【2013】

2013年10月 5日

第7戦オートポリス公式予選は悪コンディションのため翌6日(日)朝に順延に

2013 AUTOBACS SUPER GT第7戦

SUPER GT in KYUSHU 300km

10月5日(土) 公式予選

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

WT2_0764.JPG

 シリーズ唯一の九州開催イベントとなるSUPER GTシリーズ第7戦オートポリスの公式予選日は台風の影響により朝から雨と霧に見舞われ、午前9時からの公式練習はセッション前半で打ち切りに。悪天候は午後に入っても回復せず、午後2時から予定されていた公式予選は開始10分前の段階でキャンセルされました。そして、緊急開催されたチーム監督ミーティングの結果、公式予選は明くる10月6日(日)に順延。同日の午前9時からGT300クラスとGT500クラスがそれぞれ25分間ずつのセッションとして実施されることになりました。なお、決勝レースは当初のプログラムどおり、同日の午後2時にスタートが切られる予定です。

 台風23号の直撃は免れたものの、これに刺激された秋雨前線が雨を降らせた第7戦オートポリス。ウェット宣言が出されたもとで公式練習が始まったときのコンディションは、気温16℃、路面温度17℃というものでした。

WT1_6938.JPG

 スバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300は、まず山野哲也が乗り込んで走行。しかし、数周走ったところですぐにピットへ。2セット目のレインタイヤに換えてコースに戻りましたが、それから間もなくして第1ヘアピンでGT500車両がコースアウト。同車の回収のためにセッションは赤旗中断となりました。

 その後、セッションは再開されましたが、雨は激しさを増す一方となっており、数台のGT500車両がコース上に出ていった以外は走行する車両はなし。そしてセッション開始から48分というところでコンディションの悪化のために再び赤旗が提示され、公式練習はそのまま終了に。No.61 スバルBRZ GT300は3周をこなしただけでこのセッションを終えることになりました。

WT1_7029.JPG

 午後になって雨脚は一時的に弱まり、サポートレースの予選が行われましたが、大会審査委員会はこの日のSUPER GTの公式予選実施の取りやめを決定。GT300クラスの公式予選は明くる10月6日(日)の午前9時から25分間のセッションとして行われることになりました。

 なお、今シーズンのSUPER GTはシリーズ全戦においていわゆるノックアウト方式で予選が行われていますが、明くる6日(日)朝に行われる今大会の公式予選は25分間のセッションですべてのスターティンググリッドを決めるものとなり、ドライバー2名の両方がドライブしなければならない義務はないものとされます。

 そしてタイヤに関しては、通常のSUPER GTのレースでは公式練習後に1セットのタイヤを選んでマーキングし、そのタイヤで予選第1セッション(Q1)を走りますが、SUPER GT的にはイレギュラーな形態で行われることになった今大会の公式予選では別なもう1セットを加えて2セットのタイヤが使えることに。そして決勝レースのスタート時に各車が装着するタイヤはこの2セットの中から抽選により決定される、ということになりました。

WT1_7076.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏とのQ&A:

Q:今日は周回数を重ねることができませんでしたが、その中でも確認できたことはありましたか?

「公式練習では山野選手が2種類のレインタイヤを履きました。試すほどの距離を走ってはいないのですが、それでも1セット目はこの天候に合わないとすぐに判断でき、ピットインして2セット目に履き替えました。この2セット目でも周回を重ねることはできませんでしたが、それでもドライバー的には手応えをつかむことができたようです。もう少し雨量が少なくなれば十分これで戦えるというコメントでした」

Q:公式練習でのBRZ GT300はいつも、セッションの前半は速さで目立つことはあまりなく、セッション後半になってタイムを上げてきます。それはなぜなのでしょうか?WT2_0657.JPG

「我々の場合、公式練習ではまずルーティンの確認事項をクリアするところから手をつけていきます。それができて初めてマシンのセッティングに入るのです。一方、FIA-GT規定のマシンは早い段階からタイムアタックに入っていきます。それは、マシンのセッティングの幅がそれほど大きくないからなんです。

 FIA-GT勢からすれば、我々のBRZはセッティングの幅が広く、それが有利なところのように見えるかもしれませんが、今日のようにセッティングする時間が取れないと途端に厳しくなるのです。特にBRZは排気量が小さいマシンですから、コースごとにベストなセッティングを見つけることが大切なんですね」

Q:これまでミシュランタイヤは雨で良い結果を残していますが、明日の決勝も雨だとチャンスは広がりますか?

