【第7戦】

2013年10月 6日

スバルBRZ GT300、第7戦オートポリスを7位でフィニッシュ

2013 AUTOBACS SUPER GT第7戦

SUPER GT in KYUSHU 300km

10月6日(日) 公式予選/決勝レース

オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

入場者数:5日(土)11,600人/6日(日)22,100人(主催者発表)

WT2_1203.JPG
 SUPER GTシリーズ第7戦オートポリスが開催され、GT300クラスにおいてミシュランタイヤの独占供給を受けているスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木考太)は7位でフィニッシュ。次戦となるシリーズ最終戦ツインリンクもてぎでの逆転チャンピオン獲得に可能性を残す結果となりました。

■公式予選

 悪天候によって順延された予選は、決勝レース当日の朝というイレギュラーなタイミングで実施されました。その方式も通常のSUPER GTのシリーズ戦とは異なり、GT300クラス・GT500クラスともに25分間のセッションをひとりのドライバーでアタックするものとされたほか、今回は予選中に2セットのタイヤを使用でき、その中から抽選により選ばれた1セットを午後の決勝レーススタート時の装着タイヤとすることが定められました。

WT1_7350.JPG

 天候は曇りながらもコースには雨の影響が残っており、レースコントロールから「ウェット宣言」が出された中でセッションは開始。アタックドライバーとして佐々木考太が乗り込み、後ろから数えて6番目でコースインしたNo.61 スバルBRZ GT300にはレインタイヤが装着されていましたが、コンディションを確認した佐々木はすぐにピットへ戻り、スリックタイヤに履き替えて再びコースへ出ていきました。

 この予選でまず好タイムを叩き出してきたのはNo.48 日産GT-Rでした。1分48秒852をマークすると、シリーズランキング2位につけるNo.11 メルセデス・ベンツSLS AMG GT3が1分49秒630で続きました。これらFIA-GT規定の車両はその後も熾烈なポールポジション争いを繰り広げながらコースレコードを更新し続け、ついにはNo.48 GT-Rが1分47秒236までタイムを縮めていきました。

WT1_7456.JPG

 かたや、JAF-GT勢にはおしなべて元気がありませんでした。2週間前にSGTクラス(GT300クラス)が特別開催されたアジアン・ル・マン富士の後、JAF-GT規定のGT300車両には性能調整が入ったのですが、それが原因か、ポイントランキングトップのNo.16 ホンダCR-Z GTやランキング3位につけるNo.61 スバルBRZ GT300といったJAF-GT勢はこの予選セッションの中盤まで上位に顔を出すことがありませんでした。

WT1_7652.JPG

 しかし、25分間のセッションも残り5分を切った頃、2セット目のタイヤに履き替えたNo.61 スバルBRZ GT300が1分48秒905というタイムをマークして5位に浮上。その翌周、果敢なアタックの結果、コース後半の区間でスピンを喫してしまいましたが、佐々木考太は再スタートを切ると諦めることなく改めてタイムアタックに臨み、最後に1分48秒408という好タイムを叩き出して予選4位に食い込みました。

 なお、ポールポジションは1分47秒222を出したNo.3 日産GT-Rが獲得。JAF-GT勢の最上位はもちろんNo.61 スバルBRZ GT300で、2番手はランキングトップのNo.16 ホンダCR-Z GT。ただし、そのタイムは1分49秒620で、予選16位に沈むという結果でした。

WT1_7936.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏のコメント:

「アジアン・ル・マンの後に我々のBRZをはじめとするJAF-GT規定の車両に性能調整が入ったわけですが、エンジンの吸気リストリクターの径が狭められてパワーが絞られてしまって、その厳しさが予選での走りに出ていました。セクター1などは今回の予選上位陣に対して1秒以上も遅れています。おまけに昨日の公式練習はほんの数周走っただけでキャンセルになってしまったため、エンジンの制御マッピングにもマージンを持たせる必要がありました。そういったことから、孝太もタイムアタックで無理をしてしまったんですね。これで予選4位という結果を出してくれたことは立派だったと思います。また、ミシュランタイヤの性能は相変わらず良く、コーナーは速いので、路面が乾いてきたセッション後半でタイムを出せたのだと思います」

■決勝レース

WT2_1367.JPG

 GT300クラスに続いて行われたGT500クラスの予選セッションの後半から降り出し、しばらく続いた雨。その影響でコースのところどころにウェットパッチが残るコンディションの中、300km/65周の決勝レースが午後2時ちょうどにスタートしました。気温は20℃、路面温度は22℃でした。

 No.61 スバルBRZ GT300は予選でスピンを喫した際にタイヤにフラットスポットを作ってしまった上に、抽選ではそのタイヤが運悪く決勝のスタート用に選ばれてしまいました。しかしながら、そのタイヤを実際に使用してレースを走ることは難しく、チームは新品タイヤを装着してスタートする代わりにクラス4番手のスターティンググリッドを放棄してピットスタートを選択するという苦渋の決断を強いられました。

WT1_7711.JPG

 自ずと最後尾からの追い上げを余儀なくされたNo.61 スバルBRZ GT300でしたが、ここでスタートドライバーを務めた山野哲也が素晴らしいドライビングを披露。燃料がほぼ満タンの状態にもかかわらず、2周目には予選タイムから約0.4秒落ちにすぎない1分48秒799をマークし、結果としてこれが今回のレースにおけるGT300クラスの最速ラップとなりました。

