【GT500】

2014年5月31日

MOTUL AUTECH GT-Rがポールポジション! S Road MOLA GT-Rが2位に続き、ミシュラン勢がフロントロウを独占!!

2014 AUTOBACS SUPER GT第3戦
SUPER GT in KYUSHU 300km
5月31日(土) 公式予選
オートポリス(大分県日田市):全長4.674km
入場者数:予選日 1万3800人(主催者発表)

OMB47633.JPG

シリーズ唯一の九州開催ラウンドとなるSUPER GT第3戦の公式予選が晴天のオートポリスで行われ、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が今季初のポールポジション獲得に成功。MOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が僅差の2位に続き、GT500クラスに出場するミシュランタイヤ装着車3台のうちの2台が1位-2位を占めるという圧倒的な予選結果となりました。

なお、ミシュラン・パートナーチームによるフロントロウ独占は昨年の第5戦鈴鹿以来。また、GT300クラスにおいてもミシュランタイヤ装着のNo.61 スバルBRZ R&D SPORTが最速タイムを記録しており、ミシュランはやはり昨年の第5戦鈴鹿以来となるGT500とGT300の両クラスにおけるポールポジション獲得を果たしました。

084Q4195.JPG

SUPER GTのオートポリス大会はこれまでは秋に行われてきましたが、今年は山々の緑が鮮やかな季節の開催となりました。公式予選が行われた5月31日(土)のサーキットは朝から晴天に恵まれ、気温は28℃まで上昇。夏日となった中でミシュラン勢が素晴らしいタイムアタックを繰り広げました。

■Q1(予選第1セッション)

GT500クラスでは、15分間のQ1、12分間のQ2のいずれにおいても、各車が本格的なタイムアタックに入っていくのはセッションの後半になってから、というのがいつものパターンになっています。そして今回は残り時間が8分を切ったところで、ミシュランタイヤ装着車のNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rがその時点でのトップタイムとなる1分35秒662をマーク。松田次生が記録したこのタイムが各車の本格的なアタックの口火を切るものとなりました。

084Q3781.JPG

ほどなくして、やはりミシュランユーザーで、このセッションでは柳田真孝がドライブを担当したNo.46 S Road MOLA GT-Rが1分35秒を切る1分34秒999を刻んでトップが入れ替わりました。その後も各車は意欲的なタイムアタックを繰り広げましたが、ミシュランタイヤを履いた2台の日産GT-Rのタイムを上回ることができません。

Q1も残り1分となったところでコースアウトを喫した車両が出て、その処理のためにセッションは一時中断。コースアウト車両の回収後、残り時間3分ということでセッションは再開されましたが、結局ミシュランタイヤ装着の日産GT-Rの2台のタイムを超えてくる車両は現れず、No.46 S Road MOLA GT-Rが1位、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが2位でQ2進出を決めました。

OMB45803.JPG

一方、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTは山本尚貴がアタックを担当しましたが、このセッションで10位に相当する1分36秒942がベストタイム。無念の2戦連続Q1敗退となりました。

■Q2(予選第2セッション)

ミシュランタイヤを履く日産GT-R勢の好調ぶりはQ2でも続きました。各車が本格的なタイムアタックに入っていった中、ロニー・クインタレッリがこのセッションを担当したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが1分34秒523という素晴らしいタイムをマークすると、本山 哲がステアリングを握ったNo.46 S Road MOLA GT-Rも1分34秒792を記録してきました。

OMB45232.JPG

その後、ライバル勢も懸命にアタックを繰り返しましたが、ミシュラン・パートナーチームの2台が記録したタイムを超える車両は現れませんでした。その結果、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが今シーズン初となるポールポジションを獲得。No.46 S Road MOLA GT-Rは2戦連続での予選2位となり、明日のスターティンググリッドの最前列は2台のミシュランタイヤ装着車によって占められることになりました。

084Q5185.JPG

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「朝の公式練習からクルマの調子は悪くなく、タイヤのフィーリングも良かったので、予選に向けて自信はありました。ただ、僕が走ったQ1では決勝を見据えて当初の予定とは少し違うタイヤを使用して、その状態でのフィーリングなどをロニーとエンジニアに伝えて少しセッティングを修正してもらいました。そうしたらQ2でロニーが文句のつけようのない走りでスーパーラップを叩き出してくれてポールポジションを獲ることができました。ただし、最も重要なのは明日の決勝レース。距離も長いので気持ちを引き締めて臨みます」

