【第7戦】

2012年9月29日

ミシュラン勢には苦渋の予選に。10番手&15番手グリッドから決勝レースでの巻き返しを狙う!

2012 AUTOBACS SUPER GT 第7戦

SUPER GT IN KYUSHU 300km

2012年9月29日(土) 公式予選

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

 2012年SUPER GTシリーズ第7戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」の公式予選が台風の影響を受けて雨量が絶え間なく変化するトリッキーなウェットコンディションのもとで行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は10番手グリッド、No.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)は15番手グリッドから決勝レースをスタートすることになりました。

OMU08117.JPG

 SUPER GTでは、開幕戦から数えて参戦6戦目までは獲得シリーズポイント×2kgのハンデウェイトの搭載が課せられるルールになっていますが、これが参戦7戦目では獲得ポイント×1kgで計算した重量に軽減されることになっています。GT500クラスに参戦するミシュラン・パートナーチームの2台はともに開幕戦から全戦に出場しており、第6戦を終えて58ポイントを獲得してランキングトップに立っているNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rは58kg、43ポイントでランキング3位タイにつけているNo.39 DENSO KOBELCO SC430は43kgのハンデウェイトをそれぞれ搭載して今回の第7戦に臨みます。

WP8G0065.JPG

 予選日の9月29日(土)のオートポリスは台風17号の影響を受けて朝から降雨に見舞われました。そんな中、午前9時から2時間にわたって行われた公式練習では、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリが1分45秒726の最速タイムを叩き出し、No.39 DENSO KOBELCO SC430も脇阪寿一がレクサスSC430勢でトップ、総合でも4番手となる1分46秒691を記録して、ミシュラン・レーシングレインタイヤのパフォーマンスの高さをまざまざと見せつけました。

OMU08387.JPG

OMU08340.JPG

 そして公式予選は午後2時からスタート。今回の予選はオートポリスで開催されるSUPER GTとしては初めてのノックアウト方式で実施されました。依然として雨が降り続いていましたが、雨量はひっきりなしに変化し、そのときのコンディションに最適なタイヤを選ぶのがひときわ難しい予選となりました。

OMU09043.JPG

 GT500クラスの出走14台からまず11台を選抜する15分間の第1予選(Q1)を迎えたときには、コース上には水たまりもできているような状態でした。このセッションで、石浦宏明が乗り込んだNo.39 DENSO KOBELCO SC430はコースインした最初の周回でコースアウト。グラベルベッドを直進してストップしてしまいました。これにより赤旗が提示されてセッションは中断。その原因を作ったことから、規定によってNo.39 DENSO KOBELCO SC430の予選はここで終了となり、決勝レースはGT500クラスの最後尾からスタートすることとなりました。一方、ロニー・クインタレッリがドライブしたNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rは快調に走行し、1分52秒071の最速タイムをマーク。堂々のトップで第2予選(Q2)進出を果たしました。

OMU00577.JPG

 続くQ2は10分間。ここでもセッション開始からすぐにNo.32 ホンダHSV-010GTがコースアウトして赤旗が提示されることとなりました。そして残り6分間ということでセッション再開となりましたが、このセッションでは柳田真孝がドライビングを担当したNo.1 S Road REITO MOLA GT-RはQ1までとは一転してタイムが伸びません。結局、No.1 GT-Rのベストタイムは1分52秒802で、10位という結果に。7位までが選抜される第3予選(Q3)への進出はならず、10番手グリッドから決勝レースをスタートすることになりました。

WP8G4322.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今日の予選は非常に残念な結果になりました。No.1 S Road REITO MOLA GT-Rに関して言えば、ドライバーが性能を引き出し切れなかったのではなく、Q2においてはあのくらいのタイムしか出ないパッケージだった、と言わなければなりません。
 No.1 S Road REITO MOLA GT-Rは、Q1で使用したタイヤをQ2でもそのまま継続して使いました。Q1の時点では雨量がかなりあり、路面温度も低めでしたので、Q1で使って温まったタイヤをQ2でも引き続き使うという判断でした。ところが、Q2では雨の量も少なくなってきていて、その一方でQ1から使い続けた我々のタイヤはヘビーレイン用であり、摩耗の懸念がありました。しかし、それまでのセッションを好調に戦ってきたことから、皆が現状維持に固執しすぎてしまって、コンディションの変化に合わせたフレキシブルな対応を取らなかった・・・・・・これが今日の敗因です。今日のことは大いなる反省として、明日の決勝レースでは力強い戦いをお見せしたいと思います」