【GT500】

2014年8月31日

注目の鈴鹿1000kmの公式予選はMOTUL AUTECH GT-Rが3位、S Road MOLA GT-Rが4位に

2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月30日(土) 公式予選
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

OMB42852.JPG

SUPER GTのシリーズ争いの行方を大きく左右する重要な一戦である第6戦鈴鹿1000kmの公式予選がドライコンディションのもとで開催され、まず行われたQ1(予選第1セッション)では本山 哲がアタックを担当したMOLAのNo.46 S Road MOLA GT-Rがトップタイムをマーク。同車を筆頭にGT500クラスの3台のミシュランタイヤ装着車がこのセッションにおけるトップ3を占める結果となりました。続くQ2(予選第2セッション)では、ロニー・クインタレッリが乗り込んだNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが84kg相当のウェイトハンデをものともせず予選3位を獲得。予選4位にはNo.46 S Road MOLA GT-Rが続き、前回の第5戦富士を制したウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTは予選7位につけました。

■公式練習

前日までのぐずついた天候とは打って変わって、8月30日(土)の鈴鹿サーキットは朝から晴天に恵まれました。午前9時40分から始まった公式練習も夏の日差しのもとで2時間にわたって行われ、セッション開始の気温は27℃で路面温度は32℃。それがセッション終了時になると、気温は29℃と大きく変わりませんでしたが、路面温度は47℃にまで上昇していました。

084Q1397.JPG

この公式練習ではミシュランタイヤを履くNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rのスピードが大いに注目を集めることになりました。84㎏(*)とGT500クラスで2番目に重いウェイトハンデを課されているにもかかわらず、ロニー・クインタレッリのドライブによって従来のコースレコード1分49秒842を軽く破る1分49秒234をいう素晴らしいタイムをマークしたのです。

※注:今シーズンのGT500クラスのレギュレーションでは、ハンデウェイトが50㎏を超える場合、その50㎏分は燃料流量リストリクターを用いて調整し、残り分は実際のウェイトとして搭載することになっています。

OMB40959.JPG

また、前戦の富士で今季初優勝を飾ったNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTもウェイトハンデ68㎏ながら、山本尚貴の手によりやはり1分50秒の壁を破る1分49秒962を記録してこのセッションの4位につけました。

OMB41068.JPG

一方、ウェイトハンデ50㎏のNo.46 S Road MOLA GT-Rは本山 哲が1分50秒612という自己ベストを刻んでこのセッションは10位に。ただし、同車はセッション途中でエンジントラブルに見舞われ、その影響で柳田真孝は2周しかこなすことができませんでした。

■Q1(予選第1セッション)

GT300クラスのQ1で赤旗中断があったため、続いて行われたGT500クラスのQ1は予定から7分遅れの午後2時22分から開始。気温は28℃、路面温度は39℃というコンディションでした。

084Q2112.JPG

出走15台のうち上位8台までが突破できるこのセッションですが、3台のミシュランタイヤ装着車がトップ3を独占する結果となりました。その中でもトップタイムを記録したのは、朝の公式練習はエンジントラブルに見舞われて予定どおりには走行できずに終わっていたNo.46 S Road MOLA GT-Rでした。トラブルの連続によって溜まった鬱憤を晴らすかのような見事なタイムアタックを本山 哲が決め、公式練習でNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが記録したばかりの新コースレコードを大幅に短縮する1分48秒629を叩き出しました。

このNo.46 S Road MOLA GT-Rに続く2位となったのは同じく日産GT-R&ミシュランタイヤというパッケージのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rでした。松田次生のアタックにより1分48秒863をマーク。そして山本尚貴がこのセッションを担当したNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTが1分49秒002という自己ベストを刻んで3位に。ミシュラン・パートナーチームの3台がQ1の1位から3位までを占め、『ミシュラン強し』の印象を強く与える結果となりました。

■Q2(予選第2セッション)

GT300クラスではQ1に続いてQ2でも赤旗中断があり、GT500クラスのQ2は当初の予定より15分遅れの午後3時15分からの開始となりました。12分間のQ2ですが、その序盤は各車様子見を決め込むのが通例で、ミシュラン・パートナーチームの3台が動き出したのもセッション開始から3分が経過したところでした。

OMB41964.JPG

このセッションでミシュラン勢の最上位となったのはロニー・クインタレッリが乗り込んだNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rでした。アタックラップにおいてデグナーカーブでコース外に膨らむ局面もありましたが、その次の周回のアタックで1分48秒979をマーク。1分48秒633を刻んだNo.36 レクサスRC Fと1分48秒846を記録したNo.17 ホンダNSX CONCEPT-GTには届きませんでしたが、今シーズン3度目となる予選3位を獲得しました。なお、同車は第2戦富士以降は予選2列目から後ろに下がったことがなく、84㎏のウェイトハンデを課されてもスピードを鈍らせないNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rのパフォーマンスに改めて注目が集まりました。