OMB47339.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「4月の半ばにこのオートポリスでタイヤテストを行ったのですが、今回はそのときとはクルマの空力パッケージが変わっています。ダウンフォースが少なくなってグリップも少し足りない感じはあったのですが、チームがセットアップで頑張ってくれて、ミシュランも良いタイヤを用意してくれたので、ここに来るまで心配していたほどには乗りづらくはなかったですね。

 Q1ではツギオさんが素晴らしい走りでQ1を突破すると同時に、Q2に向けてクルマに関してのインフォメーションを出してくれました。それを踏まえてQ2に向けてエンジニアと相談して、少しセッティングを修正しました。おかげで予選はうまくまとめることができました。

 ただ、大事なのはやはり決勝レースです。空力パッケージが変わってダウンフォースが減った仕様で1スティント分の距離を走ったデータはどのチームも持っていません。ただ、僕たちはタイヤテストのときに少し短いけれどもロングランを行っていて、その分では少しだけ優位です。それに、タイヤマネージメントする上でも有利なポジションからスタートできるので、明日こそはまともなレースをやって、トラブルを出すことなく走り切って、絶対に優勝したいですね」

OMB47375.JPG

本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「クルマもタイヤも状態は良かったです。想定より温度域が高かったけどグリップは最後まで安定していましたね。今回は富士仕様の空力パッケージで走ったのですが、ダウンフォースが少ない分、クルマの動きも少しデリケートだったというところはあります。それでもバランスは取れていましたから、特に神経質になることもなかったですね。

 予選で使ったタイヤは明日の決勝レースを見越してチョイスしたもの。マネージメントする必要はもちろんありますが、決勝ではライバルに対してアドバンテージがあると思っていますし、良い結果を出せる自信があります」

IMG_9085.JPG

柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「朝の公式練習でいろんなことを探っていました。そしてQ1では満足できるレベルになりました。ただ、クルマの仕上がりとしては『やった!』という感じはなくて、タイヤの力に助けられたという感じです。いずれにせよ、フロントロウに並ぶことができて良かったです。公式練習で少しロングランもトライしたのですが、タイヤのグリップの落ちが少なくて、これもレースに向けて自信になっています。同じ道具を使うだけにNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは刺激になっています。ただし、レースではとにかくちゃんと走り切りたいですね。ここまでの2戦ではそれができていなかったから。ちゃんと走り切ったら、結果は自ずとついてくる。そう思っています」

OMB46856.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「朝の公式練習も午後の公式予選も、アタックラップの最中に赤旗が出てしまい、アタックを止めることになってしまいました。だから(赤旗の)タイミングがすべて。そう言ってしまえば終わりですが、手応えがあっただけに悔しいです。良いクルマやタイヤを用意してもらったのに、それを結果に結びつけることができなかった。チームにもミシュランさんにも申し訳ない気持ちです。でも今は気持ちを切り替えようと思います。明日の決勝レースではクルマとタイヤのパフォーマンスを引き出して、1台でも多くのマシンをパスして上位でレースを終えたいです」

OMB46919.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今日の予選の結果は良かったと思います。ただし、明日の決勝レースのことを決して楽観してはいません。このオートポリスでは4月にタイヤテストを行っていますが、その後に車両規定の一部に修正が加えられて、GT500クラスの全車がダウンフォースが減少した空力仕様となりました。各車その仕様で走るのが今朝の公式練習が初めてでしたので、従来のデータと突き合わせながら、そこからいち早く組み立てられるかどうかが勝負でした。

 今回持ち込んだタイヤが狙いどおりかどうか、この新しい空力仕様や今回のコンディションに本当にマッチしているのかどうかは、正直見えていません。ただ、それはどのタイヤメーカーにとっても同じです。ロングランについても、タイム的には悪くないですが、まだレースに向けての組み立ての最中で、本当にレースラップで持つかどうかはまだ誰にも分からない状態です。第1スティントが予想しているラップタイムの推移で終えるところを確認するまでは安心することができない。それが我々タイヤメーカーとしての現在の偽らざる心境です」