【GT500】

2014年10月 6日

S Road MOLA GT-R、トップ快走もトラブルで無念のリタイアに。ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTがミシュラン勢最上位の5位でフィニッシュ

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月5日(日) 決勝レース
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
入場者数:予選日42,597人/決勝日 75,168人(主催者発表)

今シーズンのSUPER GTで唯一の海外開催イベントとなる第7戦タイの決勝レースが行われ、ミシュランタイヤを履くNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)はポールポジションからスタートしてトップを走り続けたものの、レース中盤に不測のトラブルに見舞われて無念のリタイアとなりました。

また、ポイントリーダーとして今大会に臨み、GT500クラスの中で最も重いウェイトハンデを課せられながらも予選3位を奪ったNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、レース前半は表彰台を狙える好位置を走り続けていましたが、GT300クラスの車両との接触とそれによるドライブスルーペナルティを受けたことから大きく後退。10位でのフィニッシュという不本意な結果となりました。

一方、前日の予選では9位に終わり、5列目のグリッドからこの決勝をスタートしたNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)は着実なレース運びでポジションを上げ、GT500クラスにおけるミシュラン勢最上位となる5位でのフィニッシュを果たしました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0001.jpg

これまでSUPER GTの海外ラウンドはマレーシアのセパン・サーキットで行われてきましたが、今年は初めてタイでの開催に。しかも舞台のチャン・インターナショナル・サーキット(※当初は「ブリラム・ユナイテッド・インターナショナル・サーキット」と称していましたが、先頃変更されて現在の名称となりました)は完成したばかりで、今回のSUPER GTが初レース。未知数のものが多い中での開催でしたが、今回特別に2時間の練習走行が行われた金曜日の段階ですでに1万3000人強が来場。そして予選日には4万2000人強、決勝日には7万5000人を超える非常に大勢の観客がサーキットを訪れました。なお、これらの数字はSUPER GT史上最多となるものでした。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0002.jpg

■決勝レース

レース距離300km/66周で争われる決勝のスタート時刻は午後3時ちょうど。雨の可能性もありましたが実際には晴天が続き、気温は32℃、路面温度は41℃と、前日までと比べて暑さが少し和らいだ状態でした。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0003.jpg

ローリングラップを経てシグナルがグリーンに変わると、前日の予選でポールポジションを獲得し、GT500車両の集団の先頭に位置していたNo.46 S Road MOLA GT-Rが鋭くダッシュ。同車の第1スティントを担当したのは本山 哲で、意欲的なドライビングで早くも後続を引き離しにかかりました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0004.jpg

ロニー・クインタレッリが乗り込んだNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは予選順位と同じ3位をキープしてレースを開始しましたが、その背後にはNo.8 ホンダNSX CONCEPT-GTが迫ってきました。GT500クラスで最も重い60㎏のウェイトハンデを課せられ、そのうちの50kg分を燃料流量リストリクターで調整していてパワーを絞られているNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rに対して、No.8 NSX CONCEPT-GTの搭載ウェイトは14kgと軽く、4周目には両車の順位が逆転。ところがその翌周にはNo.8 ホンダNSX CONCEPT-GTがコースアウトを喫し、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rが3位を奪い返しました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0005.jpg

一方、金曜日の練習走行、そして土曜日の予選とトップタイムをマークしてきた本山が駆るNo.46 S Road MOLA GT-Rは快調に飛ばしてトップを走り続け、これに食い下がることができたのはミハエル・クルムが乗るNo.24 日産GT-Rだけでした。2台は後続を置き去りにしながらトップ争いを展開。両車の間隔は広がったり縮まったりすることを繰り返しましたが、周回数が25周を過ぎたあたりから1秒差を切る状態となりました。ところが、31周目にトラブルがNo.24 日産GT-Rを襲い、同車は突如スローダウン。これでNo.46 S Road MOLA GT-Rの独走状態となりました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0006.jpg

