【第4戦】

2012年7月29日

S Road REITO MOLA GT-Rがポディウムフィニッシュ! DENSO KOBELCO SC430も4位に入り、ミシュラン装着車2台がそろって上位入賞を果たす

2012 AUTOBACS SUPER GT第4戦

SUGO GT 300km RACE

2012年7月29日(日) 決勝

スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡):全長3.704256km

入場者数:予選9,500人/決勝27,500人(主催者発表)

 路面温度が40℃をゆうに超える暑さの中、2012年SUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」の決勝レースが開催され、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が3位でフィニッシュして今シーズン初の表彰台を獲得。これに続く4位にもやはりミシュランタイヤを履くNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)が入賞。厳しい条件になるほど強さを際立たせるミシュランの実力を見せつけるレースとなりました。

IMG_3078.JPG

 35℃の猛暑日となった前日と同様、決勝レース開催日を迎えたスポーツランドSUGOは朝から強い日差しが照りつけ、気温はぐんぐん上昇。午前9時05分から45分間にわたって行われたフリー走行の開始時には気温はすでに30℃を超えていました。

OKA00341.JPG

 このフリー走行においてミシュラン・パートナーチームの2台はともに順調に周回。No.1 S Road REITO MOLA GT-Rは31周をこなし、クインタレッリがこのセッションで2番手となる1分16秒576をマーク。No.39 DENSO KOBELCO SC430もやはり31周を走行して、石浦がセッション4番手となる1分17秒124を記録。2台ともに決勝レースでの活躍を大いに期待させる内容のフリー走行となりました。

 決勝レースのスタート時刻である14時の時点で、天候は晴れ、気温は31℃、路面温度は42℃。ミシュラン・パートナーチームのスタートドライバーは、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rはクインタレッリ、No.39 DENSO KOBELCO SC430は石浦がそれぞれ担当しました。

OKA00459.JPG

 全長3.704kmのスポーツランドSUGOを81周して争われる今回のレースは、上位のスターティンググリッドにつけていた2台のNissan GT-Rがスタート直後に接触してコースアウトするという波乱から幕を開けました。しかし、ミシュラン・パートナーチームの2台はともに好スタートを決め、6番手グリッドからスタートしたNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rは4位、9番手グリッドからスタートしたNo.39 DENSO KOBELCO SC430は7位にそれぞれ順位を上げてオープニングラップを終えました。

 そしてスタートから6周もすると、GT500クラスのトップグループは早くもGT300クラス下位の車両を周回遅れにし始めました。今回のレースに出場した全38台のうち、GT300クラスの車両は23台。これらを次々にかわしていかなければならない影響は大きく、それまで1分17秒台で走行していたトップグループのラップタイムは、1分20秒台、さらには23秒台へと急激に低下しました。

OKA02685.JPG

 そんな中、21周目の最終コーナーでNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rに乗るクインタレッリが目の覚めるようなオーバーテイクを披露しました。前を行くNo.35 SC430とNo.36 SC430が周回遅れの車両に詰まったところで、この2台を一気にパス。これで2位に浮上していったのです。

OKA01224.JPG

 その後、クインタレッリはトップを走るNo.6 SC430より速いペースで周回を重ね、その差をじりじりと詰めていきました。そしてスタートから30周を過ぎる頃には、No.1 S Road REITO MOLA GT-RはNo.6 SC430の真後ろにまで接近。テールtoノーズでのトップ争いとなりましたが、この2台がバトルを繰り広げてラップタイムを落としているうちに後方からNo.36 SC430が追いつき、トップ争いは三つ巴へと膨れ上がりました。

 そして37周を終えたところでトップのNo.6 SC430がピットへ。No.39 DENSO KOBELCO SC430もピットインし、石浦から脇阪に交替。これを皮切りに、上位グループの車両が次々とルーティンストップを行いました。

IMG_1712.JPG

 No.6 SC430のピットイン後、No.36 SC430が再びNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rの前に出てトップに立ちましたが、まだピットストップを行っていなかったこの2台も39周を終えたところでそろってピットへ。そしてNo.36 SC430がひと足先にコースに復帰し、クインタレッリから交替した柳田が乗り込んだNo.1 GT-Rがこれに続きました。

 上位グループがルーティンストップを終えた時点での順位は、トップがNo.6 SC430、2位にNo.36 SC430、そして3位にNo.1 S Road REITO MOLA GT-R、以下、No.38 SC430、No.35 SC430、そして脇阪がステアリングを握るNo.39 DENSO KOBELCO SC430と続いていました。

