2012 AUTOBACS SUPER GT 第8戦

MOTEGI GT 250km RACE

2012年10月27日(日) 決勝

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801km

入場者数:予選日12,500人/決勝日27,000人(主催者発表)

OMU04292.JPG

 2012年SUPER GTシリーズ最終戦「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝レースが開催され、GT500クラスのチャンピオンを前戦オートポリスですでに決定して今大会に臨んだNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)がトップとわずか0.138秒差の2位に入賞。これで第4戦菅生から5戦連続で表彰台に上ることとなり、2年連続シリーズチャンピオンにふさわしい強さを見せつけました。また、No.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)も好走を見せて4位でフィニッシュ。これにより、No.39 SC430のランキング3位が決定し、2012年SUPER GTのシリーズ上位をミシュラン・パートナーチームの2台が占める結果となりました。

2012 AUTOBACS SUPER GT 第8戦

MOTEGI GT 250km RACE

2012年10月27日(土) 公式予選

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801km

入場者数:予選日12,500人(主催者発表)

IMG_1704.JPG

 2012年SUPER GTシリーズも今回の「MOTEGI GT 250km RACE」が最終戦。その公式予選がノックアウト方式で行われ、前戦オートポリスで2年連続GT500クラスのチャンピオンを獲得したNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は予選7位に。また、このレースでシリーズランキング2位の獲得を目指すNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)は9番手グリッドを確保しました。

2012 AUTOBACS SUPER GT 第7戦

SUPER GT IN KYUSHU 300km

2012年9月30日(日) 決勝

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

入場者数:予選日11,200人/決勝日21,100人(主催者発表)

 2012年SUPER GTシリーズ第7戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」の決勝レースがウェットコンディションのもとで開催され、10番手グリッドからスタートしたNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は最終ラップでトップに立つという大逆転劇のすえに優勝。これにより、最終戦を待たずにGT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得しました。また、GT500クラスのグリッド最後尾からのスタートとなったNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)も見事な追い上げを実らせて5位でフィニッシュ。ミシュランにとっては最高の日曜日となりました。

OMU08236.JPG

  • 1