2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月31日(日) 決勝レース
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km
入場者数:予選日 25,000人/決勝日 36,000人(主催者発表)
WT2_4833.JPG

通常のシリーズ戦の3倍を超えるレース距離で争われたSUPER GT第6戦鈴鹿1000kmの決勝レースが開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORTは同クラスのセカンドロウからスタートしましたが、見込んでいたほどのペースで走行することができず苦しい戦いを余儀なくされました。それでも佐々木孝太と井口卓人のコンビは、何台もの車両がトラブルやアクシデントに見舞われて戦列を去っていった長丁場のレースを粘り強く戦い抜き、最終的には9位でフィニッシュ。貴重な3ポイントを獲得しました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月31日(日) 決勝レース
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km
入場者数:予選日25,000人/決勝日 36,000人(主催者発表)

1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で43回目の開催となった伝統の「鈴鹿1000km」の決勝レースが行われ、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がGT500クラスで2番目に重い84kg相当のウェイトハンデを抱えながらも2位でフィニッシュ。ドライバーズポイントランキングで上に立っていた2台が今回そろって少ないポイントしか獲得できずに終わったこともあり、松田とクインタレッリのコンビは一躍ランキングトップに浮上しました。

また、3位にはウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が入り、ミシュラン勢が表彰台の3つのスポットのうち2つを占めて地力の高さを示しました。

なお、MOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は4位につけて上位進出をうかがっていたレース序盤にエンジントラブルに見舞われ、好走が期待されていた今大会でしたが失意の一戦となりました。

2014R6_F_01.JPG

  • 1