【2013】

2013年10月 5日

第7戦オートポリス公式予選は悪コンディションのため翌6日(日)朝に順延に

2013 AUTOBACS SUPER GT第7戦

SUPER GT in KYUSHU 300km

10月5日(土) 公式予選

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

OMB42237.JPG

 シリーズ唯一の九州開催イベントとなるSUPER GTシリーズ第7戦オートポリスの公式予選日は台風の影響により朝から雨と霧に見舞われ、午前9時からの公式練習はセッション前半で打ち切りに。悪天候は午後に入っても回復せず、午後2時から予定されていた公式予選は開始10分前の段階でキャンセルされました。そして、緊急開催されたチーム監督ミーティングの結果、公式予選は明くる10月6日(日)に順延。同日の午前9時からGT300クラスとGT500クラスがそれぞれ25分間ずつのセッションとして実施されることになりました。なお、決勝レースは当初のプログラムどおり、同日の午後2時にスタートが切られる予定です。

OMB41713.JPG
 オートポリスは阿蘇外輪山にほど近い山地にあり、大自然に包まれたサーキットとして知られています。それだけに天候が変わりやすく、この公式予選日も朝からの雨と霧が関係者を悩ませました。そして予選に先立って行われた公式練習は、開始から48分を経過したところで霧による視界不良のために赤旗が提示されて中断。その後も天候は回復せず、結局セッションはそのまま終了となりました。

AOMB41063.jpg

 それでも公式予選は予定どおりに実施すべく、予選第1セッション(Q1)で使用するタイヤ(=決勝レースのスタート時に装着しなければならないタイヤ ※雨天の場合を除きます)の指定・マーキングが行われましたが、セッション開始を前にしても雨と霧は晴れず、大会審査委員会は安全性を考慮してこの日の公式予選の実施を取りやめることを決定しました。

OMB41600.JPG

 その後、出場全チームの監督を集めてのミーティングが急きょ開催され、その結果、明くる10月6日(日)の朝に公式予選を改めて開催することに。具体的には、午前9時00分〜9時25分にGT300クラス、9時25分〜9時50分にGT500クラスの予選をそれぞれ実施するというスケジュールになります。

 今シーズンのSUPER GTはシリーズ全戦においていわゆるノックアウト方式で予選が行われていますが、明くる6日(日)朝に行われる今大会の予選は各クラス25分間のセッションですべてのスターティンググリッドを決めるものとなり、ドライバー2名の両方がドライブしなければならない義務はないものとされます。そしてタイヤに関しては、マーキング済みタイヤを2セット使用でき、そのうちの1セットを午後の決勝レーススタート時の装着タイヤとする、という変則的なルールのもとで運用されます。

OM3S0973.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「今朝の公式練習では走り始めてすぐにヘアピン手前で水に乗ってスピンしてしまいました。僕のミスです。チームにも迷惑をかけてしまいました。わずかしか走ることができませんでしたが、それでもタイヤの発熱が良かったことは実感できました。それに、今日の予選が悪天候で中止になったために他のチームも走り込むことができなかったはずで、結果的に状況はみんな一緒ということになりました。まだまだツキはあるんですね(苦笑)。明日はドライコンディションになると思いますが、僕らとしてはドライでもウェットでもどちらでも構いません。チャンピオンを獲るためにも優勝を狙っていきます」

OM3S0967.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT/ウイダーモデューロ童夢レーシング)のコメント:

「僕は今日はまったく乗っていませんが、同じく乗ることができていないドライバーはたくさんいるはずです。明日の予選でどうなるかですね。このサーキットでは前方のグリッドからスタートすることが重要ですから。クルマが良いことは分かっていますし、自信はあります。いまランキング1位ですが、もちろんシリーズ終了までこの位置を保ちたいですよ。これまでみんなハードワークを続けてきたし、僕らのマシンとタイヤはすごく良いパッケージになっています。レースではメカニックがいつもすごいピットワークを見せてくれますから、僕らドライバーもベストを尽くすだけです」

