0929_1.jpg

決勝(55周)スタート予定時刻は14時。その時点の気温は29 ℃、路面温度も39 ℃と残暑の中のレースとなった。


No.39 DENSO SARD SC430 は石浦宏明 が、No.46 S Road MOLA GT-R はロニー・クインタレッリ がスタートドライバーを務める。

2011 AUTOBACS SUPER GT Round 6

「FUJI GT250km RACE 」 

2011 年9 月10 日(公式予選)

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡 ):全長4,563m

DENSO SARD SC430が今季2度目のポール獲得!

09011_1.jpg

2011 AUTOBACS SUPER GT第6 戦「FUJI GT250km RACE 」の公式予選が9月10日に行われた。富士スピードウェイでのSUPER GT開催は今季2度目となる。

ミシュラン・パートナーチームの2台はすべての走行セッションで好タイムを記録。スーパーラップ方式で行われた予選では No.39 DENSO SARD SC430( 石浦宏明/井口卓人)は石浦が52kgのウエイトハンデをものともしない果敢な走りでポールポジションを獲得。一方、ランキングトップで100kgと積載の上限となるウエイトハンデを課せられている(計算上は獲得56ポイント ×2kgで112kg) No.46 S Road MOLA GT-R( 柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)もクインタレッリのアタックで7位とまずまずの位置に就けた。

  • 1