【2013】

2013年9月 7日

ウイダーモデューロ HSV-010 GTがミシュラン勢最上位となる予選3位を獲得!

2013 AUTOBACS SUPER GT第6戦

FUJI GT 300km RACE

9月7日(土) 公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

OM3S7166.JPG

 今シーズン2度目の富士スピードウェイ開催のSUPER GTシリーズ戦となる第6戦の公式予選が行われ、前戦鈴鹿1000kmで今季初優勝を飾り、ポイントランキングにおいても一気に3位へと浮上してきたウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)がGT500クラスにおけるミシュラン勢最上位となる予選3位を獲得しました。2年連続チャンピオンチームであるMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は予選7位。前戦で2位に入り、ポイントリーダーとなって今大会を迎えたNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は、同クラスで目下最大となる84kgのハンディウェイト搭載も影響し、Q2(予選第2セッション)進出を約0.1秒差で逸して予選9位となりました。

■予選第1セッション(Q1)

 曇り空のもと、15分間にわたるGT500クラスのQ1は午後2時15分から開始。ここで8番手タイムを記録した車両までが続くQ2に駒を進めることになります。

OMB48341.JPG

 午前中に行われた公式練習ではNo.1 REITO MOLA GT-Rが関口雄飛のドライブでトップタイムをマークしましたが、その関口がステアリングを握ったNo.1 GT-RがこのQ1で真っ先にコースイン。そして他車に先駆けて1分33秒の壁を破る1分32秒683の好タイムをマークしてきました。

 No.1 GT-Rに続いて走行を開始したのは、フレデリック・マコヴィッキィが乗るNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTでした。同車は80kgものハンディウェイトを搭載する状態で今大会を迎えましたが、それでも1分32秒858を記録。ミシュランタイヤ装着車が暫定的にこのセッションのトップ2を占めることになりました。

OM3S7202.JPG

 その後、No.38 レクサスSC430がトップタイムを更新していきましたが、No.1 REITO MOLA GT-Rは同セッションで2位、No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは4位という結果をもってともにQ2進出を決めました。

OMB46923.JPG

 一方、84kgのハンディウェイトを積んで今大会に臨むNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは、このセッションを担当した柳田真孝が最後の最後に1分33秒330の自己ベストをマークしましたが、Q1進出のボーダーラインとなる8位まで約0.1秒とわずかな差ながらも届かず、予選9位となりました。

■予選第2セッション(Q2)


 12分間のQ2においても、本山 哲と山本尚貴がそれぞれ乗り込んだNo.1 REITO MOLA GT-RとNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTというミシュランタイヤ装着車2台がまずコースイン。順次タイムアタックを開始しました。

OMB47217.JPG

 そして、ここでとりわけ印象的なパフォーマンスを見せたのが、前戦鈴鹿1000kmでキャリア初のSUPER GT優勝を飾って波に乗る山本でした。80kgのハンディウェイトをものともせず、ホンダHSV-010 GT勢では最速となる1分32秒824を記録して3位に。明日の決勝レースではグリッド2列目の好位置からスタートを切ることになりました。

OM3S7263.JPG

 一方、本山がタイムアタックを担当したNo.1 REITO MOLA GT-Rは予選7位に。こちらも日産GT-R勢の中ではトップという結果で、これまで何度もつかみかけては逃してきた悔しさを晴らすべく、明日の決勝レースではできる限りの上位進出を目指して戦うことになります。

OMB45836.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「ポールポジションを獲ることはできませんでしたが、搭載しているウェイトのことを考えれば現実的には十分なパフォーマンスを見せることができたんじゃないかと思います。明日の決勝は雨になるという予想もありますが、今日の予選で履いたドライタイヤだけじゃなく、レインタイヤでもミシュランのパフォーマンスは折り紙つき。自信はあります。それに、雨になれば視界が悪くなるので、グリッドの2列目からスタートできるアドバンテージはドライのレースよりも大きい。とにかく明日も頑張ります」

OMB47665.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「今日は良いパフォーマンスを見せることができました。ミシュランが新しいタイヤを持ち込んでくれましたが、パフォーマンスの高さやライフの長さも十分に確認できました。決勝がドライなら安定したペースで長く走れると思います。明日のレースは雨になる可能性もあると言われていますが、ウェットコンディションもミシュランの得意とするところです。どんな天候になっても、明日はできるだけ上位に行けるようにナオキさんと一緒に頑張ります」

OMB47595.JPG

柳田真孝 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「(Q1を突破できず)悔しいですね。ウェイトの影響ももちろんあったと思いますが、朝の公式練習では特にフィーリングも悪くなかったし、タイム自体も悪くありませんでした。ところが、午後の公式予選ではライバルが大きくタイムアップしていったのに、僕たちは彼らと同等にはタイムアップできなかった。それが悔しいです。でも、もう気持ちを切り替えます。明日の決勝では9番手グリッドから追い上げて、1点でも多くポイントを稼げるよう頑張ります」

OMB47843.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「シリーズポイントに対して1ポイント×2kgで算出されたハンディウェイトが載るレースは今回が最後。つまり今回は、今シーズンの中で一番重量が載るレースになります。その中で、我々ミシュランがタイヤを供給しているNo.23 MOTUL AUTECH GT-RとNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは、それぞれの自動車メーカーの陣営のポイントランキングトップでシーズンを折り返すことになりました。つまり、それぞれの車種において一番重い車両として今回の富士を戦うわけですが、それでも同じ車種の他のタイヤの装着車両に負けないように、少しでも前に行けるように、というのが今回の目標です。

 その意味からしますと、今日の予選の状況は非常に良かったと思います。No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは残念ながらQ2には進めませんでしたが、同じ日産GT-Rでほぼ同じウェイトを積む12号車と比べると状況は良かったですし、予選結果そのものもトップと僅差での9位ですので悪くないと思います。

 No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTの3位という結果は非常に良くて、同じホンダHSV-010 GTで搭載ウェイト量も近い100号車の前にいるということもそうなのですが、そもそも全体で3番目に重いハンディウェイトを積みながらの予選3位ですから、オーバーオールのパフォーマンスで言えばNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTがこの予選で一番だったと言っても過言ではないと思います。

 No.1 REITO MOLA GT-Rについては、朝の公式練習で良い感触だったタイヤでQ2を走ったのですが、タイムにはつながらず、その点は残念でした」