32周をこなしレースの折り返しを迎えたところで、11周目以降は4位を走行してきたNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが真っ先にピットへと向かいました。クインタレッリから松田次生に交替しましたが、車載エアジャッキ用のホースがすぐに抜けないという問題が生じて手痛いタイムロスを喫することに。その翌周には山本尚貴のドライブで序盤のうちにポジションを上げて5位を走っていたNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTもピットに入り、フレデリック・マコヴィッキィが新たに搭乗。そんな彼らをよそに、トップを走り続けるNo.46 S Road MOLA GT-Rはピットストップを37周終了時まで引っ張りました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0007.jpg

GT500クラスの各車がルーティンストップを終えた時点で、トップにはNo.37 レクサスRC Fが立ち、第2スティントを柳田真孝が担当するNo.46 S Road MOLA GT-Rは2位に後退していました。No.37 レクサスRC FとチームメイトのNo.36 レクサスRC Fはタイヤ無交換作戦に討って出てきており、ライバルより大幅に短いピットストップ時間で済ませていたのです。ただし、走行ペースでは新品タイヤに履き替えたNo.46 S Road MOLA GT-Rが上であり、柳田は44周目の第1コーナーでNo.37 レクサスRC Fをかわしてトップを奪還しました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0008.jpg

しかしながら、No.46 S Road MOLA GT-Rは今回もまた悪夢に見舞われることになるのです。48周目の最終コーナー立ち上がりで同車は突如失速、次々に後続車両にかわされる事態となりました。No.46 S Road MOLA GT-Rはスロー走行を続けてかろうじてピットに戻りましたが、短時間での修理は困難なエンジントラブルと分かり、そのままリタイアへと追い込まれてしまいました。

先のピットストップの際、車載エアジャッキ用のホースが抜けないという思いがけない問題によって貴重な時間を失い、松田次生に交替して7位でレース後半を戦い始めることになったNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rにも、さらなる不運が待ち受けていました。39周目、同車はGT300車両と交錯して接触。これによってGT300車両がスピンを喫したことから、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rにはドライブスルーペナルティが科せられたのです。これで同車はさらにポジションを落とすことを余儀なくされてしまいました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0009.jpg

それでもNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは粘り強く走り続け、最終ラップの手前の周回までに7位へと順位を戻してみせました。ところが、最終ラップの第1コーナーでまたも他車と交錯し、今度はNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rがスピン。再スタートは切りましたが10位にまでポジションを落としてのフィニッシュとなりました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0010.jpg

優勝はタイヤ無交換作戦を成功させた1台であるNo.36 レクサスRC Fがさらい、同車をシリーズ全戦でドライブしてきたジェームス・ロシターがドライバーズポイントランキングで単独首位に浮上。ランキングトップで今大会を迎えたNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリと松田次生のふたりは、ロシターとは6点差のランキング3位に後退することに。しかしながらチャンピオン獲得の可能性は十分に残して最終戦ツインリンクもてぎに臨むことになりました。

結局、今大会のGT500クラスでミシュラン勢の最上位となったのはNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTでした。予選では、フィーリングは悪くないもののスピード自体が今ひとつ足りないという状態で9位に留まった同車でしたが、5列目のグリッドからスタートすると序盤のうちに5位にまでポジションを上げることに成功。その後も上位陣と互角のペースで走行を続けました。そしてまったくミスなく300kmレースを戦い抜き、5位でのフィニッシュを果たしました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0011.jpg

これにより、No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GTをシリーズ全戦でドライブしてきている山本尚貴は、今大会を終えてドライバーズポイントランキングでトップに立ったロシターとは14点差のランキング6位に。彼もまたチャンピオン獲得の可能性を持って最終戦に臨みます。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0012.jpg

山本尚貴 (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「僕もフレッド(フレデリック・マコヴィッキィの愛称)もノーミスで走り切ることができたので、力は出し尽くしたと思っています。ペースだって十分に上位で戦えるものでしたし、ライバルに対してパフォーマンスで遅れを取っていたとは思っていません。タイトル獲得の可能性を残してはいますが、最終戦のもてぎではとにかく優勝することを目指して戦いたいと思います」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0013.jpg

