【GT500】

2013年7月29日

MOTUL AUTECH GT-R が乱戦で地力を発揮、今季2度目の3位表彰台を獲得!

2013 AUTOBACS SUPER GT第4戦

SUGO GT 300km Race

7月28日(日) 決勝レース

スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡):全長3.704256km

入場者数:予選日9,500人 /決勝日26,500人(主催者発表)

OMB44030.JPG

 SUPER GT第4戦の決勝レースは、過去2年のGT500クラスのチャンピオンドライバーコンビである柳田真孝とロニー・クインタレッリがドライブするNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが3位に入賞。開幕戦以来となる表彰台獲得を果たしました。ポールポジションからスタートしたMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は、前日の予選で見せた速さを引き続き発揮してトップを快走しましたが、レース後半に他車との接触によって後退、7位でのフィニッシュとなりました。また、予選3位からスタートしたウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロ HSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)も今季初優勝を狙う力強いレースを続けましたが、レース終盤にやはり他車と接触、こちらはリタイアを余儀なくされました。

■決勝レース

 どんよりとした曇り空に覆われた前日の予選とは打って変わり、決勝レースは強い日差しが降り注ぐ青空のもとでスタートを迎えました。気温は26℃、路面温度は40℃まで上昇。夏らしいコンディションとなりました。

OBIN6496.JPG

 ミシュラン・パートナーチームの各車両は、今季初のポールポジションを獲得したNo.1 REITO MOLA GT-Rは関口雄飛、予選3位のNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは山本尚貴、予選11位のNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rはロニー・クインタレッリがそれぞれスタートドライバーを担当。とりわけ注目は関口のスタートでしたが、初めて先頭を走ったローリングスタートもきっちり決めて真っ先に1コーナーに飛び込むと、そのままレースをリードしていきました。

 スタートからトップに立ったNo.1 REITO MOLA GT-Rですが、その背後にはNo.39 レクサスSC430が迫っていきました。しかし、関口はライバルのチャージを巧みに抑え込んでポジションを堅持。そしてついに一度もトップの座を明け渡すことなく自らのスティントを走り切り、40周を終えたところでピットインしました。すると、これを追うNo.39 SC430も同時にピットへ。そして同車の方が先に作業を終えてコースに復帰しました。

OBIN6765.JPG

 ピットストップで逆転を許すことになったNo.1 REITO MOLA GT-Rは本山哲が乗り込んで戦列に戻りましたが、GT300クラスの車両に行く手を阻まれ、No.39 SC430に完全にリードを許す格好になってしまいました。さらに、その後は追撃してきたNo.38 レクサスSC430との2位争いを展開することになりました。

 本山と立川祐路というベテラン同士による一騎討ちは激しさを増すばかりでした。そして2台は、48周目の1コーナーへの進入で並びかけると、ついに接触。本山はコースアウトを喫してしまいます。このアクシデントが原因でNo.1 REITO MOLA GT-Rは左フロントタイヤとボディワークを破損。修理のためピットインを余儀なくされ、優勝争いから脱落することになりました。その後、本山はレース中の最速ラップタイムをマークしながら追い上げ、7位まで順位を上げてフィニッシュしました。

OBIN7496.JPG

 予選3位からスタートしたNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは、山本尚貴のドライブでレース序盤は3位をキープしましたが、16周目に入るメインストレートでNo.38 レクサスSC430にかわされて4位へと後退。そのポジションのまま、38周を終えたところでピットに入り、山本からフレデリック・マコヴィッキィにドライバー交替しました。そして、先述のNo.1 REITO MOLA GT-RとNo.38 SC430の接触・後退劇によって、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは2位へとポジションを上げていくことになりました。

OMB42320.JPG

 ところが、スタート時には晴天だった空模様がいつしか怪しくなり、55周を終えたところでついに雨が落ちてきました。これでドライコンディションのときとはペースが変わった上位3台は、結果的にそれぞれの間隔が詰まってテールtoノーズの状態となっていきました。

 そして雨脚がやや強くなった70周目、一気に3台ものマシンがトップ争いから消えるアクシデントが発生します。まず、No.38 レクサスSC430とNo.39 SC430がバトルを繰り広げる中で周回遅れのGT300車両と接触。No.38 SC430はスピンを喫してコースから飛び出し、グラベルベッドにストップしてしまいました。その直後、今度はNo.39 SC430とNo.100 ホンダHSV-010 GTとNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTの3台が並びかけ、No.39 SC430とNo.18 HSV-010 GTが接触。弾かれる形となった後者はNo.100 HSV-010 GTにぶつかり、2台はスピンを喫しながらコースアウト。ともに大きなダメージを受け、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTはここでレースを諦めることになってしまいました。

 このように、前日の予選で上位を得たミシュラン・パートナーチームの2台が不運に見舞われる一方で、予選11位と後方からのスタートとなったNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rはステディな戦いを見せました。スタートドライバーを務めたロニー・クインタレッリは、No.24 日産GT-Rと延々バトルを繰り広げたすえに19周目にこれをかわして8位にまでポジションアップ。しかし、その前方は混雑気味であったことから、チームはルーティンのピットストップを早めに行うことを決断して、30周を終えたところでクインタレッリをピットへ呼び入れました。

