【GT500】

2014年10月 4日

タイの新設サーキット初走行でミシュランタイヤ装着車がトップタイム&3番手タイムを記録!

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月3日(金) 練習走行
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
OM313919.JPG

SUPER GTで今シーズン唯一の海外ラウンドとなる第7戦タイのレースウィークがスタート。SUPER GT初開催のサーキットということで今回特別に2時間の練習走行が10月3日(金)に行われました。すべての出場ドライバーにとって同サーキットを走るのはこれが初めてのことでしたが、このセッションにおいてNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)がトップタイムをマーク。No.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が3番手タイムを記録し、ミシュランタイヤを履く2台の日産GT-Rが明らかな速さを印象づける結果となりました。

OM312945.JPG

今大会が行われるチャン・インターナショナル・サーキットは、タイの東北部、カンボジアと国境を接するブリラム県に位置しています。国際自動車連盟(FIA)の国際サーキットに対する最高レベルの認定を受けており、全長は4.554㎞、コーナー数12で、平坦な土地に作られた高低差がとても小さいコースです。

なお、当初は現地のプロ・サッカーチームの名を冠した「ブリラム・ユナイテッド・インターナショナル・サーキット」をその名称としていましたが、先頃変更があり、現在のサーキット名となりました。

■練習走行

今回のSUPER GTは完成したばかりのこのサーキットの初めての開催レース。今大会の出場ドライバー全員にとってもこのサーキットを走るのは当然これが初めてのことです。そこで今回は、SUPER GTの通常のラウンドでは行われていないレースウィーク金曜日における練習走行が実施されました。

OMB44808.JPG

走行を前に多くのドライバーは徒歩でコースチェックを行っていました。そして午後3時から2時間の練習走行が開催されました。天候は晴れで、開始時の気温は34℃、路面温度は54℃という熱さ。午後5時の終了時でも気温は変わらず34℃ありましたが、路面温度は45℃にまで下がっていました。

このチャン・インターナショナル・サーキット初の走行セッションは日産GT-R勢がトップ4を独占する結果となりました。その中でも最速タイムを記録したのはミシュランタイヤを履くNo.46 S Road MOLA GT-R(ウェイトハンデ25㎏)で、本山 哲が刻んだ1分26秒298がベストでした。

OM314068.JPG

また、前戦の鈴鹿1000kmで2位入賞を果たしてランキングトップに浮上したNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが、GT500クラスで最も重い60㎏(*)のウェイトハンデを課せられているにもかかわらず、ロニー・クインタレッリの手により1分26秒824と3番手となるタイムをマークしました。

※注:今大会は最終戦のひとつ前のレースであることから、レギュレーションにより各車は「前戦までの獲得ポイント×1kg」という計算で導き出されたウェイトを搭載します。

また、今シーズンのGT500クラスのレギュレーションでは、ハンデウェイトが50㎏を超える場合、その50㎏分は燃料流量リストリクターを用いて調整し、残り分は実際のウェイトとして搭載することになっています。

OM315658.JPG

もう1台のミシュランタイヤ装着車で、第5戦富士の優勝車両でもあるNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(ウェイトハンデ47㎏)は山本尚貴がマークした1分27秒353が自己ベストで、7位につけて金曜日の練習走行を終えました。

OMB45512.JPG

本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「フラットで走りやすい。それがこのコースの第一印象ですね。路面のグリップも予想以上にあって、ドライバーとして頑張り甲斐のあるサーキットだと思います。ただ、コース幅が意外と狭いので、決勝レースでは追い越しが結構難しくなるんじゃないかなと......。とにかく、全員が初めて走るコースで、その最初のセッションでトップタイムをマークできたのは気分が良いです。日曜日の決勝に向けて良い滑り出しとなりました」

OMB45499.JPG

柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「僕も『フラットで走りやすいサーキット』という印象を持ちました。まだ走り始めたばかりだし、今日はどのチームも交替を繰り返してドライバーのコースの習得を進めていたという状況でしたから、路面が出来てくるのも明日になるでしょうし、その路面の出来上がり具合に応じてドライビングをアジャストしていく必要があると思っています。本当に走り始めたばかりなので手放しで喜んでいるわけにはいきませんが、それでも良い滑り出しになったので気分は良いですね」

OMB45509.JPG

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「路面がフラットなだけでなく縁石も低いから、安心して乗り上げられる。攻め甲斐のある、攻めてみたくなるコースですね。ただ、第3コーナーまではイメージどおりだったんですが、そこから先は意外にテクニカルで、コース幅も広くないから、抜きづらい感じですね。だから、第1コーナーの先にある2本目のストレートエンドのヘアピンへのブレーキングで抜いていくしかないのかな、と思っています。それもトップスピードが伸びていれば、の話ですね。僕たちはリストリクターが絞られているので、そこのところが正直厳しい。だから明日の予選でなるべく上位につけて、決勝ではひとつでもポジションを上げて表彰台を狙う。それができればチャンピオンも見えてくるので、是非とも頑張りたいですね!」

OMB1.jpg

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「コースを走るのは初めてでしたが、SUPER GTを統括するGTアソシエーションからオンボード映像をもらっていて、それを見て走りのイメージを組み立ててここに来ました。でも実際に走ってみると、思っていた以上にコーナーが曲がり込んでいたり、特にコース後半部分のコース幅が狭かったりと予想とは違っていたところがあって、個人的には『これは結構難しいコースだな』とまずは感じましたね。でも、それも走っていくうちにすぐに慣れてきました。ある程度の連続周回をこなしても悪くなかったので、出来上がっていく路面にいかに合わせ込めるか、というところをうまくできれば表彰台も見えてくると思います」

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「初めてこのコースを走ったわけですが、面白かったですね。クルマもタイヤもバランスが良くて、手応えを感じています。今日のセッションでは7番手でしたが、まだまだ走り始めなので、明日はもっともっとタイムアップできると思っています。クルマにもタイヤにも十分なパフォーマンスがあるので、明日は良くなっていく路面に合わせてタイムを上げていけるよう頑張ります」

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「事前に予測を立てて、その上で対応できるレンジを努めて広めにして用意してきたものが外れてはいなかったな、というのが今日の印象です。今日走らせてみたところ、想定どおりのことが起こった、というところですね。

 ただ、まだデータを取れてないので、実際にタイヤにかかっている負荷がどのくらいなのか分かっていませんし、今日の2時間だけの走行とはいえ路面もどんどん変化してきていますので、タイヤにとってここがどういうコースなのかをお話しするにはまだ早い段階です。ドライバーもラインを探しながら走っている状況ですからね。

 レイアウト的にはアンダーステアが誘発されやすいコースなので、そこは気をつけなければというところがあります。ですが、それがどのくらいのレベルなのかはまだ分かりません。今日走らせてみると意外とトラクションをかけながら回っていくコーナーがあったので、トラクションをしっかり出していくこともかなり大事だと分かりました。

 いずれにせよ、タイヤが本当に厳しい条件にさらされていくのはこれからです。『ここだ』と決めて進んでいくにはまだ早い。ですから、ラップタイムは明日以降、まだまだ上がっていくと思います」