【2013】

2013年8月18日

ミシュラン装着車が鈴鹿を席巻! 優勝ウイダーモデューロ HSV-010 GT、2位MOTUL AUTECH GT-Rで、ミシュラン装着車が1-2フィニッシュ!

2013 AUTOBACS SUPER GT第5戦

第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km

8月18日(日) 決勝レース

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

入場者数:36,000人(主催者発表)

OMB43992.JPG         

通常のシリーズ戦の3倍以上の距離で争われるSUPER GT第5戦インターナショナル ポッカサッポロ1000km、通称「鈴鹿1000km」の決勝レースが開催され、ウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が今季初優勝をマーク。2位にはポールポジションからスタートしたNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が入り、ミシュランタイヤ装着車が圧巻の1-2フィニッシュを達成しました。この灼熱の鈴鹿の長距離レースにおいてGT500クラスを戦うミシュラン・パートナーチームは2年連続でポールtoフィニッシュを飾ることになったほか、今回はGT300クラスにおいてもミシュランユーザーのNo.61 スバルBRZ GT300が優勝を遂げ、この伝統の「鈴鹿1000km」においてミシュランタイヤ装着車はGT500、GT300の両クラスにおいて予選、決勝レースの双方を制圧。過酷なコンディションにおけるミシュランタイヤの強さを圧倒的な内容で知らしめた一戦となりました。

OMB47772.JPG

 シリーズ戦としては全8戦が予定されている今シーズンのSUPER GTの中でも突出して長い1000km(正確には、1周5.807kmの鈴鹿サーキットを173周=1004.611km)というレース距離で争われる今大会。そもそもは、1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で42回目の開催となった伝統の耐久レースであり、「鈴鹿1000km」の名で海外にも広く知られている一戦です。その決勝レースはお昼過ぎの12時30分にスタート。晴天で、気温34℃、路面温度47℃と、真夏の祭典らしいコンディションとなりました。

 ロニー・クインタレッリがスタートドライバーを務めたNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rはポールポジションから好スタートを切るとトップでオープニングラップを終了。これに対して、山本尚貴が乗り込んだNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTはやはりフロントロウの2番手グリッドからスタートしたものの、1周目のシケインでNo.36 レクサスSC430にかわされて3位に後退してしまいました。

OMB48889.JPG

 しかし、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTのペースは悪くなく、13周目にはスプーンカーブでNo.36 レクサスSC430を抜き返してみせ、そのままトップを行くNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを追撃。そして23周目のヘアピンカーブでNo.23 GT-Rが周回遅れのGT300クラス車両に詰まったところを一気にかわしてトップに躍り出ました。

 力づくでトップを奪い取ってみせたNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは、そのままの勢いでNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを引き離していきました。一方、本山 哲が第1スティントを担当したNo.1 REITO MOLA GT-Rは、9番手グリッドからスタートすると良好なペースでの走行を続け、24周目には5位までポジションを上げてきていました。

OB3S9929.JPG

 他方、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはいまひとつペースが上がらず、2台のレクサスSC430に相次いでかわされて4位に後退。そして29周を終えたところで、上位グループの中では最初にピットへと向かいました。

 トップを走るNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTはさらに6周走行し、35周を終えたところでピットへ。山本尚貴からフレデリック・マコヴィッキィに交替して戦列に戻ります。そのマコヴィッキィが速さを見せ、39周目にはそれまでの最速ラップとなる1分55秒035を記録しました。

OMB40224.JPG

 1000kmのレースが3分の1を終えた58周終了時点では、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTが2位に約12秒差をつけてトップ。No.1 REITO MOLA GT-Rは4位にまで浮上してきていた一方で、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは6位にまでポジションを下げてしまっていました。

 そのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは65周を終えたところで2度目のピットストップを行い、柳田真孝からロニー・クインタレッリに交替してピットアウトしました。それから間もなく、GT300クラスの車両がタイヤバーストから火災を発生させてコースサイドにストップするというアクシデントが発生。その処理のためにセーフティーカーが導入され、ここで多くのチームがルーティンのピットストップを行いました。

