【GT500】

2014年9月 1日

伝統の鈴鹿1000kmでMOTUL AUTECH GT-Rが2位入賞を果たしランキングトップに浮上! 3位にウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTが入り、ミシュラン勢2台が表彰台に!

2014 AUTOBACS SUPER GT第6戦

第43回 インターナショナル 鈴鹿1000km

8月31日(日) 決勝レース
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km
入場者数:予選日25,000人/決勝日 36,000人(主催者発表)

1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で43回目の開催となった伝統の「鈴鹿1000km」の決勝レースが行われ、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)がGT500クラスで2番目に重い84kg相当のウェイトハンデを抱えながらも2位でフィニッシュ。ドライバーズポイントランキングで上に立っていた2台が今回そろって少ないポイントしか獲得できずに終わったこともあり、松田とクインタレッリのコンビは一躍ランキングトップに浮上しました。

また、3位にはウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が入り、ミシュラン勢が表彰台の3つのスポットのうち2つを占めて地力の高さを示しました。

なお、MOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は4位につけて上位進出をうかがっていたレース序盤にエンジントラブルに見舞われ、好走が期待されていた今大会でしたが失意の一戦となりました。

2014R6_F_01.JPG

■決勝レース

レース距離1000km、鈴鹿サーキットを173周して争われる今大会。レース時間は5時間半強の長丁場となります。朝方は曇りがちだった天候は、やがて晴天に。ただし、スタート時刻である12時30分の時点での気温は29℃、路面温度は40℃と、例年よりやや涼しいコンディションとなりました。

今大会では三重県警察の協力のもと、2台の白バイと2台のパトロールカーがサーキット上で全39台のSUPER GT車両を先導して走行するパレードラップが特別に行われました。そして警察車両がピットロードへと退くと、SUPER GT車両はそのまま通常のフォーメーションラップを1周こなし、シグナルがグリーンに変わって1000㎞レースがスタート。その直後のダンロップカーブでNo.100 ホンダNSX CONCEPT-GTが他車との接触によって弾き出される格好でコースアウトを喫するという波乱の幕開けとなりました。

2014R6_F_02.JPG

GT500クラスに出場するミシュラン・パートナーチームの3台はいずれも悪くないスタートを切り、ロニー・クインタレッリが第1スティントを担当したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは3位、本山 哲が乗り込んだNo.46 S Road MOLA GT-Rは4位と予選順位と同じポジションでオープニングラップを終了。山本尚貴がスタートドライバーを務めたNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTはひとつ順位を上げて6位で最初のコントロールラインを通過しましたが、翌周にNo.8 ホンダNSX CONCEPT-GTにかわされて元の順位に後退。以後、各車はしばらく各々のポジションをキープして走り続けました。

次なる波乱は14周目に起こりました。順調に4位を走行していたNo.46 S Road MOLA GT-Rが突如失速。エンジントラブルでした。自力でピットに駆け込み、応急措置を施してピットアウトしようとしましたが、そこで白煙を吹き出したため再びピットへ戻されることに。結局、その場では修理不能な状況で、No.46 GT-Rは再びピットを離れることなくリタイアを余儀なくされました。

2014R6_F_03.JPG

2台となったミシュラン勢ですが、1回目のピットストップを先に行ったのはNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTでした。そのタイミングは25周終了時点とやや早め。実は同車はコース上の異物を踏んだからか何かの原因によりタイヤのスローパンクチャーに見舞われていたのでした。それに対して、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは1回目のピットストップを33周終了時に実施。同車はこのレースに4回ストップ・5スティント戦略で臨んでいました。

上位陣が1回目のピットストップを終えたところでのミシュラン勢の順位を見ると、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは3位をキープしていた一方、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTは4位にまで浮上してきていました。ただし、No.18 NSX CONCEPT-GTは5回ストップ・6スティント戦略を採っており、レースのちょうど半分となる500㎞を走破した87周終了時点での同車はすでに3回のピットストップを行った状態となり、そのためポジションは8位へと下げていました。もっとも、最初のスティントでスローパンクチャーに見舞われた以外はNo.18 NSX CONCEPT-GTは好調な走りを続けており、上位進出が十分に期待できる状況でした。

2014R6_F_04.JPG

他方、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは序盤からずっと3位を走行してきました。ところが、2位を走っていたNo.17 ホンダNSX CONCEPT-GTが87周目に130Rでコースアウトを喫し、車両にダメージを負ってリタイア。これによりNo.23 GT-Rは2位に浮上しました。そして同車は104周終了時に3度目のピットストップを実施。その後、トップを行くNo.36 レクサスRC Fに追いつきました。

このとき松田次生がドライブしていたNo.23 GT-Rは、No.36 RC Fが積む44kgの倍近い84kg相当のウェイトハンデを抱えながらも相手を追い回すスピードを披露しました。ただし、相手はNo.23 GT-Rよりピットストップ回数が1回多く、その分、ラップタイムのアベレージは高いことから、やがてNo.36 RC Fはリードを拡大。No.23 GT-Rは単独の2位を走る状態となっていきました。

No.23 MOTUL AUTECH GT-Rは140終了時点で最後となる4回目のピットストップを行いました。同車の最終スティントを担当したロニー・クインタレッリはレース終盤の荒れたコースコンディションの中で全車の中で最も速いペースで周回を重ね、同車の今大会におけるベストラップとなる1分52秒374をこの局面で叩き出しました。トップを行くNo.36 レクサスRC Fとの差はすでに大きくついていたため順位が変わることはありませんでしたが、No.23 GT-Rは2戦連続となる2位でフィニッシュ。前戦終了時点でのランキングトップだったNo.37 レクサスRC Fは今回7位、ランキング2位だったNo.12 日産GT-Rは10位に終わったことから、松田次生とロニー・クインタレッリのコンビはドライバーズポイントランキングでトップに躍り出ることとなりました。

