【GT300】

2014年5月 4日

スバルBRZ R&D SPORT、鬼門の富士で苦戦を強いられクラス12位でのフィニッシュに

2014 AUTOBACS SUPER GT第2戦
FUJI GT 500km Race
5月4日(日) 決勝レース
富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km
入場者数:予選3万2200人/決勝5万7200人(主催者発表)

WT1_1354.JPG

大観衆を集めたゴールデンウィーク真っ只中の富士スピードウェイにおいてSUPER GT第2戦の決勝レースが開催されました。GT300クラスでミシュランタイヤを唯一使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は、予選2位を奪った前日とは一変してレース序盤から苦しい戦いを余儀なくされ続け、クラス12位で完走という結果に終わりました。

WT3_2122.JPG

レース距離500km、富士スピードウェイを110周で争われたこの一戦。佐々木孝太が乗り込んだNo.61 スバルBRZ R&D SPORTはフロントロウからスタートし、パワーに勝る数々のFIA-GT3車両を抑えてポジションをキープして第1コーナーに飛び込んでいきました。

しかし、ライバルたちの攻勢は激しく、3周目にはNo.30 日産GT-R GT3がヘアピン手前の100Rで、続いてNo.7 BMW Z4 GT3が複合高速コーナーの300Rの後のシケインで前に出ていくと、その後もNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは後続に飲み込まれて8位にまで後退していきました。ただし、ここまではチームも覚悟していた状況で、その後は自分たちのペースを作り、コンスタントに周回を重ねていけば......と考えていました。

ところがその先、No.61 スバルBRZ R&D SPORTのレースプランはセーフティカーの導入によって崩されることになりました。No.88 ランボルギーニ・ガヤルドGT3がストレート上でスピンしクラッシュ。幸いドライバーは無事でしたが、これによってレースはセーフティカー導入、そして再スタートという展開となったのです。

WT3_2391.JPG

ほとんどのライバル車両に対してパワーで劣るBRZ GT300にとってスタートダッシュは鬼門であり、セーフティカーラン解除後の再スタートでもそれは例外でありません。結果、このときの再スタートでNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは10位までポジションダウン。それでも佐々木孝太は最善を尽した走りを続け、1分40秒台とまずまずのラップタイムを刻みながら食い下がりました。ところが17周目にまたもセーフティカーが導入され、やがて今大会2度目の再スタートが行われる事態に。これはNo.61 スバルBRZ R&D SPORTにとっては非常に手痛いことでした。

この2度目のセーフティカーランの際、トップグループ車両のほとんどがピットストップを行いましたが、No.61 スバルBRZ R&D SPORTはその先のレース距離と燃費を考えるとまた給油に入らざるを得なくなる可能性が高かったことからコースに留まりました。そしてライバルたちが暫定的にポジションを下げていった中で7位にまで挽回し、29周目を終えたところでピットへ。給油、タイヤ交換を行うとともに、佐々木孝太から井口卓人へとドライバー交替しました。

WT3_2685.JPG

新たに井口が乗り込んで改めて巻き返しを図ろうとした矢先の33周目、No.61 スバルBRZ R&D SPORTは突如スローダウンしました。ギアボックス関係のマイナートラブルが原因でしたが、ドライバーが走らせ方を工夫することで対応し、すぐに速さを取り戻しました。ただし、この時点で大きく下げていた順位を取り戻していくことは容易ではありませんでした。

WT3_2350.JPG

その後、No.61 スバルBRZ R&D SPORTは2度目のルーティンストップを行い、最後の第3スティントでは佐々木孝太が再びドライブ。佐々木は少しでもポイントを獲るべく懸命なチャージを見せ、66周目には自己ベストとなる1分39秒737を記録してみせましたが、入賞圏内に一歩届かない12位という悔しい結果でレースを終えることとなりました。

なお、レースは予選9位からしぶとい走りを続けたNo.4 BMW Z4 GT3が優勝。2位にはNo.11 メルセデス・ベンツSLS AMG GT3、3位にはNo.0 ホンダCR-Z GTが入りました。

WT3_1645.JPG

スバルテクニカインターナショナル(株) モータースポーツプロジェクト室 辰己英治氏のコメント:

「今回は2回のセーフティカー導入がすべてを決めてしまいましたね。我々のマシンはライバルたちよりも絶対的な出力では劣るので、再スタートは本当に厳しいんです。それが1回ならまだしも2回あると、どうにも挽回できませんでした。

 レース中のスローダウンはそれほど深刻なものではありませんでした。勢いよくブレーキングしているとシフトダウンできない現象が出たのですが、これはドライバーがブレーキの踏力を調整することで解決できました。

 最後は少しでもポイントを獲ろうと、ドライバーはふたりとも必死に頑張ってくれました。結果は悔しいものでしたが、全力を尽くしたと言えるレースでした」

WT3_1605.JPG

井口卓人 (No.61 スバルBRZ R&D SPORT/R&Dスポーツ)のコメント:

「セーフティカー明けの加速で(ライバルたちに)やられるのは、正直悔しかったですね。それで前に出られて、僕たちが速いところで頭を押さえられる格好になると、どうにもできなかった。開幕戦での取りこぼしを今回何としても取り戻したかったのですが、厳しかったですね......。

 ただ、単独で走ったときの速さは確実にあると分かりました。今回のレースは、この後のオートポリスやSUGOや鈴鹿でしっかり結果を出すための準備になったんだと考えて、気持ちを切り替えることにします」

WT3_1629.JPG

佐々木孝太 (No.61 スバルBRZ R&D SPORT/R&Dスポーツ)のコメント:

「結果は残念でしたけど、最後までペースを落とさず、しっかりとミシュランタイヤの性能を出せるようになってきたと思います。最後のスティントは新品タイヤだったのでタイムを出しやすかったとも言えますが、レース後半になって路面温度が下がってきてもタイヤをきちんと使い切れるようになってきたのは、マシンが強くなったからだと思います。

 そして......改めて僕たちは『レース序盤に逃げなければならないんだ』ということを強く感じました。だから次回からは"強さ"に"速さ"を付け足して、必ず結果を出したいと思います」

WT3_1422.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明とのQ&A:

Q:今回、No.61 スバルBRZ R&D SPORTが使用したタイヤについて教えてください。

「2種類のタイヤを用意しました。第1スティントでのものを基準タイヤとするならば、井口選手が走った第2スティントでは温度の変位を考えて第1スティントのものより柔らかい方向に振りました。ただ、摩耗が少しだけ多かったので、最後のスティントでは第1スティントと同じものに戻しました」

Q:レース後半になって路面温度が下がってきた状況でも1分39秒737が出ました。

「それだけマシンが進歩したと言えると思います。あの時点でも路面温度は26℃ありましたので、タイヤとしては十分に機能できるレンジでした。これをBRZ GT300が活かし切ることができたのだと思います」

Q:コンスタントラップでは1分40〜41秒台というタイムでしたが?

「本当は1分40秒を切っていきたかったところでした。単独で走ることができれば、それも可能だったと思います。ドライバーの言葉を借りれば、『得意なセクションで前を塞がれるとタイムを出せない』という状況でした。タイヤの性能低下によってタイムが落ちていったわけではありません。次のオートポリス(6月1日決勝)はミシュランタイヤの性能を大いに発揮できるレースになると思っています」