田次生/ロニー・クインタレッリ組のNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rは予選12位、同じくトップと16ポイント差ながらチャンピオン獲得の可能性を残して今大会に臨む本山 哲/柳田真孝組のNo.46 S Road MOLA GT-Rは予選13位という結果になりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_08_Motegi_qualifying_01.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第8戦(最終戦) MOTEGI GT 250km RACE 公式予選

シリーズの前身である全日本GT選手権の創設から数えて22年目のシーズンであった2015年のSUPER GTもいよいよ最終戦。その公式予選がウェットコンディションのツインリンクもてぎで行われ、ドライバー選手権でトップと2ポイント差のランキング2位で今大会を迎えた松田次生/ロニー・クインタレッリ組のNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rは予選12位、同じくトップと16ポイント差ながらチャンピオン獲得の可能性を残して今大会に臨む本山 哲/柳田真孝組のNo.46 S Road MOLA GT-Rは予選13位という結果になりました。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_08_Motegi_qualifying_express.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第7戦 SUPER GT in KYUSHU 300km 決勝レース

  • ■11月1日(日)
  • ■オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
  • ■入場者数:予選日 11,340人/決勝日 22,680人(主催者発表)

  

シリーズ唯一の九州ラウンドとして大分県のオートポリスで開催されたSUPER GT第7戦の決勝は、曇天のもとで始まり、ドライの路面状況で進んでいったものの、中盤以降は小雨がパラつく難しいコンディションでのレースとなりました。

その中で、3番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、序盤から好調な走りを見せてトップ争いに加わると、24周目にNo.38 レクサスRC F、40周目にはNo.12 日産GT-R GT500と、チャンピオン争いにおいても直接のライバルである2台を次々にかわしてトップに浮上。No.12 日産GT-R GT500は首位奪回を諦めることなくチャージし続けてきましたが、これを最後まできっちりと押さえ込んだNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが真っ先にチェッカーフラッグを受け、第2戦富士に続く今季2勝目、ミシュラン勢としては今季通算3勝目を飾りました。なお、同車とミシュランタイヤのコンビネーションはオートポリスでは昨年大会に続いての2年連続優勝となりました。

この結果、ポイントランキングのトップには依然としてNo.12 日産GT-R GT500がつけるものの、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは2ポイント差のランキング2位に浮上。松田とクインタレッリのコンビは2週間後にツインリンクもてぎで行われるシリーズ最終戦で2年連続チャンピオンをかけた頂上決戦に臨むことになります。

また、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は、予選では10位に終わり、5列目のグリッドからのスタートとなりましたが、決勝では終始力強い走りを披露。着実に追い上げ続けて6位でのフィニッシュを果たし、同車もチャンピオン獲得の可能性を残して最終戦に挑むことになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_race_01.jpgMICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_race_02.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第7戦 SUPER GT in KYUSHU 300km 決勝レース

シリーズ唯一の九州ラウンドとして大分県のオートポリスで開催されたSUPER GT第7戦の決勝は、曇天のもとで始まり、ドライの路面状況で進んでいったものの、中盤以降は小雨がパラつく難しいコンディションでのレースとなりました。

その中で、3番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、序盤から好調な走りを見せてトップ争いに加わると、24周目にNo. 38 レクサスRC F、40周目にはNo.12 日産GT-R GT500と、チャンピオン争いにおいても直接のライバルである2台を次々にかわしてトップに浮上。No.12 日産GT-R GT500は首位奪回を諦めることなくチャージし続けてきましたが、これを最後まできっちりと押さえ込んだNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが真っ先にチェッカーフラッグを受け、第2戦富士に続く今季2勝目、ミシュラン勢としては今季通算3勝目を飾りました。なお、同車とミシュランタイヤのコンビネーションはオートポリスでは昨年大会に続いての2年連続優勝となりました。

この結果、ポイントランキングのトップには依然としてNo.12 日産GT-R GT500がつけるものの、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは2ポイント差のランキング2位に浮上。松田とクインタレッリのコンビは2週間後にツインリンクもてぎで行われるシリーズ最終戦で2年連続チャンピオンをかけた頂上決戦に臨むことになります。

また、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は、予選では10位に終わり、5列目のグリッドからのスタートとなりましたが、決勝では終始力強い走りを披露。着実に追い上げ続けて6位でのフィニッシュを果たし、同車もチャンピオン獲得の可能性を残して最終戦に挑むことになりました。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_race_express.jpg