【2014】

2014年4月 5日

スバルBRZ R&D SPORT、ミシュランタイヤ2年目の開幕戦はクラス6列目からのスタートに

2014 AUTOBACS SUPER GT第1戦
OKAYAMA GT 300 km RACE
4月5日(土) 公式予選
岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
入場者数:9000人(主催者発表)

WT2_5496.JPG

ミシュランにとってGT300クラス復帰2年目のシーズンとなる2014年のSUPER GT。その開幕戦の公式予選がドライコンディションのもとで行われ、このクラスにおいてミシュランが唯一パートナーシップを結んでいるR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)はQ1(予選第1セッション)を5位で通過。駒を進めたQ2(予選第2セッション)では11位となり、明日の決勝レースはGT300クラスの6列目からスタートすることになりました。

ついに2014年のSUPER GTが始まりました。関東以南ではすでに桜が満開となり、うららかな春を迎えていますが、この日の朝の岡山国際サーキットの外気温は6℃。曇り空で、雨こそ降りませんでしたが、タイヤの作動温度域に入っていってくれるかが気になるほどの寒さでした。

WT1_2950.JPG

■公式練習

午前9時から始まった2時間の公式練習では、今年のSUPER GTの特徴がまずひとつ見えてきました。フロントタイヤの幅が狭くなり、なおかつ作動温度域まで熱がすぐには入らないカーボンブレーキを使うGT500クラス。これに対して、サイズ据え置きのフロントタイヤはGT500より幅が広いことになり、そしてスチールブレーキを使うGT300マシンの方が早く全開走行に入ることができたのです。

セッション開始から9分が過ぎたところで1分29秒131という好タイムをまず記録してきたのはNo.5 日産GT-R NISMO GT3でした。しかしほどなくして、No.65 メルセデス・ベンツSLS AMG GT3が1分29秒の壁を突破し、従来のコースレコードを上回る1分28秒699を刻んできました。

その後も1分28秒台にタイムを入れてくる車両が続いた中、3月23〜24日に富士スピードウェイで行われた公式テストでGT300クラスのトップタイムを記録していたFIA-GT3車両のNo.7 BMW Z4 GT3が1分28秒台を一気に突き抜ける1分27秒851を叩き出してトップに躍り出ます。さらに、JAF-GT300車両のNo.31 トヨタ・プリウスGTが1分27秒893をマークし、No.4 BMW Z4 GT3が1分27秒917で続きました。

WT2_5504.JPG

午後に行われる公式予選の展開を占うタイムアタック合戦がひと段落すると、各車はそれぞれのメニューをこなすモードに入っていきました。その頃、ミシュランタイヤをこのクラスで唯一使用するNo.61 スバルBRZ R&D SPORTはセッティングを煮詰める作業に集中しており、ベストタイムは1分29秒台にとどまっていました。

セッション開始から1時間になろうとする頃、No.67 日産GT-R NISMO GT3がクラッシュして赤旗中断に。約10分後にセッションは再開されました。その後、No.61 スバルBRZ R&D SPORTは佐々木孝太のドライブで1分28秒845をマーク。これが公式練習における同車のベストタイムとなりましたが、順位的には出走24台中18位となるものでした。

結局、この公式練習におけるトップタイムは、No.7 BMW Z4 GT3がセッション序盤でマークした1分27秒851でした。同車から5位までのタイム差は0.1秒を切っており、このセッションでは18位となったNo.61 スバルBRZ R&D SPORTのタイムもトップタイムからは1秒以内。2014年のGT300クラスが激しい接戦となることを暗示するシーズン最初の公式セッションとなりました。

WT1_2947.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏のコメント:

「完璧ではないですが、展望は少し見えているという状態です。今回の公式練習における主眼は、ロングスティント用の、タイヤを消耗させないセッティングを見つけることでした。ドライバーのコメントには『状況によってはまだアンダーステアが残っている』というものがありました。これはマシン側のセッティングによるものだと思います。タイムの持続性や安定度は先の公式テストのときの状況よりも良い。ただ、もうちょっと速さが欲しいな、という気持ちもあります(苦笑)。我々のタイムは去年のこの岡山でのものより確実に良く、それで安定してもいるのですが、今年は他がさらに速いということです。レースを戦うにあたって、この少し物足りない部分をどうするか。午後の予選までにできるかぎり解決したいと思っています」