OMB43077.JPG

 50周を超えるロングスティントになることに備えて、NISMOはミシュランからのアドバイスのもと、今回のレースで標準仕様に設定したものから1ランク硬めのタイヤを選択。クインタレッリに替わって柳田真孝が乗り込んでコースに復帰しました。

 その後、柳田は安定したドライビングを続けながら、6位までポジションアップ。そして70周目に上位グループに起きたアクシデントのおかげで一気に3位に浮上しました。レース終了間際には再び雨脚が強まったこともあって、それ以上の追撃はかないませんでしたが、No.23 MOTUL MOLA GT-Rは3位をキープしてチェッカーフラッグを受け、岡山国際サーキットで行われた開幕戦以来となる表彰台登壇を果たしました。

OBIN6414.JPG

柳田真孝 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「予選ではちゃんとアタックできずに下位に沈んでしまっていたので、そのことを考えれば奇跡の3位だと思います。やはりレースはしっかりとフィニッシュすることが大事だと改めて実感しました。僕のスティントで雨が降り始めて、ピットからレインタイヤに替えるかどうかを無線で相談されたのですが、ここでピットに入ったらもうチャンスがなくなると思ったし、ちょうどそのタイミングで雨脚が少し弱まってタイヤのグリップも回復してきていたので、スリックタイヤのままコースに残ることにしました。少し路面が濡れていたときはすごくいいペースで走れていたので、これは今後に向けても好材料です。改善していくべき細かいところはありますが、次の鈴鹿では絶対に勝ちにいきます」

OBIN5603.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「最後の最後には優勝できるぐらいの位置にいたので、そういう意味では悔しい気持ちもありますが、運やチームワーク、粘りといったもので得られたこの3位は最高の結果だと思います。クルマの調子は最初から良かったのですが、No.24 GT-Rとのバトルでタイヤを傷めてしまいました。そこからはタイヤをセーブしながら走り、規定最低周回数に近いところでピットに入ることになりましたが、マー(※コンビを組む柳田真孝の愛称)はニュータイヤでいいペースで走っていました。レースウィークを迎える前に期待していた優勝には届きませんでしたが、開幕戦に続いての表彰台獲得で、いい流れもつかむことができたと思います。何より、この結果のおかげでチームのみんながシリーズの後半戦に向けて自信を取り戻すことができました。この調子で次の鈴鹿に向けてもっとクルマを速くして、次は運ではなく実力で勝ちたいと思います」

OBIN5593.JPG

本山 哲 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「タイヤのパフォーマンスは今回のレースウィークを通じてすごく良かったです。コンディションがドライだったりウェットだったりといろいろで、それぞれのタイミングで履いたタイヤも様々でしたけど、絶対的なパフォーマンスが高いだけでなく、すべてのタイヤの性能が安定していました。

 優勝も狙えたレースだったのに結果的には下位に沈んでしまいましたが、ピットに戻ってダメージを応急処置してもらい、再スタートしてからは最後まで諦めることなくプッシュし続けた結果、7位でチェッカーを受けてポイントを上乗せすることができました。この粘りを忘れることなく、シーズンの最後まで、チャンピオン獲得の可能性があるかぎり、プッシュし続けていきます。正直言ってポイント的には少し厳しくなりましたが、次回の鈴鹿は優勝ポイントが25ポイントと大きいので、今回以上のパフォーマンスを見せて優勝したいですね。狙っていきます」

OBIN5957.JPG
関口雄飛 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「今日はGT300に引っ掛かるタイミングが悪くて、最終コーナーで何度も何度も引っ掛かってしまいました。それに、GT300を抜くときにラインを外していかなければならないことが何度かあって、そのたびにタイヤかすを拾ってしまって数周はラップタイムを上げられない、ということもありました。何より結果がすべてですから、悔しいし、決して喜ぶわけにはいきませんが、自分としては、ちゃんと仕事できたな、という思いで、その部分では納得しています。タイヤに関しては、パフォーマンスは十分だったし、スティントの最後までタレることはありませんでした」

OMB40111.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今日は我々のパートナーチームのすべてのクルマに勝てるチャンスがあったと思っています。第1スティントではポールポジションからスタートした関口選手が非常にいい仕事をしてポジションをキープしました。No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは上位争いの中でトップ3を維持できるペースを見せていましたし、特に雨が降ってからのペースは速かった。レース終盤に起こったあのアクシデントでは、フレッド(マコヴィッキィ)は被害者のような立場ですが、あのタイミングで抜け出していれば勝つ可能性もあったと思うと残念です。また、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rにも最後に勝つチャンスがありました。

 結果はもちろん欲しいのですが、今回は異なるスペックのタイヤの棲み分けが確認できましたし、それぞれのタイヤが想定のコンディションの中で十分機能することも確認できました。また、ここ菅生ではいくつかのポイントで我々のタイヤに優位性があると思っていたのですが、逆にライバルの進歩も確認できましたし、今回はあらゆるコンディションが経験できて、いろいろな課題を拾うことができました。

 タイトル争いについては、ここから仕切り直しかな、というところです」