2013 AUTOBACS SUPER GT第3戦

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA

6月16日(日) 決勝レース

セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア):全長5.543km

入場者数:67,000人(主催者発表)

WT2_8467.JPG

 マレーシアのセパン・サーキットを舞台とするSUPER GT第3戦の決勝レースが開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを装着してシリーズを戦うスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は序盤から3位争いを延々繰り広げてサーキットを沸かせましたが、レース中盤に周回遅れと絡み痛恨のスピン。順位をひとつ下げたものの、開幕戦岡山での結果を上回る4位でのフィニッシュを果たしました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第3戦

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA

6月16日(日) 決勝レース

セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア):全長5.543km

入場者数:67,000人(主催者発表)

OBIN3675.JPG

 マレーシアのセパン・サーキットを舞台とするSUPER GT第3戦の決勝レースが開催され、ウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が数台をオーバーテイクしたすえにトップに立ち、レース中はファステストラップを何度も更新する速さを披露。ピットアウト時にエンジンがなかなか始動せず、20秒以上もタイムロスを喫するという決定的な不運に見舞われて勝機を失ってしまいましたが、それでも4位でフィニッシュしてみせました。この他、MOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は6位、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は9位と、ミシュラン・パートナーチームの3台すべてが10位以内での完走を果たしました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第3戦

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA

6月15日(土) 公式予選

セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア):全長5.543km



WT1_5116.JPG

 シリーズで唯一の海外開催ラウンドとなる第3戦の公式予選がマレーシアのセパン・サーキットで行われ、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを装着してシリーズを戦うスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は予選3位を奪取。開幕戦から2戦連続で奪ってきたポールポジションの連続獲得記録を伸ばすことはできませんでしたが、戦いを有利に進めるには十分上位のスターティンググリッドを得て、明くる16日(日)の決勝レースは待望の初優勝を目指して戦うことになります。

2013 AUTOBACS SUPER GT第3戦

SUPER GT INTERNATIONAL SERIES MALAYSIA

6月15日(土) 公式予選

セパン・インターナショナル・サーキット(マレーシア):全長5.543km

OMBI1253.JPG

 シリーズで唯一の海外開催ラウンドとなる第3戦の公式予選がマレーシアのセパン・サーキットで行われ、GT500クラスに参戦するミシュラン・パートナーチームの3台すべてがトップ10内の予選結果を獲得。2年連続チャンピオンチームで、今年は本山 哲と関口雄飛という新しいドライバーラインアップで臨んでいるMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-Rがミシュラン勢最上位となる予選6位に。そして今年からミシュランタイヤを履くウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が予選8位、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が予選9位となりました。

  • 1