 50周目、No.39 DENSO KOBELCO SC430の脇阪がNo.38 SC430を1コーナーでパス、4位に浮上しました。この日、ちょうど40歳の誕生日を迎えた脇阪はその後もハイペースで飛ばし続け、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rの柳田にも迫っていきました。これには柳田も反応してペースアップ。脇阪を引き離し、3位を堅持します。一方、No.39 SC430の脇阪の背後にはNo.38 SC430が接近してきましたが、脇阪は見事にこのチャージを抑え込んでみせました。

OKA02151.JPG

 その後、上位グループはポジションをキープしてチェッカーまで走り切り、柳田が乗るNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rが3位で、そして脇阪が乗るNo.39 DENSO KOBELCO SC430が2戦連続となる4位でフィニッシュ。厳しい暑さの中、ミシュラン・パートナーチームの2台はそろって上位入賞を果たし、難コンディションでのミシュランタイヤの強さを改めて印象づけるレースとなりました。

OKA02072.JPG

柳田真孝 (No.1 S Road REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「自分としてはまだまだ課題が残るレースだったのですが、タイヤのパフォーマンスはすごくよかったです。タイヤが最も性能を出せる状態になるまで少し時間はかかるのですが、それをしのげばペースがよくなることは分かっていましたし、総合的にはうまくタイヤを使うことができたと思います。

 途中、No.39 DENSO KOBELCO SC430が迫ってきて、横に並ばれたんですけど、何とかしのぐことができました。そのあたりから自分のペースもよくなってきて、最終的には今年初めての表彰台に上ることができました。

 これまでの3戦は、速さはあっても結果が出ていなかったので、今回結果を残せたことはよかったと思いますし、いい流れがこの後のレースに必ずつながると思うので、鈴鹿や富士には自信を持って臨みたいと思います」

ロニー・クインタレッリ (No.1 S Road REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「自分のスティントの途中からすごくいいペースで走れました。前の3台のSC430は安定していたけど、ボクのようなタイムの伸びはなかったので、彼らに追いついて2番手に上がることができました。

 トップのNo.6 SC430に追いついたときには彼らのタイヤのパフォーマンスは落ちていたのでペースが遅かったんですが、どうにも抜けなかったのでタイムをロスしてしまいました。それがもったいなかったですね。

 でも、今年はこれまでツイていなかったから、ボクたちにとっては今回の3位は優勝と同じです! チームも、この前のセパンまではいろいろなトラブルに直面していたんですけど、あれから気持ちを切り替えて、みんなで頑張って、今回は全部うまくいきました。トラブルはないし、ミスもなかった。それと今日の暑さに合わせて選んだタイヤはすごくよかったです」

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「もともと決勝レースでの安定性については自信がありましたが、公約どおりMOLAチームが表彰台に上がれたのはよかったです。ふたりのドライバーはタイヤマネージメントをきちんとしてくれましたし、戦略的にもよかったと思います。

 今回投入したドライコンディション用のタイヤは、安定方向に振ったものと、パフォーマンス方向に振ったものの2種類で、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rは決勝レースの前半/後半ともに安定方向のタイヤを使いましたが、No.39 DENSO KOBELCO SC430はレース後半はパフォーマンス方向のタイヤを使用しました。脇阪選手はその優位性を利して非常にいいペースで走りましたね。

 No.1 S Road REITO MOLA GT-Rは今回の表彰台で悪い流れを断ち切って次の鈴鹿以降に臨むでしょう。チャンピオンシップでもまだまだトップに追いつけると彼らも信じていますし。

 No.39 DENSO KOBELCO SC430も、前回のセパンでは10番手スタートから4位まで追い上げ、そして今回も9番手スタートから4位と、こちらもいい流れだと思います。石浦選手がポジションを上げて、寿一選手がそれを守り抜いた。シリーズランキングでも非常にいい位置にいます。何より今回は、シリーズにおける一番のライバルであるNo.38 SC430やNo.100 HSV-010の前でゴールできたのがよかったです。

 ところで、先週鈴鹿で行われた公式テストは全セッションが雨となったのですが、次戦の鈴鹿1000kmもかなりタイヤに厳しいレースになるだろうという予測ができています。その点、今回のレースでは、最善のラップタイムの配分や、タイヤをどう使えばそのスティントで最速で走れるかを考えたタイヤマネージメントを各ドライバーがきちんとやってくれました。その意味で今回のSUGOは我々にとってもすごく意義のあるレースになりました」