【2011】

2011年10月15日

第8戦 もてぎ ミシュラン・パートナーチーム、最終戦でフロントロウ独占!

2011 AUTOBACS SUPER GT Round 8

MOTEGI GT 250KM RACE

2011 年10月15 日(公式予選)

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡 ):全長4,801.379m

入場者数:予選10 ,000人(主催者発表)

2011 AUTOBACS SUPER GT 第 8 戦(最終戦)、「MOTEGI GT250km RACE」 が1 0 月15日、 ツインリンクもてぎ(栃木県)で開催された。

OKA01177.JPG

SUPER GTスポーティングレギュレーションではウエイトハンデ制について、最終戦では参戦8戦目の車両はこれを撤廃すると規定しており、GT500クラスは全車ハンデなしでこのレースに臨むことになった。

OKA03835.JPG
今回の公式予選は「ノックアウト方式」。両クラスとも Q1 、 Q2 、 Q3 という計 3 回のセッションが行われ、勝ち抜き戦でポールポジションが争われる。 Q1 では GT500 、 GT300 両クラス混走 30 分、各クラス専有の走行がそれぞれ 10 分間が行われ、 GT500 クラスはここでの上位 11 台が Q2 へと進む。その Q2 も 10 分間の専有走行で 7 台が選抜されて Q3 へと進出する。また、規定により Q2 と Q3 を同じドライバーが走ることはできず、 Q2 および Q3 に参加した車両はそこで使用したタイヤで決勝レースをスタートしなければならない。

OKA00428.JPG

朝からの雨は 13 時 05 分の Q1 開始時にも上がることはなく、ウエットコンディションでの公式予選となり、滑りやすい路面にスピン、コースアウトする車両が見られ、 2 度にわたって赤旗が提示される事態となった。

OKA03425.JPG

ミシュランパートナーの 2 台は Q1 から好調ぶりを発揮。 Q1 の混走時から No.46 S Road MOLA GT-R も柳田真孝と No.39 DENSO SARD SC430 を駆る石浦宏明が好タイムを記録し、 1 位、 2 位を占めると、 10 分間の専有走行ではミシュランレインタイヤを履く 2 台が 1 位を争うシーソーゲームを展開。 3 番手以下に 1 秒以上の大差をつけて No.46 S Road MOLA GT-R もロニー・クインタレッリが 1 分 52 秒 389 のタイムで 1 位、 No.39 DENSO SARD SC430 を駆る石浦宏明が 1 分 52 秒 423 で 2 位となった。

OMU01783.JPG

Q2 もウエットコンディションのセッションとなった。 No.39 DENSO SARD SC430 の井口卓人はセッション開始早々にタイミングモニター最上位に就けが、その後 No.46 S Road MOLA GT-R に乗るロニー・クインタレッリがセッションベストラップとなる 1 分 52 秒 529 をマーク。 No.46 GT-R のクインタレッリが 1 位、 No.39 SC430 の井口は 4 位でそれぞれ Q3 進出を文句なく果たした。

OKA03965.JPG

最後の Q3 は雨の量が増え、さらに厳しいコンディションでのセッションとなったが、ポールポジション争いはミシュラン・パートナーチームの 2 台に絞られた。 No.39 DENSO SARD SC430 は石浦宏明が、 No.46 S Road MOLA GT-R には柳田真孝が乗り込みアタック。コースアウトするマシンが見られる中、 No.46 S Road MOLA GT-R の柳田は滑りやすい路面で巧みなドライビングを見せ、 1 分 54 秒 662 の最速タイムをマーク。ポールポジションを決めた。 2 位も No.39 DENSO SARD SC430 の石浦が 1 分 55 秒 455 のタイムで続き、ミシュラン・パートナーチームがスターティンググリッド最前列を独占した。柳田のタイムは 3 位に 1 秒 646 もの差をつける圧倒的なタイムをだった。

OMU01977.JPG

柳田真孝( No.46 S Road MOLA GT-R)

「雨の中でのノーマル・ウエットのグリップが良かったのはミシュランタイヤの性能が良かったという証明だと思います。タイヤの発熱も良かったですし、雨の量はかなり多かったのに、その中で高いグリップを発揮してくれました。明日は予報によれば天候が微妙に変化しそうですが、それは皆同じ条件ですから、タイヤチョイスさえ間違えなければ、ポジションがポジションなので有利な展開にはなると思います」。

OMU01978.JPG

ロニー・クインタレッリ( No.46 S Road MOLA GT-R)

「今日はクルマもタイヤもとても良かったです。ポールポジションを獲れるという自信はありました。また、決勝に向けたタイヤチョイスのための雨の路面のデータも取れました。ポールポジションは監督やエンジニア、ミシュランタイヤのスタッフ、みんなのおかげです。マー(柳田真孝)も思っていた通りの良い走りをしてくれました」。

OMU01882.JPG

日本ミシュランタイヤ(株)・モータースポーツマネージャー

小田島広明

「一日を通じて雨のコンディションになって水の量が変化して、持ち込んだ 3 種類のタイヤを試しましたが雨に関しましては非常に良いテストになりました。結果も良かったと思います。基本的にはミディアムのタイヤで行けました。このコンディションの中で、各セッションで 2 台がトップを競い合ったのは我々としては良いタイヤを供給できたという自信になりました。開発が順調に進んで、今年だけのことではなく、昨年、一昨年、その前からの積み重ねでここまで来たと思っていますし、今年はいろいろなコンディションのレースがありましたが、それぞれに対応できるタイヤを供給できたかな、ということは実感しています。明日のレースについては、シリーズタイトルは大事ですが、レースはレースなので、可能な限り前に、という姿勢でレースに臨みます。これはチームもドライバーも、そして我々も同じです。今年に関しては結果にこだわる、ということを年初から言い続けているので、明日のレースが終った時点でそれを示せれば良いと思っています」。

Photo by 佐々木 純也