2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦
SUPER GT in KYUSHU 300km
6月1日(日) 決勝レース
オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
入場者数:予選日1万3800人/決勝日2万4400人(主催者発表)

WT1_4177.JPG

SUPER GT第3戦の決勝レースが前日に続いて晴天に恵まれたオートポリスで開催され、GT300クラスはミシュランタイヤを履くR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)とハイブリッド車のNo.55 ホンダCR-Z GTの一騎討ちとなりました。走行ペースにおいてはライバルと互角以上のものがあったNo.61 スバルBRZ R&D SPORTでしたが、勝負のあやからレース後半は2位走行を余儀なくされ、懸命なチャージを続けたものの、わずか2.2秒届かず。それでも今シーズンのベストリザルトとなる2位表彰台を獲得しました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦
SUPER GT in KYUSHU 300km
5月31日(土) 公式予選
オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
入場者数:予選日 1万3800人(主催者発表)

WT2_0772.JPG

真夏を思わせる晴天に恵まれたオートポリスでSUPER GTシリーズ第3戦の公式予選が開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)が圧倒的なスピードを見せて今シーズン初めてとなるポールポジションを獲得。昨年、シリーズ戦8戦のうち5戦で予選最速を奪った速さを改めて示すとともに、スタートが重要なこのサーキットで最高のポジションを手に入れることに成功しました。

なお、GT500クラスにおいてもミシュランタイヤ装着のNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが最速タイムを記録しており、ミシュランは昨年の第5戦鈴鹿以来となるGT300とGT500の両クラスにおけるポールポジション獲得を果たしました。

  • 1