2015年SUPER GTシリーズ第2戦 FUJI GT 500km Race 決勝レース

  • ■5月3日(日)
  • ■富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km
  • ■入場者数:予選日 33,500人/決勝日 58,000人(主催者発表)

MICHELIN_2015_SUPER GT_02_Fuji_GT500_race_01.JPG

SUPER GT第2戦の決勝レースが晴天の富士スピードウェイで開催され、ポールポジションからスタートしたミシュランパートナーのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が終始トップを快走。これをブリヂストンタイヤを履くNo.12 日産GT-R GT500が唯一追う形でレースは展開しましたが、ディフェンディングチャンピオンはライバルにつけ入る隙を見せず、最終的には10秒を超えるリードを築き上げての独走状態でフィニッシュし今季初優勝を飾りました。

これによりNo.1 MOTUL AUTECH GT-R&ミシュランタイヤのパッケージは、公式練習、Q1(予選第1セッション)、Q2(予選第2セッション)、決勝日朝のフリー走行、そして決勝レースというこの週末のすべての走行セッションにおいてトップの座をさらい、2日間で9万人を超える大観衆を動員した富士のゴールデンウィーク決戦を完全制圧。ミシュランのスタッフ一同は、4月29日に89歳で逝去したミシュラングループの元最高責任者フランソワ・ミシュランにこの勝利を捧げました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_02_Fuji_GT500_race_02.JPG

2015年SUPER GTシリーズ第2戦 FUJI GT 500km Race 決勝レース

SUPER GT第2戦の決勝レースが晴天の富士スピードウェイで開催され、ポールポジションからスタートしたミシュランパートナーのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が終始トップを快走。これをブリヂストンタイヤを履くNo.12 日産GT-R GT500が唯一追う形でレースは展開しましたが、ディフェンディングチャンピオンはライバルにつけ入る隙を見せず、最終的には10秒を超えるリードを築き上げての独走状態でフィニッシュし今季初優勝を飾りました。

これによりNo.1 MOTUL AUTECH GT-R&ミシュランタイヤのパッケージは、公式練習、Q1(予選第1セッション)、Q2(予選第2セッション)、決勝日朝のフリー走行、そして決勝レースというこの週末のすべての走行セッションにおいてトップの座をさらい、2日間で9万人を超える大観衆を動員した富士のゴールデンウィーク決戦を完全制圧。ミシュランのスタッフ一同は、4月29日に89歳で逝去したミシュラングループの元最高責任者フランソワ・ミシュランにこの勝利を捧げました。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_02_Fuji_GT500_race_express.JPG

2015年SUPER GTシリーズ第2戦 FUJI GT 500km Race 公式予選

  • ■5月2日(土)
  • ■富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

MICHELIN_2015_SUPER GT_02_Fuji_GT500_qualifying_01.jpgミシュランタイヤを使用して2年連続チャンピオン獲得を目指すNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が快晴に恵まれた第2戦富士の公式予選でライバルを圧倒するパフォーマンスを披露しました。Q1(予選第1セッション)では松田次生のドライブによって1分28秒022という新たなコースレコードを記録し、このセッションをトップで通過。そしてQ2(予選第2セッション)では、他車の多くが1分28秒台前半のタイムに留まる中、ロニー・クインタレッリが2周連続で1分27秒台中盤のラップタイムを叩き出し、1分27秒552という突出した新コースレコードでポールポジションを奪い取りました。

なお、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)はQ1で9位に終わり、8位以上が果たせるQ2進出を惜しくも逃し予選9位となりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_02_Fuji_GT500_qualifying_02.JPG

  • 1