【2013】

2013年8月17日

ミシュラン勢、フロントロウを独占! MOTUL AUTECH GT-Rがポール、ウイダーモデューロ HSV-010 GTが予選2位に!

2013 AUTOBACS SUPER GT第5戦

第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km

8月17日(土) 公式予選

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

入場者数:26,500人(主催者発表)

OB3S8293.JPG

 SUPER GTシリーズの第5戦として行われるのは、1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で42回目の開催を迎える伝統の一戦「鈴鹿1000km」。その公式予選が灼熱のコンディションの中で実施され、GT500クラスの2年連続チャンピオンコンビである柳田真孝とロニー・クインタレッリがドライブするNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが開幕戦岡山に続く今シーズン2度目のポールポジションを獲得。予選2位にはウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が続き、ミシュランタイヤ装着車がスターティンググリッド最前列を独占する結果に。GT500クラスのミシュラン勢としては2戦連続、今シーズン3度目のポールポジション獲得となりました。また、前戦菅生で快走を見せたMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は予選9位となりました。

■予選第1セッション(Q1)

 予選第2セッション(Q2)へと進出する上位8台を選抜するGT500クラスの予選第1セッション(Q1)は午後2時15分から15分間にわたって実施されました。強い日差しが降り注ぐ鈴鹿サーキットは灼熱のコンディションとなり、Q1開始時の気温は36℃、路面温度は48℃にも達していました。

OB3S0233.JPG

 シグナルがグリーンに変わり、セッションが始まってもなかなか走行を開始する車両が現れなかった中、最初にコースインしたのは柳田真孝が乗り込んだNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rでした。その後、セッションの時間が残り半分ほどになったところで、ようやく他の車両も続々とコースイン。タイムアタックの応酬となりました。

OMB43426.JPG

 その中でトップタイムをマークしてきたのは、ミシュランタイヤを履くNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTでした。フレデリック・マコヴィッキィが刻んだタイムは1分52秒694。また、柳田のNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rも1分53秒101を記録して4位となり、Q2への進出を果たしました。

 一方、午前中に行われた公式練習で1分52秒622の最速タイムを記録したNo.1 REITO MOLA GT-Rは、このQ1では関口雄飛がステアリングを握りましたが、細かいミスが重なってベストタイムは1分53秒721どまりで9位に。わずかな差でQ2進出を逃し、パートナーの本山 哲はドライブすることなく予選を終えました。

■予選第2セッション(Q2)

 Q2は12分間。No.23 MOTUL AUTECH GT-Rにはロニー・クインタレッリ、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTには山本尚貴がそれぞれ乗り込みました。

OMB42235.JPG

 午後3時ちょうどから始まったGT500クラスのQ2ですが、セッション開始から3分が経過したところで山本が乗るNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTが最初にコースイン。これにクインタレッリのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが続き、ミシュランタイヤ装着車2台が真っ先にタイムアタックを開始しました。

 そして、まずは山本が1分52秒359を叩き出して暫定トップに躍り出ますが、続いてクインタレッリがこれを上回る1分52秒157をマーク。その後、このタイムを破る車両は現れず、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが開幕戦岡山に続いて今シーズン2回目となるポールポジションをさらいました。また、山本のNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTも先のタイムで予選2位となり、ウイダーモデューロ童夢レーシングは今シーズン初のフロントロウを獲得しました。

WT2_2245.JPG

 なお、GT300クラスでは同クラスで唯一ミシュランタイヤを使用するスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300が今シーズン実に4回目となるポールポジションを獲得しており、ミシュラン勢はGT500とGT300の両クラスの最前方グリッドを独占する結果となりました。

OMB44762.JPG

柳田真孝 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「開幕戦以来のポールを獲ることができて本当にうれしいです。Q2ではロニーの走りがすごくて、もう鳥肌が立ったくらいです。セパンと菅生では自分がアタックしたQ1で敗退してしまって、チームの雰囲気だけでなく、自分自身のモチベーションも最悪でした。その分、変なプレッシャーもあったのですが、今回は朝の公式練習から快調でした。ロニーにきっちりとつなぐことができ、正直ホッとしました。テストから好調だったんですが、今日も、クルマもタイヤもまったく問題なかったですね」

OMB44777.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「今朝の公式練習からクルマの調子も良くて、簡単に好タイムが出せる感じでした。予選でもQ1でマー(※コンビを組む柳田真孝の愛称)が好タイムを出して、それがクルマに対する自信になりました。計測2周目にベストタイムをマークしようと集中し、思いっきりプッシュしました。ポールタイムをマークした次の周にもセクター2までベストタイムをつないで走っていったのですが、そのときに履いていたタイヤで明日の決勝レースをスタートすることになるかもしれないと考えて、タイヤを温存することにし、そのままピットに帰ってきました。明日の決勝レースでは一番前からスタートできるので作戦的にもいろいろ選べるし、ロングスティントでの諸々の確認もできているので、レース本番には自信があります」

OMB44704.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「クルマもタイヤもまったく問題はなくて、自分自身でもベストアタックができました。ただ、自分たちよりも速い相手がいた。そう思うことにします......。実際、今の自分たちのポテンシャルをすべて引き出せたということには自信を持っています。でも、やっぱりポールポジションを獲れなかったことは悔しいですね。フレッド(※コンビを組むフレデリック・マコヴィッキィの愛称)が素晴らしいアタックでつないでくれただけに、余計に。それでも、明日の決勝はフロントロウからスタートできるので楽しみです。1000kmと長いので、ミスやトラブルがないようにしないと。それでレースが終わったときにどのポジションにいるかが決まってくる。明日、良い結果を残せるように頑張ります!」

OMB44142.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「今日はナオキさんもQ2でグッジョブでしたが、彼につなぐためにも自分のパートのQ1でのアタックが重要だと思っていました。そして結果的にフロントロウに並ぶことができ、良い仕事ができたと思います。ミシュランタイヤがコンペティティブなことは分かっているので、明日の決勝レースにも自信を持っています。鈴鹿1000kmは上位に行くほどビッグポイントが稼げるので、菅生で手に入れ損ねたポイントを取り返せるチャンスだから、ナオキさんとポディウムの中央を目指して頑張ります!」

OMB44397.JPG

関口雄飛 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「ちょっとミスしてしまいました。午前の公式練習でトップタイムがマークできていただけに悔しいです。2周目にアタックに行ったときにはタイヤをうまく温め切れてなくて、次の周にはちょっとドライビングミスもありました。でも、クルマの速さは確認できているので、気持ちを切り替えます。明日はレース距離も長いので、ガンガン追い上げて行って上位入賞したいですね」

OMB44158.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

今回のポールポジションは、タイヤの技術的には狙っていくほどのものではないのですが、やはりチームの勢いというものを考えると大きいですね。また、こういう位置からスタートできるということは、長丁場の決勝レースとはいえ、レースコントロールやリスクも含めて、メリットが大きいことは間違いありません。

 今日はREITO MOLA GT-Rが残念ながらQ1で敗退してしまいましたが、公式練習ではかなりの好タイムが出ていますので、決して後ろ向きな状況ではありません。明日の決勝レースに向けてはいろいろな戦略があるのですが、2台が良い位置からスタートできるので、状況を見て決める戦略もありますから、レースのイニシアチブをとりやすいですね。タイヤに関してはロングスティントでのパフォーマンスを含めて、不安要素は何もありません」