 今大会のGT300クラスには24台が出走しましたが、No.61 スバルBRZ GT300は5周目には早くも18位にまでポジションアップ。さらに、20周を過ぎたあたりでは10位、そして30周を過ぎたあたりでは6位にまで進出してみせていました。また、山野はこの第1スティントの終盤に入っても安定して速いラップタイムを刻み続けていたことから、チームは予定よりもピットストップのタイミングを遅らせることにしました。

WT1_8143.JPG

 そしてレースも折り返しをかなり過ぎた38周目、No.61 スバルBRZ GT300は満を持してピットストップを行いました。そして佐々木考太に交替して10位でコースへ復帰したBRZ GT300は、早々にひとつポジションをアップ。GT500車両と絡んだ間に一端10位へと後退しましたが、52周目には再び9位に、そして54周目には8位へと徐々に順位を上げていきました。そして最後は、ペースが落ちたNo.0 ポルシェ911 GT3Rを捉えて第2ヘアピンでオーバーテイク。ピットスタートにより最後尾から追い上げたレースのチェッカーを7位で受けることができました。

 なお、今大会終了時点でのポイントランキングのトップには相変わらずNo.16 ホンダCR-Z GTがつけるものの、同車は今回9位・2ポイントの獲得に終わったため、後続とのポイント差が接近することに。今回しぶとく7位に入ったことで貴重な4ポイントを重ねたNo.61 スバルBRZ GT300はトップから15ポイント差のランキング5位につけ、逆転チャンピオン獲得の可能性を残してシリーズ最終戦ツインリンクもてぎ(11月3日決勝)に臨むことになりました。

WT2_1316.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏のコメント:

「首の皮が一枚、最終戦までつながりました。今回のレースのスタートの状況から考えると、本当に良かったです。今回は性能調整が厳しすぎて、非常に苦しい戦いでした。その中でこの結果を得られたのは大きいですね。第1スティントは、あの時点では雨の可能性もあり、山野選手のタイムも出ていたので、可能なかぎり周回を多く重ねてもらってピットストップのタイミングを先に伸ばすことにしました。第2スティントは、ことのほか混戦だったので予想よりは伸び幅が少なかったのですが、ドライバーはよくやってくれたと思います。最終戦も頑張ります」

WT2_0971.JPG

山野哲也 (No.61 スバルBRZ GT300/スバルBRZ R&Dスポーツ)のコメント:

「(ファステストラップを出し、平均のラップタイムも良かったことに対して)全体的なペースとしては悪くなかったんだろうな、とは思います。でも、集団に追いついてしまうと渋滞が起きて、僕だけでなく、その集団の2番目以降のみんなが『抜きたくても抜けない状態』に陥ってしまうという状況が何度かあって、ラップタイムも一時は1分54秒台くらいにまで落ちてしまいました。こうなるとタイヤが異物を拾うことも多くなってしまうんです。でも30周過ぎからは、ライバルたちがピットに入るなどして前方がクリアになったので、1分51秒台で安定してラップすることができました。途中、雨が降ってもピットインせず、できるかぎり引っ張ったチームの判断は正しかったと思います。第2スティントのタイヤを温存することもでき、孝太も7位まで追い上げくれました。

 仮に最終戦で僕らが優勝しても、チャンピオンを獲れるかどうかはライバルの結果次第ですけど、それはともかく、次のもてぎは『もう勝つしかない!』という気持ちです」

WT2_1107.JPG

佐々木孝太 (No.61 スバルBRZ GT300/スバルBRZ R&Dスポーツ)のコメント:

「最終戦までチャンピオンを争えるようにすることができた、という意味ではいい結果だったと思いますし、ランキングトップの16号車(No.16 ホンダCR-Z GT)の前でチェッカーを受けることができたのは良かったです。レース中は、混戦になったときタイヤを温存してチャンスが来るのを待って0号車(No.0 ポルシェ911 GT3R)を抜きました。そこに関してはうまくタイヤマネージメントできたと思います。

 ただ......予選でタイヤを傷めてしまったことが本当に悔やまれます。今回、性能調整によって狭められたリストリクター径に対してセッティングを出す時間が取れなかったこともあって、何とかそれをカバーしようとしたのは事実なんですが......自分としては本当に悔しいですね。

 でも、依然としてチャンピオンを狙える位置にいるわけで、レースは何が起こるか分からないですし、最後まで頑張りたいです」

WT1_7983.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明とのQ&A:

Q:今回のBRZ GT300のレースをどう評価されますか?

「ピットスタートにもかかわらず、抜きにくいと言われるオートポリスで7位まで順位を上げることができ、そして安定したタイムで走行を続けることができていました。これは非常に良い内容と結果だったと思います。

 第1スティントが長くなったことは予定外でしたが、あのときは雨の可能性があったため、チームからは『天候を見定めてからピットに入れたい』という要求がありました。タイヤ的には『耐久性に問題はない』というコメントがドライバーからも得られていたので、このスティントを伸ばすことになりました」

Q:今回BRZ GT300が使用したタイヤは?

「第1スティント、第2スティントともに同じものを使いました。今回のオートポリスには2種類のドライ用タイヤを用意しました。どちらも非常に近い性格を持ったものですが、レースで使ったのはミディアム系のタイヤです。タイム的に見ても、満足のいく性能を出すことができたと思っています」