【特別戦】

2012年11月17日

ロニー・クインタレッリ&S Road REITO MOLA GT-R、豪雨のFUJI SPRINT CUPを制す!

JAF Grand Prix SUPER GT & Formula NIPPON

FUJISPRINT CUP 2012

2012年11月17日(土) 決勝日1日目

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

入場者数:19,000人(主催者発表)

OMU03160.JPG

 SUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの第1レースが行われ、ミシュラン・パートナーチームのNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rをドライブしたロニー・クインタレッリが優勝。2年連続でGT500クラスのチャンピオンを奪ったシーズンの自身最後のレースも勝利で飾るという最高の結末となりました。

SUPER GTの車両を使って行われる唯一のスプリントレースとなるこのFUJI SPRINT CUP。通常のシリーズ戦とは違って給油やタイヤ交換はなく、走行距離100km(22周)をひとりのドライバーで走り切ります。そして、このイベントにおける最終的な順位は第1レースと第2レースのポイントの合計で決定される仕組みです。

OMU02494.JPG

 その第1レースが行われた11月17日(土)の富士スピードウェイの天候は、予選が実施された前日とは打って変わり、朝から雨となりました。そして冷たい雨が降りしきる中、通常のローリングスタートではなくスタンディングスタートでレースが開始されると、予選9位だったNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリはオープニングラップのうちに6位まで浮上。滑りやすいコンディションの中、積極的なドライビングを見せるクインタレッリは、2周目には4位に上がり、やがて3位へとポジションを上げていきました。

 その後、トップを走行していたNo.12 日産GT-Rに違反スタートによるドライブスルーペナルティが課せられ、これによりNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rのクインタレッリは2位に浮上。No.12 日産GT-Rに代わってトップに繰り上がったNo.17 ホンダHSV-010 GTをチャージしていきました。

OMU02868.JPG

 No.17 HSV-010 GTとクインタレッリが駆るNo.1 GT-Rの2台は1〜2秒の間隔を置いて1分53〜55秒台のほぼ同じペースで走行を続けます。その間にも3位以下はどんどん引き離されていき、雨脚が強くなり出した8周目終了時点でクインタレッリと後続との間には22秒以上のギャップが横たわっていました。そして9周目にはトップを走っていたNo.17 HSV-010 GTがスピンを喫し、これでクインタレッリがレースをリードすることになりました。

OMU03026.JPG

 しかし、雨脚は強まり続けるばかりで、その周のうちにセーフティーカーが導入されることになり、そして10周目を終えたところで赤旗が提示されてレースは中断。結局、再開はならず、レース中断時点でトップに立っていたNo.1 S Road REITO MOLA GT-Rのロニー・クインタレッリが第1レースを制することとなりました。

OMU02971.JPG

 ミシュラン・パートナーチームのもう一方の雄であるNo.39 DENSO KOBELCO SC430は石浦宏明が第1レースに出場し、1周目を11位で通過しましたが、5周目にスピンを喫して14位まで後退。その後、他車のスピンなどによって順位を上げ、11位でレースを終えました。

OMU03271.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.1 S Road REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「スタートはまずまずでしたが、最初から雨の量が多くて、とにかくミスしないよう気をつけて走りました。とにかく悪いコンディションでしたが、まずまずのペースで走れたと思います。すごく滑りやすい路面で、前後で何台ものマシンがスピンしていましたけど、そんなコンディションでもミシュランタイヤはしっかりグリップを発揮してくれていたので、とにかく落ち着いて走ることに集中しました。応援してくれたパートナーのマー(※シリーズでコンビを組む柳田真孝の愛称)の応援にも応えられたし、明日の彼のレースにもつながると思います。我々のチームとしては明日も勝って、ぜひこのFUJI SPRINT CUPで総合優勝したいですね」

OKA00179.JPG

石浦 宏明 (No.39 DENSO KOBELCO SC430/LEXUS TEAM SARD)のコメント:

「非常に難しいレースでした。車両の状態がハイドロプレーニングに弱すぎて、1周に2分かかるような遅いペースでもクルマが常に横を向いているような具合でした。アクセルを踏めないのでタイヤが温まらないし、温まらないからグリップしないという悪循環でした。それでもアクセルを踏んでいかないと、後ろからもマシンが来るので危ない。そんな状況の中で、クラッシュだけはしないように、と思って頑張りました」

OMU04829.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「この開催形式でのウェットレースは初めてで、どういうレースになるのかと思っていましたが、レース距離が短いのでタイヤの耐久性はあまり問われませんし、雨も安定して降っていたので摩耗の問題もありませんでした。そこで問われたタイヤの性能と言えば、初期の発熱性と排水性ぐらいで、あとはドライバーの『勝つんだ』という意志の強さがレース結果を左右したように思います。もちろんラッキーな部分もありましたけと、今年のロニーはやっぱり何かを持っているな、と感じさせられました。

 今回はNo.1 S Road REITO MOLA GT-RもNo.39 DENSO KOBELCO SC430もヘビーレイン用のタイヤを使いました。クルマの特性の違いもありますし、セッティングの方向性も違っていたと思います。タイヤとしてはまったく問題なく機能していました。あれだけの雨量と低い路面温度の中できちんと機能するタイヤだったことは確認できましたので、今日は良いテストができたと思っています」