2014R6_F_05.JPG

一方、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTは145周を終えたところで最後となる5回目のピットストップを行います。ショートスティント戦略に切り替えて巻き返しを成功させた同車は、GT500クラスの大半がすべてのルーティンストップを終えた段階で4位を走行。そして158周目、3位を走っていたNo.8 ホンダNSX CONCEPT-GTが燃料補給のためにピットへ滑り込んでいったため、フレデリック・マコヴィッキィが最後のスティントを担当したNo.18 NSX CONCEPT-GTはついに表彰台圏内にまで浮上。その後、ピットアウトしたNo.8 NSX CONCEPT-GTが追撃してきましたが、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTは68kg相当のウェイトハンデを抱えながらハンデ8kgのNo.8 NSX CONCEPT-GTを逆に引き離してみせ、3位を守り切ってフィニッシュしました。

2014R6_F_06.JPG

結局、前戦の富士で表彰台に上ったミシュラン・パートナーチームの2台、No.23 MOTUL AUTECH GT-RとNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTの計4人のドライバーすべてがこの鈴鹿でも表彰台登壇を果たす結果となりました。

2014R6_F_07.JPG

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「今回はウェイトハンデが重かったし、新規定のGT500車両で1000kmを走るのも初めてだったので不安な部分もありましたが、チームやミシュランが"壊れない"クルマやタイヤを用意してくれて、それが結果につながりました。予選からクルマの調子が良かったので、優勝できなくて悔しい気持ちもありますが、2位に入賞できたのは良かったです。

 次戦のタイは初開催で未知数だらけで、しかも僕らはGT500の中でウェイトハンデが一番重い状態で戦うことになりますが、今回のようにみんながきっちり仕事をすればポイントも獲れると思います。ロニーさんやチームのみんな、そしてミシュランと力を合わせてチャンピオンを勝ち獲りたいですね」

2014R6_F_08.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「この週末はトラブルがひとつもありませんでした。壊れないクルマ造りができているということで、チームやミシュランに感謝したいですね。2位という結果は悪くありません。ただ、優勝できなかったわけですから、やはり完璧じゃない部分があったということだとも思います。全体的にもう少しレベルアップして、残り2戦はどっちも勝てるよう、チームやミシュランと力を合わせて頑張ります」

2014R6_F_09.JPG

山本尚貴 (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「当初は4回ストップ・5スティントの作戦だったんですが、僕が乗った最初のスティントでパンクしてしまって......。スローパンクチャーで、だんだんバランスが崩れていったんです。でも、そのままピットに入っちゃうと最初の戦略を変えなければならなくなるので、どうしようか悩んだんですが、チームはリスクを避けてピットインすることを選択してくれました。そこからチームは新たな戦略を立て、僕とフレッド(フレデリック・マコヴィッキィ)はその戦略に忠実に今日のレースを走りました。ですから、今日の3位入賞はチームの総合力で獲ったものだと思います。もちろん、それができるようにマシンやタイヤのパフォーマンスを引き上げてくれたホンダやミシュランにも感謝しています」

2014R6_F_10.JPG

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「前回の富士で優勝したことによって今回はウェイトハンデが重くなっていましたが、レースが長丁場だからこそミスなく粘り強く戦うことによって良い結果に結び付けていくことができるとも思っていました。そして実際に僕もナオキさんもチームもノーミスの戦いをしました。それが3位入賞という結果につながったんだと思っています。

 次戦のタイですが、SUPER GTを戦う全員にとって初めてのレースになります。今回のように良いレースをすることでナオキさんのチャンピオン争いをサポートできればいいですね。もちろんタイでも優勝を狙っていきます!」

2014R6_F_11.JPG

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「NISMOチームの今回のレースにおける最大の狙いは、ポイントランキングで上位につけていた37号車(No.37 レクサスRC F)と12号車(No.12 日産GT-R)の上に行くことで、それを踏まえての4ストップ戦略でした。23号車(No.23 MOTUL AUTECH GT-R)の重いウェイトハンデを考慮しても、非常に良い、優勝に値するレース内容と結果だったと思います。

 18号車(No.18 ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT)は当初4ストップ戦略でしたが、最初のスティントでのスローパンクチャーのため5ストップを余儀無くされましたが、同じ車両で同じく5ストップ戦略で来た8号車(No.8 ホンダNSX CONCEPT-GT)より厳しいウェイトハンデを課せられているにもかかわらず、8号車より速いタイムで走行していました。違いはタイヤで、我々のパッケージの速さを見せられたと思っています。

 結局、今回は優勝はならず、2位と3位でしたが、日産GT-R勢とホンダNSX CONCEPT-GT勢のそれぞれの最上位を取ることができました。我々としては、チームの戦略に沿ったタイヤの供給ができたと評価しています。

 タイヤ選択についてですが、23号車と46号車(No.46 S Road MOLA GT-R)の日産GT-R勢はミディアムコンパウンドでスタートし、23号車はずっと同じミディアムタイヤで走行しました。18号車はハードタイヤでスタートして、後半の3スティントをミディアムに変えて走りました。

 6月27〜28日にここ鈴鹿で行われた公式テストが今日くらいの温度だったのですが、その際の結果は非常に良いものでした。『でも、鈴鹿1000kmのレース本番のときはもっと暑くなるだろうから、その準備をしなければ』とチームとは話していたのですが、実際には今日のレースはテストのときと同じようなコンディションになりました。おかげで、と言うべきか、テストのときのポジティブなパフォーマンスの再現ができたと思っています。ただ、もっと暑いコンディションになってくれていれば、それこそ我々の得意とするところなので、タイヤの優位性はさらに発揮されただろうとも思っています」