フレデリック・マコヴィッキィ (No.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT/ウイダー モデューロ 童夢レーシング)のコメント:

「タフでハードなレースになってしまいました。だから、5位でフィニッシュしてポイントを獲得できたのは良かったと思います。タイヤのパフォーマンスは安定して高いものでしたので、できればもう少し上位で......そうですね、表彰台に上ることができていたら最高でしたが、それは難しかったですね。でも、5位入賞で6ポイントを稼ぐことができ、ナオキさんのタイトル獲得の可能性をつなげることができたのは良かったです」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0014.jpg

松田次生 (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「今日は厳しかったですね。ちょっと焦りも出てGT300のマシンと当たってしまって......。クルマのバランスは良くて、タイヤも良いパフォーマンスでしたから、テクニカルなコース後半のセクター3では特に頑張ることができました。でも、やっぱり燃料リストリクターで絞られていることが響いていました。特に高速のセクター1で。GT300のマシンに引っ掛かったりすると、もうまったく速く走れませんでした。そこが一番厳しかったですね。でも、残るは最終戦のみ。このレースはみんなノーハンデでやり合うことになります。ポイントでは逆転されましたけど、もてぎでは絶対に勝ってシーズンを終えたいですね」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0015.jpg

ロニー・クインタレッリ (No.23 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「燃料リストリクターが効いていてアンダーパワーでしたから、特にGT300のマシンを抜こうとするときなんかが厳しかったですね。ただ、クルマのバランスはすごく良かったです。コーナーで速く走れたから、テクニカルなセクター3で頑張って、僕がドライブした第1スティントでは上位で踏ん張り続けることができました。できるかぎりのことはやりましたし、それは見ていた誰もが感じてくれたんじゃないかなと思います。あとは最終戦だけですから、気持ちを切り替えるしかありません。もてぎでは絶対に優勝する! そう思っています」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0016.jpg

本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「今日のレースでは前半のスティントを担当しましたけど、クルマのパフォーマンスは最高でした。ずっとトップを快走して、そのままマー(柳田真孝の愛称)につなぐことができたから、今日はこのまま勝てそうだな、と......。そう思っていただけに、またリタイアになってしまったことには悔しさもひとしおですけど、でもこれもレース。速さは確認できたのだし、次回こそ結果につなげたいですね。頑張ります」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0017.jpg

柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「僕は2位で後半スティントを走り始めて、37号車(No.37 レクサスRC F)をかわしてトップに立ってからもペースは安定していて、レースをコントロールすることもできていました。だから優勝を確信していたんですが、急にエンジンが吹けなくなって......。そこからはどうすることもできませんでした。エンジンのトラブルだったみたいです。クルマはバランスが良くて、タイヤのパフォーマンスも高かった。エンジンだってトラブルが起きるまでは快調で、本当に優勝が見えていただけに、正直言って心が折れてしまいそうです。前回の鈴鹿で序盤にストップしたときもつらかったんですが、今日はそれ以上に......。でも、もう気持ちを切り替えるしかないですね。最終戦のもてぎでは絶対に優勝するつもりで頑張ります」

MICHELIN_2014_SUPER GT_R07_Thailand_GT500_race_0018.jpg

日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「GT500クラスに出場したミシュラン・パートナーチームの3台はいずれも、我々が持ち込んだタイヤの中で柔らか目のものを選択してレースを走りました。タイヤは十分機能していたと思います。今回はまったく新しいサーキットで、データがない状態でしたので、対応レンジをある程度幅広くして用意してきましたが、問題が出なければ十分優勝を手にすることができる性能を持っていたことが確認できました。(タイヤ無交換作戦のような)トリッキーな戦略を採る必要はまったくなかったと思っています。

 今回はアクシデントでペナルティを受けたり、トラブルで戦線離脱したりしたことで勝利を逃してしまいましたが、これもレースです。タイヤメーカーとしてはできることをすべてやりました。このサーキットの初レースでポールポジションを獲り、レースでも勝てるだけの性能はきちんと提供できたので、技術的には満足しています。ただ、決勝結果に関しては......来年リベンジですね」