OMB41356.JPG

 セーフティーカーランは74周目に解除。このレース再開時点では、No.1 REITO MOLA GT-Rがトップに立ち、2位にはNo.23 MOTUL AUTECH GT-R、3位にはNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTと、ミシュラン・パートナーチームの3台による1-2-3フォーメイションとなっていました。

 No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはこのセーフティーカーランのタイミングが有利に働いて順位を回復することに成功。その逆となったのがNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTでした。同車は、一時は15秒以上の大差を築いて独走状態に入りつつあったところを先述のアクシデントによるセーフティーカー導入によって台なしにされたばかりでなく、セーフティーカーラン中にGT300車両が間に多数入ったため、レース再開時にはトップとの間に28秒以上もの差がついてしまうことに。まさに踏んだり蹴ったりの状況にありました。

OMB40618.JPG

 レース再開後、No.1 REITO MOLA GT-Rを駆る本山 哲は1分55〜56秒台のハイペースで2位以下を引き離していきました。ところが、ここで11台もの車両にセーフティーカー規定違反による90秒のペナルティストップの裁定が下り、その中にはNo.1 REITO MOLA GT-Rも含まれていました。これらの11台はセーフティーカーが導入されたときにピットストップを行ったのですが、その時点ではピットロードは進入禁止の状態であり、それに反してピットロードへと入ってしまったという由。かくして、No.1 REITO MOLA GT-Rは80周を終えたところでペナルティストップを行って10位で戦列に復帰。優勝争いからは脱落することになってしまいました。

 レースも折り返しを過ぎた87周終了時点では、トップはNo.23 MOTUL AUTECH GT-R、2位には約15秒差でNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTと、相変わらずミシュラン・パートナーチームがトップ2を独占。灼熱のコンディションの中、ミシュランタイヤの強さが際立つ展開となりました。

OMB42513.JPG

 とりわけNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは、セーフティーカーランが悪く作用してしまったものの、そのスピードは変わりなく、109周目にはフレデリック・マコヴィッキィが今大会の最速ラップとなる1分54秒886をマーク。トップを行くNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rとの差を着実に詰めていき、やがてテールtoノーズの状態に持ち込みました。そして1000kmのレースも3分の2を過ぎた116周目、No.18 HSV-010 GTはスプーンカーブでNo.23 GT-Rをかわし、ついにトップに躍り出ました。

OMB42600.JPG

 その後、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTがNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを3〜4秒リードする状態で周回を重ね、139周を終えたところで最後のピットストップを行うべく両車は同時にピットへ。ピット作業の速さでは随一と言われるNISMOですが、童夢レーシングチームも速さを見せ、No.18 HSV-010 GTがNo.23 GT-Rの鼻面をぎりぎり押さえる形でコースインしました。

 両車の最終スティントを担当したのは、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTが山本尚貴、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rがロニー・クインタレッリ。ミシュランタイヤ装着車2台による優勝をかけた一騎討ちはレース終盤に至っても1分56秒台のハイペースで推移しました。

OB3S1625.JPG

 クインタレッリは、前年大会では優勝、一昨年大会では2位と、この鈴鹿1000kmでは絶対的な強さを見せてきたドライバーです。この2年連続GT500王者を相手に、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTをドライブする山本が素晴らしい頑張りを見せ、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rを着実に引き離していきました。そして最終的には14秒801のリードを築いてフィニッシュ。ミシュランタイヤで1年目のシーズンを戦うウイダーモデューロ童夢レーシングが待望の1勝目を飾りました。また、山本にとってもマコヴィッキィにとっても、これがGT500クラス初優勝でした。

OMB43265.JPG

 また、この結果により、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはポイントランキングのトップに、そしてNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTもランキング3位へと浮上することになりました。

 なお、No.1 REITO MOLA GT-Rは不測のペナルティストップを強いられたレース中盤以降もトップランナーと同等のタイムを刻みながら走行を続けましたが、90秒のペナルティはあまりに大きく、8位までポジションを上げるのが精一杯。それでも貴重なポイントを獲得することに成功しました。

OMB47333.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「SUPER GTに参戦4年目にしてようやく勝つことができ、素直にうれしいです。レース終盤はNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rを引き離そうとプッシュし続けました。でも、残り10周を切ったあたりから、自分の体が自分のものじゃないように感じるくらいに緊張しました。優勝のチェッカーフラッグを受けたとき、ピットウォールに上っているチームのみんなの顔を見て、本当に感激しました。