■Q1(予選第1セッション)

午後2時ちょうどから始まったGT300クラスのQ1は、いつもとは少し様相が異なりました。我先にとアタックを仕掛けてくるのが常のFIA-GT3規定の車両勢も、今回はタイヤにじっくりと熱を入れながらアタックに出る機会をしばらくうかがっていたのです。それも、このセッション開始時の気温は約14℃、路面温度は21℃と低いものだったからでした。

WT2_5498.JPG

各車のタイムアタックが本格化したのは15分間のセッションもすでに半分近くになったところで、No.4 BMW Z4 GT3が1分27秒389を出してトップに。No.3 日産GT-R NISMO GT3が1分27秒539で2位につけました。

しかし、圧巻だったのはNo.7 BMW Z4 GT3でした。ステアリングを握った荒 聖治が満を持してアタックをかけた5周目に、朝の公式練習で同車が記録したトップタイムをさらに1秒以上縮める1分26秒750をマーク。昨年までのコースレコードを約2.2秒も更新してみせたのです。するとNo.7 BMWはその周回をもって走行を打ち切ってピットへ。日本人2人目のル・マン24時間ウィナー(2004年大会)である荒がその貫禄を見せつけたタイムアタック劇でした。

WT1_2429.JPG

その頃、このQ1では井口卓人が乗り込んだNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは、やはりタイヤをじっくり温めてアタックに出られる状態にまで持ち込み、8周目に1分27秒689をマークして9位へとポジションアップ。そして最後のアタックで1分27秒502を叩き出し、Q1を5位で終えました。決勝を見越したセッティングであることを考えれば、これは上々の結果でした。

■Q2(予選第2セッション)

午後2時40分から始まったQ2には、Q1をクリアした13台が出走。太陽は雲に隠れ、Q1の時点でも十分に低かった気温はさらに下がって10℃を下回るほどになり、路面温度も16℃ほどしかない状態になっていました。そのせいもあり、セッション開始早々にNo.60 BMW Z4 GT3がスピン。後続車両はより慎重に周回に入っていきました。

WT1_2972.JPG

静かな立ち上がりとなったQ2。そこでまず鋭いアタックを仕掛けてきたのはNo.31 トヨタ・プリウスGTでした。朝の公式練習で2番手タイムを記録したものの、Q1では12位となりギリギリでのQ2進出となった同車ですが、このセッションでは3周目で1分27秒369をマークしてきました。そして、他の多くの車両がまだ様子を見ている中でこのタイムに肉迫していったのはQ1トップのNo.7 BMW Z4 GT3で、1分27秒861で2位につけました。

そんな2台に割って入っていったのは、1分26秒869をマークしたNo.4 BMW Z4 GT3でした。しかし、その直後にNo.31 トヨタ・プリウスGTは、Q1でNo.7 BMW Z4 GT3が記録した新コースレコードに0.024秒差に迫る1分26秒774を叩き出してきて再度トップに浮上。また、No.55 ホンダCR-Z GTも1分27秒034というタイムで3位に上がっていきました。

WT1_2557.JPG

一方、佐々木孝太が乗り込んだNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは、Q1と同様にタイヤを温める時間を長く取り、セッションの終盤にタイムアタックに出るという戦略でした。ところが、そもそもの路面温度の低さからセッションの序盤でスピンを喫してしまい、その後はトラフィックに阻まれ続けて満足のいくクリアラップを取れず、1分28秒588がベストタイムでしたが、コース外走行によりベストタイムが抹消となり予選は12位という結果となりました。

WT1_2937.JPG

井口卓人 (No.61 スバルBRZ R&D SPORT/R&Dスポーツ)のコメント:

「Q1では幸い気温と路面温度がそれなりにあって、比較的良い状況で走れたのかなと思います。クルマのバランスも良かったので、じっくりとタイヤを温めて最後にアタックをすることができました。周回数的には9周をフルに走ったように見えますが、最初からアタックしていたわけではないんです。僕たちは『決勝でしっかり使えるタイヤ』を予選に使ったので、タイヤのパフォーマンスが"最後に来る"ことは分かっていました。ですから、タイヤを傷めないようにじっくり熱を入れていき、セッションの最後に前後のスペースを少し空けて2回アタックしました。普通なら3〜4周目からアタックしていくんですけどね。その点では、チームが決めたプランどおりの戦い方ができていると思います。これは公式テストから今朝の公式練習まで必死に取り組んできたところでもあって、決勝レースでは予選とは違う結果が見せられると思います」

