【2014】

2014年4月 5日

出場全車一新のGT500。その初戦の公式予選でミシュラン勢は全車Q1を突破! S Road MOLA GT-Rが予選3位に

2014 AUTOBACS SUPER GT第1戦
OKAYAMA GT 300 km RACE
4月5日(土) 公式予選
岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
入場者数:9000人(主催者発表)

OM318833.JPG

トップカテゴリーのGT500クラスに出場するすべての車両がまったく新しいレギュレーションに則るブランニューマシンとなった2014年のSUPER GT。その開幕戦の公式予選がドライコンディションのもとで行われ、このクラスにおけるミシュラン・パートナーチームの3台はすべてQ1(予選第1セッション)を突破してQ2(予選第2セッション)に進出。その中でも2011年&2012年のチャンピオンチームであるMOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)がミシュラン勢最上位となる予選3位を獲得しました。また、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は予選6位、ウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/ジャン‐カール・ベルネ)は予選8位となりました。

■公式練習


OMB45701.JPG全車が新たに排気量2ℓの直列4気筒・直噴ガソリンターボエンジンを搭載する、まったく新しいJAF-GT500車両。エンジンはパワフルで、それでいて車両の最低重量は1000kgと従来よりも軽くなっていることから、オフシーズン中のテストから従来のGT500を確実に上回るタイムが記録されていましたが、シリーズ戦最初の公式セッションとなるこの開幕戦の公式練習では従来のコースレコードを大きく上回るタイムが早々と記録されました。

OM311803.JPG

岡山国際サーキットのGT500クラスのコースレコードは10年前の2004年に記録された1分22秒404。それを約2.4秒も短縮する1分20秒023というタイムが今回の公式練習で刻まれました。そして、このタイムをマークしたのはミシュランタイヤを履くNo.23 MOTUL AUTECH GT-R。ドライバーは、今シーズンから同車をドライブする松田次生でした。

公式練習ではその他のミシュラン・パートナーチームも好調で、No.46 S Road MOLA GT-Rが3位(1分20秒773/本山 哲)、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTが4位(1分20秒816/山本尚貴)につけました。

■Q1(予選第1セッション)

公式予選の第1セッションであるQ1の開始時刻は14時ちょうど。岡山国際サーキットの上空は朝からどんより曇っていましたが、この頃になると太陽が顔をのぞかせるようになりました。ただし、気温は12℃、路面温度21℃と、4月としては肌寒い、花冷えの中でのセッションとなりました。

OM312156.JPG

GT500クラスの走行は14時15分に開始。15分間にわたるこのセッションでは、山本尚貴がステアリングを握ったNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTが真っ先に1分20秒台にタイムを入れてきましたが、その直後に松田次生が乗り込んだNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが1分20秒の壁を破る1分19秒876を叩き出してきてタイミングモニターの最上位に上がります。さらに、古巣MOLAに復帰した柳田真孝が駆るNo.46 S Road MOLA GT-Rも1分20秒203の好タイムをマークしてきました。

OMB48489.JPG

その後、GT500クラスの各車は次々にタイムを更新。セッションが終わってみれば、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが先述のタイムで3位、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTが1分19秒968までタイムを詰めて5位、No.46 S Road MOLA GT-Rは先述のタイムで6位となり、ミシュラン・パートナーチームの3台はいずれも上位でQ1突破を果たしました。

■Q2(予選第2セッション)

12分間で行われるGT500クラスのQ2は15時ちょうどに開始。気温は8℃、路面温度は16℃にまで低下していました。

OMB46407.JPG

このQ2に進出したQ1の上位8台はそれぞれ順調に周回を重ね、セッション中盤になると各車が次々とタイムを更新していきました。その中で、本山 哲が駆ったNo.46 S Road MOLA GT-Rが1分19秒574という素晴らしいタイムをマーク。予選3位という上々の結果を手にしました。

ロニー・クインタレッリがドライブしたNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rも1分20秒を切るタイムを記録しましたが、こちらはトラフィックにひっかかるという不運に見舞われて、ベストタイムは1分19秒906どまり。予選6位となりました。

OMB46457.JPG

一方、SUPER GT初登場となるジャン‐カール・ベルネにこのセッションでのステアリングが託されたNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTはいまひとつタイムが振るわず、1分21秒011で予選8位となりました。