OMB41577.JPG

同じく日産GT-R&ミシュランタイヤというパッケージのNo.46 S Road MOLA GT-Rも見事なパフォーマンスを披露しました。このセッションでは柳田真孝が同車をドライブ。エンジントラブルによって朝の公式練習では2周しか走れていなかった柳田にとってはぶっつけ本番のようなタイムアタックでしたが、それでも1分49秒353をマークして予選4位に食い込み実力を証明しました。

OMB42597.JPG

ミシュランタイヤを履く唯一のホンダNSX CONCEPT-GTであるNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTはこのセッションではフレデリック・マコヴィッキィがアタックを担当。ベストタイムは1分49秒571と、No.46 S Road MOLA GT-Rに対して0.218秒遅れにすぎませんでしたが、それでもこの2台の間にはさらに2台の車両が割って入り、前戦優勝のNo.18 NSX CONCEPT-GTは予選7位から決勝レースに臨むことになりました。

なお、Q1でNo.46 S Road MOLA GT-Rに乗る本山 哲が叩き出したベストタイム1分48秒629はQ2では更新されず、本山のタイムが新予選ラップレコードとして記録されることになりました。

OMB43068.JPG

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「ロニーさんが朝の公式練習でコースレコードを更新するトップタイムをマークし、僕もQ1ではタイヤを温存するために最少限のアタックで済ませながらも2番手を獲れ、タイム的にも1分48秒台に入れてコースレコードを更新することができました。Q2はロニーさんが攻めすぎたのかな? デグナーで少し跳ねてしまったみたいですね。それでも次の周にちゃんとタイムを出しているので、クルマもタイヤも不安はありません」

OMB43587.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「クルマのフィーリングは朝から良かったです。Q1でもフィーリングが良くて、最初のアタックラップではS字からダンロップコーナーまでの区間をとても速く走り抜けられたんです。それで、そのままのスピードでデグナーカーブにアプローチしていったのですが、速すぎました......。ライン的には問題なかったんですが、スピードが高すぎたからなのか、ちょっとボトミングしてしまって、タイムをロスしてしまいました。でも、クルマもタイヤもそのパフォーマンスの高さは証明できているので、明日の決勝レースは頑張ります」

OMB43133.JPG

本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「午前中にはトラブルもあって少しドタバタしましたが、チームが頑張って予選までには完璧に修復してくれました。そして僕が走ったQ1ではコースレコードを更新するトップタイムをマークできて、ドライバーとしてはとても気持ちが良かったです。

 実は自分のレースキャリアの中で、この鈴鹿1000kmだけは勝ったことがないんです。今年は最大のチャンスと思っているので、明日は絶対に優勝したいですね」

OMB43537.JPG

柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「朝の公式練習はエンジントラブルもあって、僕自身は1周もまともに計測周回をこなせていないんです。だからQ1は確実に突破しようということでそこは本山さんが走る作戦になりました。僕は公式練習でまともに走れていなかったので、担当したQ2でも目一杯は攻めていませんでしたし、4周目にベストのアタックを行うつもりだったのが3周しかアタックできずに終わってしまいました。そういったこともあるので、今回の予選4位という結果は仕方ないというか、それでもこのポジションに入れるくらいクルマの調子は良かったということですね。トラブルに関しては完全に修復できているので、明日の決勝レースに向けては何も心配することはありません」

OMB43397.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「クルマもタイヤも調子が良かったです。僕らもウェイトハンデが68㎏になって燃料リストリクターをつけるグループに入りましたけど、それを考えれば十分なパフォーマンスを見せることができたと思います。明日の決勝レースは暑い中での長丁場ですが、ミシュランタイヤのパフォーマンスならハイペースでコンスタントに走れることは分かっているので、明日はこの位置から追い上げていきます」

OMB43468.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「僕が走ったQ2ではなぜかQ1ほどのパフォーマンスを出せませんでしたが、レース用に選んだタイヤを履いていましたから、明日の決勝でのパフォーマンスは問題ないと思います。朝の公式練習では連続周回もこなして諸々の確認もできています。明日もし雨が降ってウェットコンディションになったとしても、前回の富士でミシュランのレインタイヤは見事なパフォーマンスを発揮してくれていますし、何も心配することはありません。この鈴鹿1000kmでは去年優勝しているので、今年も勝ってぜひとも2連覇したいですね」

OMB43163.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今回は1000kmという長いレースですから、我々は予選よりも決勝に重きを置いたタイヤ選択を行いました。ポールポジションを獲れるならもちろんそれに越したことはありませんが、長丁場なのでそこにはあまり固執していません。それでも、我々のパートナーチームの3台すべてがすごく良い形でQ1を通過したことは、明日のレースに向けての良い材料だと思っています。また、46号車(No.46 S Road MOLA GT-R)は午前中にトラブルが出て、プランどおりにはセッティングを詰められずに予選に臨むことになりましたが、それでもあそこまで行ったのは見事でした。クルマの完成度、チームの底力、そしてドライバーの速さを見せてくれたと思います」