JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON

FUJISPRINT CUP 2012

2012年11月18日(日) 決勝日2日目

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:41,300人(主催者発表)

OMU06379.JPG

 SUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの第2レースが晩秋の富士スピードウェイで行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.39 DENSO KOBELCO SC430で出場した脇阪寿一が8位でフィニッシュ。No.1 S Road REITO MOLA GT-Rの柳田真孝は他車との接触が原因でピットインを強いられて14位にとどまりましたが、ピットアウト後のレース後半はトップグループを上回るペースでの走行を続けて持ち前のスピードをアピールしました。

JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON

FUJISPRINT CUP 2012

2012年11月17日(土) 決勝日1日目

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:19,000人(主催者発表)

OMU03160.JPG

 SUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの第1レースが行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rをドライブしたロニー・クインタレッリが優勝。2年連続でGT500クラスのチャンピオンを奪ったシーズンの自身最後のレースも勝利で飾るという最高の結末となりました。

JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON

FUJISPRINT CUP 2012

2012年11月16日(金) 公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:予選日8,000人(主催者発表)

OMU05687.JPG

 今年で3年目の開催となったFUJI SPRINT CUPの公式予選が行われ、11月17日(土)に開催される第1レースのスターティンググリッドを決定する予選ではNo.39 DENSO KOBELCO SC430の石浦宏明が4位、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリが9位に。そして18日(日)に開催される第2レースの予選では、No.1 S Road REITO MOLA GT-Rの柳田真孝が7位、No.39 DENSO KOBELCO SC430の脇阪寿一が10位となりました。

  • 1