なお、このQ2では0.5秒差の中にトップ6台がひしめく結果となりました。そのうち3台は日産GT-R、残る3台はレクサスRC Fでした。また、トップ6の装着タイヤは、4台がブリヂストンで、2台がミシュランという内訳。出場全車がまったく新しいレギュレーションに則るブランニューマシンとなり、タイヤサイズも大きく変わった中での初戦にして弾き出されたかくも拮抗した結果は、各自動車メーカーと各タイヤメーカーが先鋭的な開発努力を傾けているSUPER GT GT500クラスのレベルの高さを如実に示すものとなりました。

OMB48748.JPG

本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「クルマもタイヤも良いパフォーマンスでした。今日は気温と路面温度が少し低かったですが、それにもかかわらず良いパフォーマンスを発揮してくれました。グリップもあったし、走りやすかった。ミシュランが常に開発を続けて、"良いタイヤを、もっと良いタイヤを......"と頑張ってくれたおかげです。ドライバーがいろいろ苦労して速く走ったんじゃなく、今日はミシュランのパフォーマンスで速く走ることができたと思っています」

084Q8980.JPG

柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「SUPER GTではタイヤがレース結果を左右するファクターとして大きくなっていますが、ミシュランと一緒になって"常により良いモノを"と開発を続けてきたことが今日の結果につながったと思います。マシンが一新されたシリーズの初戦の予選で好結果を残せたのは、ミシュランタイヤのパフォーマンスが本当に大きかった。まだ予選が終わっただけですけど、確かな手応えを感じています」

084Q9282.JPG

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「タイヤも含めてクルマのフィーリングはとても良かったです。気温や路面温度が下がった状況でも不満なく走ることができました。良いタイヤを用意してくれたミシュランには感謝しています。公式予選では少しポジション的に下がってしまいましたが、公式練習から公式予選にかけて、自分たちとしては順当にタイムアップできたと思っています。明日は良い結果でレースを終えたいですね」

084Q9320.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「朝の公式練習からクルマは良い仕上がりでした。タイム的にも良かったので、公式予選ではもうちょっと速く走れるのでは......と期待していました。マツダさんは良いタイムをマークしてくれましたが、僕はタイヤの温めとかコース上のトラフィックとかの事情から思ったようにアタックできなくて、ちょっと残念でした。6番手グリッドからのスタートになりますから簡単じゃないと思いますけど、明日は今シーズンの初レースなので、マツダさんと一緒に優勝を狙っていきたいですね」

084Q9168.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「この開幕戦のコンディションに合わせてチームが良いクルマを仕上げてくれましたし、ミシュランはどんなコンディションにも対応できる新しいタイヤを持ち込んでくれました。これが大きかったですね。オフシーズン中のテストではトップから大きく差をつけられていましたけど、ここにきて、いい勝負ができるところにまでタイムを上げることができました。僕が乗ったQ1でのポジションは5位でしたが、トップとのタイム差はわずかで、大きな進歩を感じています」

084Q9208.JPG

ジャン‐カール・ベルネ (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「クルマはとても良かったです。チームが頑張ってくれて、テストのときと比べてずいぶん進化していました。ミシュランタイヤも良いパフォーマンスだったし、ナオキさんも良い仕事をしてくれました。クルマのフィーリングは良かったですし、そのパフォーマンスの高さはナオキさんが証明してくれています。明日の決勝レースでは良い結果につなげられると思っています」

084Q9108.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「気温や路面温度が低い中での予選となりましたが、これまでの経験がありますので驚くことはありませんでしたし、想定の範囲内でした。

 今日マークされたタイムそのものは、やはり速いですね。1分19秒台というのは。しかも、各車のタイム差があまりない。我々ミシュランとしては予選をことさら重視する戦略は採っていませんが、このサーキットではスタート位置が前であることは有利に働きますので、その意味ではパートナーチーム各車の位置は理想的とは言えないですね。ただ、今日のパートナーチーム各車がこなした内容そのものは、決して悪くないと言えるものです。公式練習からロングランの確認ができましたし、一発のタイムも悪くありませんでした。3台ともQ1を上位でクリアできていますし、十分競争力があることを確認できました。

 ともあれ、今回は新規車両での初レースです。いろいろなことが明日の決勝レースをやってみることで分かってくると思います」