OM3S1104.JPG

柳田真孝 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「公式練習ではアウト・イン(※ピットアウトした周にメインストレートを通過することなくピットインすること)で1周しただけですが、ミシュランが用意してくれたレインタイヤのパフォーマンスには手応えを感じることができました。だから、Q1だけでもやってくれればな、という思いはありましたけど、主催者の方でドライバーの安全とか観客の人たちのこととかをいろいろ考えての決定ですから、もちろんそれは尊重したいと思っています。明日はドライコンディションとなりそうなので、気持ちを切り替えて、良いレースをお見せできるよう頑張ります」

OM3S0918.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「天気予報で今日が雨になることは分かっていましたから、ミーティングしてタイヤを選んで、今日の予選を楽しみにしていました。だから、中止になってしまったのは残念です。朝の公式練習では1周しか走ってないので、クルマの仕上がり具合は評価できないですね。ただ、それはライバルチームも同じだと思うし、僕らはミシュランタイヤのパフォーマンスに自信を持っていますから、明日は良いレースをしたいですね」

OM3S1073.JPG

本山 哲 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「今朝の公式練習では赤旗中断の影響であまり多くの周回数を走れませんでした。だから、今回のコンディションに僕たちが選んだタイヤがどのくらいマッチしていて、どのくらいのパフォーマンスを発揮できるのか、細かいところを確認できなかったのは残念ですね。でも、レインタイヤでもドライタイヤでも、ミシュランタイヤのポテンシャルの高さは信頼しているので、明日に対しても何も心配はしていません。

 今日のようにコンディションの問題などでスタートが遅れてしまう可能性もあるかと思いますが、僕は高いテンションを保ったまま待っているのではなく、リラックスして待つスタイルなんです。それぞれのドライバーの好みやスタイルがあるので、どういうやり方がベストとは言えませんが、僕のスタイルだといくら待たされても大丈夫なんですよ。『いざ、スタート!』ってなった時に『パチン』ってスイッチを入れていくだけですから」

OM3S0858.JPG

関口雄飛 (No.1 REITO MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「今日は全然乗っていないので、クルマのフィーリングだとかタイヤのパフォーマンスについては何も分からないですね。明日の予選もひとりのドライバーが走って終わりになると思うので、もしかしたら僕は、ぶっつけ本番で決勝レースで今回初めて新品タイヤを履いて走るということになるかもしれません。でも、他のチームにも全然走っていないドライバーがいると思うので、気にならないですね。それに本山さんもそうみたいですが、僕も昔から、待っている間はリラックスして、走り出す瞬間にスイッチが入るタイプなんです。だから明日は普段どおりで良いレースができると思います」

WT2_0898.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「オートポリスはアップダウンの大きなサーキットです。コース後半のセクター3には上り勾配の中でカーブしていく区間がありますが、そこはブレーキをほとんど使わずに曲がるので、フロントタイヤにほとんど荷重がかかりません。必要とする荷重がかからないのでアンダーステアを生みやすく、それだけフロントタイヤを傷めやすいという特徴があります。

 それにも増して大きな、このサーキットの一番の特徴は、追い越しのポイントにおいて非常に大きなリスクを冒さなければいけないことと、タイヤのいわゆる"タレ"、つまりデュラビリティ(耐久性)のリスクが非常に大きいということです。この2点を考えると、前方のグリッドからスタートできれば、それだけレースをコントロールしやすくなる、と言うことができます。

 デュラビリティのリスクの原因が何かと言えば、無駄なプッシュをするとタレてくる、ということなんです。ですから、自分のタイヤなりにタイムをコントロールし、そして後続を抑えながら走ることができれば、自分のタイヤのパフォーマンスは保ちながら後ろについてくるクルマのタイヤはタレていく、という状況を作ることができます。ですから、予選は明日の朝に順延されましたが、この25分間のセッションがとても重要な意味を持っているわけです」