WT1_3038.JPG

佐々木孝太 (No.61 スバルBRZ R&D SPORT/R&Dスポーツ)のコメント:

「Q2では気温と路面温度がだいぶ下がってタイヤを満足に温められませんでした。それは確かに痛かったですね。コース上では"行けるかな? 行けないかな?"と迷うことの繰り返しで、そんなところへ後方からはタイムアタックに出たマシンがたくさんやって来るし......。タイヤがいい状態になりかけたときには、アタックをやめてペースダウンしたマシンが前にいたりと、走っていた位置でもツキがありませんでした。

 結局、Q2ではオフシーズン中のテストで得ていたグリップ感まで上げることができませんでしたね。でも、気温や路面温度がそれなりにあったときに井口が出したタイムはとても良かったので、明日あれくらいのコンディションになれば十分戦えると思います。実際、井口が出したタイムはもともと想定していたものより良かったですし、現在のBRZは走れば走るほどタイムが上がるマシンになっていると思います」

WT1_2815.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏のコメント:

「Q2は失敗してしまいましたが、我々は昨年のこの岡山でのレースのときよりも1mmも径が絞られた吸気リストリクターを使っている状態で、それでいて昨年の岡山よりも速いタイムが出ましたから、実は我々のマシンそのものは悪くない状態です。ただ、周りが速かったということですね。

 それにしても、岡山でのレースはいつも寒いですね。この気温や路面温度ではタイヤを十分に温められず、正直もう少し気温が上がってくれればな......と思います。ただ、間違えないでいただきたいのは、気温や路面温度が低いからミシュランタイヤが機能していないのではないということです。今回のタイヤは、昨年からの実績とデータを元に持ち込まれているものです。ロングランを可能とするスペックで、作動温度レンジ的にも今回のコンディションまで想定されています。ですから、これを機能させられないのは我々のマシンやエンジニアリング等の問題なんです。

 Q2より良い条件で走行することができたQ1での井口の走りを見るかぎり、BRZ GT300のポテンシャルそのものは決して低くないと思っています。そして、自分たちが求めている『強いBRZ』を引き出すカギが分かりました。明日の決勝レースではさらにロングラン方向にそのセッティングへ振ろうとチームで話し合っています」

WT1_3069.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明とのQ&A:

Q:今日はかなり低温での走行となりましたが?

「特にQ2は気温、路面温度ともにかなり低い状況ではありましたが、もちろん我々はこうしたコンディションにおいても確実に機能する作動温度レンジのタイヤを今回持ち込んでいます」

Q:チーム側は「ロングランでタイヤの性能が落ちないマシン造りを目指した」とコメントしていますが?

「タイヤとしては昨年の実績とデータがあり、取るべき方向性はもう見えていますので、あとはマシンを熟成させるのみ、ということでしょう。昨年、チームは我々のタイヤで"いかに速く走るか"を求めていましたが、今年は"タイヤをいかに安定して使えるか"というところにフォーカスしています。そういう意味では、タイヤの種類で走りがどう変わるというよりも、チームがタイヤとクルマのパッケージをいかにレースに向けて強くできるかがカギだと思います」

Q:このサーキットではスタート位置、つまり予選順位がより重要なのでないかと尋ねても、チーム側はそれでも『強さ』を追求していくと語っていました。

「そうですね。1戦1戦で勝ちを狙うことよりも、"どこのコースで必ず勝つ必要があるのか"を知ることの方がチャンピオンを獲るうえでは重要だと思います。ですから、この岡山で"どのくらいのポイントを取らねばならないか"という視点で動けているのは、チームが成長している証拠なんです。したがって、今回の予選結果をネガティブに捉える必要はないのです。

 むしろ、3月に富士で行われた公式テストと今朝の公式練習ではほとんど走行できていなかった井口選手が、Q2でいきなりタイムアタックを行って1分27秒502という良好なタイムを出せたことを高く評価したい。素晴らしいパフォーマンスだったと思います。ドライバーもレースを勝ち抜くための重要な要素ですから、今後もっと走行量が増えれば、状況はどんどん良くなっていくと思います」