【第5戦】

2012年8月19日

No.1 S Road REITO MOLA GT-Rがポールtoフィニッシュ!

2012 AUTOBACS SUPER GT Round 5

「第41回インターナショナル ポッカ1000km」 

2012年8月19日(決勝)

鈴鹿サーキット:全長5.807km

入場者数:35,500人(主催者発表)



OKA00641.JPG

12時35分、青い空と強い日差しのもと、173周のレースがスタートしました。フロントロウに就けたNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリとNo.39 DENSO KOBELCO SC430の石浦宏明はシグナルが青に変わるとそのまま1、2位に就けてレースを引っ張ります。

上位グループはグリッド順の1分57秒台のほぼ同じペースで走行しますが、9周目には上位に就けていたGT500車両の1台が右リアタイヤをバーストさせてピットへ向かいました。

OKA01211.JPG

その中で、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rのクインタレッリは周回遅れのGT300車両の中を縫うように、1分56秒台から58秒台でトップを快走。15周を終えた時点で2位に続く石浦宏明のNo.39 DENSO KOBELCO SC430との差は9秒以上に広がっていました。

OKA02899.JPG

No.1 GT-Rのクインタレッリ、No.39 SC430の石浦はそれぞれ1分56秒~58秒台で快調に走行しますが、タイヤにかかる負荷は大きく、23周を過ぎる頃から上位グループにピットインしてタイヤ交換する車両が現れはじめます。その中でNo.1 GT-Rのクインタレッリは33周まで走行して予定のピットイン。給油、タイヤ交換を行い柳田真孝が乗り込んでコースに復帰します。次の周、No.39 SC430の石浦もルーティンストップ。脇阪寿一に交代します。コースに復帰したNo.39 DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一の背後に、2周前にピットストップを終えていたNo.12 Nissan GT-Rが背後に迫り、脇阪に先行します。

OKA04291.JPG

上位グループがルーティンストップを終えた37周目、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rの柳田真孝がトップに返り咲きます。1分56秒台で快調に走行する柳田の後方、2位にはNo.12 Nissan GT-Rが就けますが、3位にはコンマ5秒差でNo.39 DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一が追っています。

IMG_9203.JPG

快調に走行していたNo.1 Nissan GT-Rの柳田ですが40周目のデグナーカーブでGT300車両と接触するアクシデントが発生しました。柳田はそのまま走行しますが、ホイールの1本が損傷しており、43周を終えたところでピットインを強いられました。順位は7位まで後退してしまいました。

中盤の60周を終えてトップを走行するのはNo.12Nissan GT-Rで、その背後にNo.39 Lexus SC430の脇阪寿一が迫っています。そしてNo.1 GT-Rの柳田真孝も3位まで上がってきました。

ミシュラン・パートナーチームの2台は快調に周回を重ねていますが、路面温度は一時50℃以上にまで上昇。厳しいコンディションにコース上ではタイヤバーストする車両が続出しています。

62周目のヘアピン入口で接触事故が発生してGT300がクラッシュ。セーフティーカーが導入されました。ここでトップのNo.12 GT-Rがピットインしたため、66周目からのレース再開時にはNo.39 SC430の脇阪寿一が1位、2位にNo.1 GT-Rの柳田真孝が就けます。その後67周目のヘアピンで柳田が脇阪を抜いてトップに踊り出ました。

OKA01663.JPG

レース後半に入ってもNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は快調に走行。1分56秒台を維持してトップを堅持してます。しかし82周目、No.39 DENSO KOBELCO SC430の石浦宏明がストレート上、ピットロード出口付近にストップ。駆動系のトラブルで走行不能となり、ここで石浦はマシンを降りました。

No.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)はその後も安定したペースでトップを快走。後続グループを引き離して行きます。ところが158周目にNo.17ホンダHSV-010 GTが激しくスピンしてコースサイドのバリヤにクラッシュ。ここで再びセーフティーカーが導入されました。

レース再開は162周目から。それまで築いた差がなくなりましたが、残り11周のスプリントレースとなる中でクインタレッリはそのままトップに立つと2位以下をじりじりと引き離して行きます。164周を1分55秒033のファーステストラップを叩き出すと、次の周にはさらにタイムを更新。2位以下よりも2秒も速いペースで走行し、後続を突き放して行きます。

OKA05367.JPG太陽が西に傾く中、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリは173周を走りきり、見事、第41回インターナショナル・ポッカ1000km優勝のチェッカーフラッグを受けました。

OMU07011.JPG

柳田真孝(MOLA)

「今日はタイヤのトラブルが多く見られましたが、僕らはまったく問題なく、むしろミシュランタイヤのしっかりした構造、コンパウンドのおかげで安心して走れました。僕がピットインして変えたのは接触でリムが破損してそこからエアが漏れたからです。タイヤのパフォーマンスは良かったです。Pokka1000kmで勝つのが夢だったし、表彰台から花火を見ることもできて、本当に嬉しいです。最後まで集中力を途切れさせることなく走っていったから、この結果に繋がったんだと思います。ここで勝たないとタイトル争いに残ることも厳しいと思っていて...。だから今回優勝できて本当に嬉しいです。残り3戦となりましたがウェイトハンディを勲章と思ってチャンピオンを目指して頑張ります」

IMG_8456.JPG

ロニー・クインタレッリ(MOLA)

「タイヤには何の不安もなく、いつも通り走れました。ずっと我慢の燃費走行をしていたので、最後は燃費の問題もタイヤの問題もないので思い切り走りました。昨年は2位の表彰台から花火を見たんですけど、一番高いところから見た今年の方がきれいでしたね(笑)。マー(柳田選手)が接触したときもあまりダメージがなかったのはラッキーでした。最初のスティントも快調だったし、3回目のスティントでピットアウトしたときに50秒以上もリードしていたのに、もう1回セーフティーカーが出て、1分近い差が一気に縮まってしまい、正直ガッカリでした。でもそこからベストラップで引き離して...。ランキング2位になってまだチャンピオンのチャンスあるので最後まで頑張ります」

IMG_8483.JPG

日本ミシュランタイヤ(株)モータースポーツマネージャー

小田島広明

「ポールtoウインで、最速ラップまで記録して勝てて良かったです。ここまで出せないでいたMOLAというチームの優れたマシンが持っている、タイヤも含めた強いパッケージがやっと出せたということです。我々タイヤメーカーからすると、この過酷な条件でタイヤにひとつのトラブルもなかったことは製造者として自信になりました。選んだタイヤは2台ともスタートから同じで、耐久性を重視したタイヤです。速さはもちろんですが、安定して、いかに安全にゴールまで走りきるかということはタイヤメーカーとして非常に重要なことです。今日はそれを1000kmという耐久レースで達成するのをお見せすることができて良かったと思っています」

Photo by Junya Sasaki