2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦
SUPER GT in KYUSHU 300km
6月1日(日) 決勝レース
オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
入場者数:予選日1万3800人/決勝日2万4400人(主催者発表)

084Q7748.JPG

SUPER GT第3戦オートポリスの決勝がレース距離300km/65周で行われ、ポールポジションからスタートしたNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がトップの座を一度も明け渡すことのない完璧なレースを戦って待望の今季初優勝を飾りました。また、2位にはMOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が続いて、ミシュラン・パートナーチームの2台が1-2フィニッシュを達成。タイヤを酷使するコースである上に路面温度がかなりの高さとなったコンディションの中、ミシュランタイヤの高性能が圧倒的な結果によって示された一戦となりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦
SUPER GT in KYUSHU 300km
5月31日(土) 公式予選
オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
入場者数:予選日 1万3800人(主催者発表)

OMB47633.JPG

シリーズ唯一の九州開催ラウンドとなるSUPER GT第3戦の公式予選が晴天のオートポリスで行われ、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が今季初のポールポジション獲得に成功。MOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が僅差の2位に続き、GT500クラスに出場するミシュランタイヤ装着車3台のうちの2台が1位-2位を占めるという圧倒的な予選結果となりました。

なお、ミシュラン・パートナーチームによるフロントロウ独占は昨年の第5戦鈴鹿以来。また、GT300クラスにおいてもミシュランタイヤ装着のNo.61 スバルBRZ R&D SPORTが最速タイムを記録しており、ミシュランはやはり昨年の第5戦鈴鹿以来となるGT500とGT300の両クラスにおけるポールポジション獲得を果たしました。

  • 1