2012 AUTOBACS SUPER GT 第7戦

SUPER GT IN KYUSHU 300km

2012年9月29日(土) 公式予選

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

 2012年SUPER GTシリーズ第7戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」の公式予選が台風の影響を受けて雨量が絶え間なく変化するトリッキーなウェットコンディションのもとで行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は10番手グリッド、No.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)は15番手グリッドから決勝レースをスタートすることになりました。

OMU08117.JPG

2012 AUTOBACS SUPER GT 第6戦

FUJI GT 300km RACE

2012年9月9日(日) 決勝

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:予選日18,200人/決勝日33,800人(主催者発表)

OKA00686.JPG

 2012年SUPER GTシリーズ第6戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが開催され、フロントロウからスタートしたNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が86kgものウェイトハンデを搭載しながらハイペースのドライビングを展開。終盤にはNo.19 SC430との2位争いとなりましたが見事にこれを制して2位入賞を果たし、優勝を飾った前戦に続いて表彰台を獲得しました。この結果、No.1 S Road REITO MOLA GT-RはGT500クラスのポイントランキングでついにトップに立つこととなりました。また、予選ではトラブルに見舞われて下位に沈んだNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)も決勝では着実にポジションアップを果たし、最終的には6位でのフィニッシュを果たしました。

2012 AUTOBACS SUPER GT 第6戦

FUJI GT 300km RACE

2012年9月9日(日) 決勝

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

OKA00635_m.jpg

  2012年SUPER GTシリーズ第6戦「FUJI GT 300km RACE」の決勝レースが開催され、フロントロウからスタートしたNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が86kgものウェイトハンデを搭載しながらハイペースのドライビングを展開。終盤にはNo.19 SC430との2位争いとなりましたが見事にこれを制して2位入賞を果たし、優勝を飾った前戦に続いて表彰台を獲得しました。この結果、No.1 S Road REITO MOLA GT-RはGT500クラスのポイントランキングでついにトップに立つこととなりました。また、予選ではトラブルに見舞われて下位に沈んだNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)も決勝では着実にポジションアップを果たし、最終的には6位でのフィニッシュを果たしました。

(詳細レポートは追って掲載します)


Photo by Junya Sasaki

2012 AUTOBACS SUPER GT 第6戦

FUJI GT 300km RACE

2012年9月8日(土) 公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:予選日25,000人(主催者発表)

IMG_3265.JPG

 2012年SUPER GTシリーズ第6戦「FUJI GT 300km RACE」の公式予選がノックアウト方式で行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が86kgものウェイトハンデをものともしない果敢なアタックを見せて予選2位のタイムをマーク。鈴鹿サーキットで行われた前戦に続いて、2戦連続でフロントロウから決勝レースをスタートすることになりました。ミシュラン・パートナーチームのもう1台、No.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)は車両のトラブルによってタイムが伸びず、13位で予選を終えました。

  • 1