「今日のようなかなりの雨量になってしまうと、どのみち大変ですね。適度な量の雨が、ずっと降ってくれれば最高です(笑)。でも、天候頼みにはせず、その場の状況に応じて我々の力を発揮していくつもりです」

Q:チャンピオン争いも佳境ですが、チームの雰囲気が柔らかく感じます。
WT1_7102.JPG

「我々はもう『勝つ』しか選択肢がないですからね。ある意味、逆の開き直りかもしれないですね。クヨクヨしていても、仕方ない(笑)。他のチームからどう見えているかは分かりませんが、我々は開幕からずっと苦労してきました。いま考えると、あまり運がない中で戦ってきたなぁ......と思います。それでも現在ランキング3位にいられるのは良かったですよね。だから残り2戦で、そろそろ運が良くなるだろうと思っています。これは冗談ではなくて、シーズンを通してすべて悪いということって、ないと思うんです。ですから、明日はきっと良い戦いができると思いますよ!」

WT1_7068.JPG

山野哲也 (No.61 スバルBRZ GT300/スバルBRZ R&Dスポーツ)とのQ&A:

Q:2週間前のアジアン・ル・マン富士ではロー・ダウンフォース仕様をトライされていましたが、コース特性が富士とは大きく異なる今回は?

「アジアン・ル・マンでチャレンジした内容はロー・ダウンフォース仕様以外にもいろいろあって、そこで良かったものが今回の仕様に引き継がれています。たとえば、サスペンションのスプリングの前後バランスやダウンフォースの量などは、富士に限らず使える良い結果だったんです。だから、今回の仕様は単純に"富士以前の仕様に戻した"というのではありません。ただ、それを試す前に雨が強くなってしまったんですが......」

Q:今日は雨の走行となりましたが、ミシュランのレインタイヤが優れていると感じる部分を教えて下さい。

WT2_0731.JPG

「まず、ゴムの種類が豊富で、用意されているものの中に想定した状況に適したものが必ずあるところです。今朝の公式予選では2種類のタイヤを試しましたが、そのうちのひとつは今朝の雨量にもばっちり合っていて、アウトラップを1周走っただけでそれが分かりました。

 ふたつ目は縦方向のグリップですね。これが非常に高いので、ブレーキングに安定感があり、コーナーの脱出でトラクションがよくかかります。だからドライビングも、この縦グリップを軸に組み立てます」

Q:今回の一戦にタイトルがかかっているという緊張感はありますか?

「タイトルがかかった終盤戦って、個人的には何十回も経験してきているので、緊張というのはしないですね(笑)。ライバルと戦うというよりは、自分との戦いです。特に予選は、極端な話、ライバルがどう出ようが関係ない。自分たちのクルマを速く走らせることだけに集中しています」

WT1_7092.JPG

佐々木孝太 (No.61 スバルBRZ GT300/スバルBRZ R&Dスポーツ)とのQ&A:

Q:今回のように予選が翌日になってしまった経験はありますか?

「GTでは初めてなのかな......(出場レースが多いので)よく分からないです(苦笑)。天候に関しては、『オートポリスってこうだよな』と思っているので、あまり気になりませんでした。今日はとても雨量が多かったので、無理して走らせるよりは明日に延期になって良かったと思います。少しでも天候が回復してくれたらいいですね」

Q:決勝の戦い方はどのようにイメージしていますか?

「もちろん勝つことしか考えていません。ここで勝たないかぎり(チャンピオン獲得の可能性は)ダメですし、勝っても100%じゃない。個人的には記録(年間最多ポールポジション獲得)も狙いたいですし。

 戦い方としては、(ポールポジションを獲って)自分たちのペースで走ることが大切だと思っています。バトルをすることは考えていません。得意とするコーナーで後続を引き離して、逃げ切ってしまうレースをしたいなと思います。後半の上りセクションではずっとコーナーが続くので、BRZの低重心とミシュランのグリップ力が活きると思います」

WT2_0883.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明とのQ&A:

Q:今日のような状況で、タイヤ側としてコメントできることはありますか?

「BRZに関しては、周回数を重ねることができなかったので、残念ながら言えることはありません」

Q:今回は公式練習での確認ができなかったわけですが、明日の予選で使うタイヤは何を判断材料として決定されたのでしょうか?

「そもそも我々は、オートポリスというサーキットの特性、このレースの開催時期とその天候を考えながら、予測を立てて数種類のタイヤを持ち込んでいます。持ち込めるタイヤは限られており、それを公式練習、予選、決勝で2セットずつ使うと考えると、自ずと種類は決まってきますよね? ですから、予選や決勝で使うタイヤを公式練習で決めているということではなく、公式練習ではタイヤが想定どおりに機能しているかを確認しているのだと考えていただければ良いかと思います」

Q:明日は、タイヤ的にはどのような戦い方をするのが理想的ですか?

「まず、朝の予選で可能なかぎり前に行き、決勝は自分のペースで走る、というものでしょう。

 オートポリスは、追い越すのにリスクを冒さなければいけないサーキットです。そしてタイヤ側から見ると、いわゆる"タレ"、つまりデュラビリティ(耐久性)のリスクが非常に大きいコースなのです。この2点を合わせて考えると、予選で前方のグリッドを確保し、決勝でも前方でレースコントロールをすることが理想的ですね」