【第8戦】

2012年10月27日

ミシュラン・パートナーチーム、2012年SUPER GT最終決戦に7番手&9番手グリッドから臨む

2012 AUTOBACS SUPER GT 第8戦

MOTEGI GT 250km RACE

2012年10月27日(土) 公式予選

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801km

入場者数:予選日12,500人(主催者発表)

IMG_1704.JPG

 2012年SUPER GTシリーズも今回の「MOTEGI GT 250km RACE」が最終戦。その公式予選がノックアウト方式で行われ、前戦オートポリスで2年連続GT500クラスのチャンピオンを獲得したNo.1 S Road REITO MOLA GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は予選7位に。また、このレースでシリーズランキング2位の獲得を目指すNo.39 DENSO KOBELCO SC430(脇阪寿一/石浦宏明)は9番手グリッドを確保しました。

SUPER GTでは、開幕戦から数えて参戦6戦目までは獲得シリーズポイント×2kgのハンデウェイトの搭載が課せられるルールになっていますが、これが参戦7戦目では獲得ポイント×1kgで計算した重量に軽減され、さらに参戦8戦目ではウェイトハンデが撤回されることになっています。すなわち、全8戦でシリーズが構成されている今シーズンの場合、開幕戦から連続出場しているチームは今回の最終戦が8戦目となります。そしてGT500クラスの場合、No.36 レクサスSC430を除くすべてのチームが開幕戦同様にハンデなしの状態でこの大会に臨みます。

VS0A6608.JPG

 10月27日(土)はまず午前9時30分から2時間に渡って公式練習が行われました。開催地であるツインリンクもてぎは朝から好天に恵まれ、気温は20℃と10月末としては温かく、路面温度もセッション開始時に30℃まで上昇しました。その中で決勝レースを見据えてセッションを進めたミシュラン・パートナーチームの2台でしたが、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rはロニー・クインタレッリが1分42秒729をマークして8番手に。一方、No.39 DENSO KOBELCO SC430は石浦宏明が記録した1分42秒907がベストで9番手となりました。

 そして14時15分からは、GT500クラスの出場15台からまずは11台を選抜する15分間の第1予選(Q1)がスタート。もっとも、そのセッションの開始時刻になってもなかなかコースインする車両が現れなかったのですが、ロニー・クインタレッリが乗るNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rが真っ先にピットを離れていくと、その後次々と他のチームの車両もコースに入り、タイムトライアルを開始しました。そしてこのセッションでは石浦宏明がドライブしたNo.39 DENSO KOBELCO SC430が1分41秒984を刻んで一時トップに。その後、No.1 GT-Rも1分42秒077を記録。結局、このセッションではNo.39 SC430がこのセッションの3位、No.1 GT-Rは5位となり、ともに第2予選(Q2)進出を果たしました。

OMU09581.JPG

 Q2のセッションは10分間。今度は柳田真孝が乗り込んだNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rがまたも最初にコースインしていき、続いて脇阪寿一がドライブを担当したNo.39 DENSO KOBELCO SC430がタイムアタックに出て行きました。そしてNo.1 GT-Rは1分42秒423をマークしてこのセッション4位となり、7台が選抜される第3予選(Q3)進出を果たしましたが、No.39 SC430は自己ベストの1分42秒775を記録した後にスピンを喫し、再スタートは切れたものの再度タイムアタックに出る時間は残されていなかったことから、このセッションの8位に終わってQ3進出を逃しました。

 そしてQ3は15時25分にスタート。日差しはやや傾き、気温は下がってきた中、再びロニー・クインタレッリが乗り込んでNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rがアタック。4ラップ目に記録した1分42秒203がベストとなり予選7位となりました。

IMG_2483.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「我々ミシュラン勢にとしては、優位性がそれほどあったわけではなく、しかし大きく外してもいかった、という予選でしたね(苦笑)。No.39 DENSO KOBELCO SC430は石浦選手がQ1で好タイムを出し、Q2での伸びしろがあったと思うので、あそこ(Q3)で終わってしまったのは残念でした。No.1 S Road REITO MOLA GT-RはQ3で最も性能を出せるはずだったタイミングでのアタックを逸してしまいました。これも残念なところでした。

 明日のレースについてですが、今日の走行を見ているとロングランでの差が出てくる可能性はあるのかな、という印象があります。今回の我々は作動温度レンジが異なる2種類のドライコンディション用タイヤを持ってきていますが、No.1 S Road REITO MOLA GT-RもNo.39 DENSO KOBELCO SC430も作動温度が低い方のレンジ向けのタイヤを選んでいます。レースでは1分44秒台の前半から真ん中くらいで安定して走れるという手応えは得ていますので、どうぞご期待ください」