 ボーナスポイントのある今回の鈴鹿1000kmはチャンピオン争いの点からも重要なことは分かっていました。この優勝でチャンピオン争いの土俵に立てたと思います。クルマもタイヤも高いパフォーマンスを発揮してくれましたが、これからももっと速いクルマを造り、もっと強いレースをしていきたいと思います」

OMB47595.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「私はこれまでヨーロッパで耐久レースをずいぶん戦ってきましたが、日本のこのSUPER GTは耐久レースのようでありながら毎周プッシュし続けていく必要があって、大変難しいです。でも、そのレーシングスピリッツはとても刺激的で、走っていて楽しいのです。そして今回はホンダのホームコースで勝つことができ、ナオキさんと一緒に初優勝を飾ることができて、気分は最高です。レース中盤はプッシュしてプッシュして、その後トップに立ってからはポジションを見ながらクルマやタイヤを労って走って......とてもタフなレースになりました。

 今回勝ったことでハンディウェイトを多く積むことになるので、残りのレースの中で何戦かは雨になるとうれしいのですが......。でもクルマもタイヤも完璧ですから、ナオキさんと一緒に頑張って残りのレースすべてでベストを尽くしたら、結果はついてくると思っています」

OMB46509.JPG

柳田真孝 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「最初のスティントで予定より早めにピットに入ったので、その後は燃費的に少し厳しくなりましたが、セーフティーカーが出たことで燃費も稼げたし、タイミング的にも2回目のピットストップを済ませた直後だったので、僕たちにはラッキーでした。これで予定していたピットストップの回数(※注:ピットストップ4回の5スティント)でレースを組み立て直すことができたのですが、そこにはチームの素晴らしい仕事がありました。ただ、優勝したNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTに比べて少しだけ速さが足りないと感じたのも事実です。次回の富士に向けてそのあたりを何とかしていって、次回こそ優勝したいですね」

OMB46665.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「最初のスティントが少し短くなってしまい、燃費がきつくてペースを抑える必要があったスティントもありましたが、セーフティーカーが出るタイミングが僕たちにはとても良かった。その後、トップを走ることもありましたから、2位という結果は悔しいところもありますが、これでランキングトップに上がったことを考えれば、今回の2位入賞は大きな意味を持ってくると思います。チームもクルマも、もちろんタイヤも、どの要素もポテンシャルが高いことは分かっています。次の富士ではウェイトが重くなって厳しい面もありますが、良いレースをしてチャンピオン争いを優位に進めたいです」

OMB44378.JPG

本山 哲 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「8位という結果は残念ですが、クルマやタイヤのパフォーマンスは満足できるレベルにありました。レースウィークの2日間を通じて安定して好ラップタイムをマークできていましたから、僕たちとしてもクルマやタイヤのポテンシャルを引き出すことは十分にできていたと思います。ただ、僕たちのベストなパフォーマンスを結果に結びつけることができなかった。それが悔しいですね。クルマとタイヤの速さは確認できたし、あとはもうポイントを計算するんじゃなく、残りの1戦1戦で優勝を狙っていく。それだけですね。次の富士には期待してください」

OMB47587.JPG

関口雄飛 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「今日は良いパフォーマンスを見せることができたと思います。その点については満足しています。ただ、結果を残せなかったのは悔しいですね。次の富士では十分に勝負できると思いますので、今日結果を残せなかった分、富士では絶対に優勝を狙っていきます」

OMB46765.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今回の鈴鹿1000kmは、我々のパートナーチームの3台がそれぞれここ鈴鹿で行ったテストの結果のとおりの性能を発揮できたレース、と言うことができます。もちろん、セーフティーカーの導入などの不確定要素はありましたが、ラップタイムの推移や燃費などは先月にここ鈴鹿で実施したテストで確認したものと変わらず、テストを再現できたレースとなりました。

 今回使用したタイヤの種類ですが、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTはミディアムでスタートして、レース全体を通して同じスペックのタイヤを使いました。No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはミディアムハードでスタートして、こちらもレース全体を同じタイヤで走りました。No.1 REITO MOLA GT-Rはミディアムハードでスタートして、最後のスティントだけミディアムを使用しました」