2015年SUPER GTシリーズ開幕戦 OKAYAMA GT 300km RACE 決勝レース

  • ■4月5日(日)
  • ■岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
  • ■入場者数:17,000人(主催者発表)

  

日本の4輪モータースポーツシリーズで最も高い人気を誇るSUPER GT。その2015年シーズン開幕戦の決勝レースが行われました。

OMB47441.JPGトップカテゴリーのGT500クラスに出場するミシュラン・パートナーチームの2台はレース序盤はともに素晴らしいペースで走行。新たなシーズンに入ってもミシュランタイヤが高い性能を有していることを証明しました。予選4位からスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は次々にオーバーテイクを決めてトップに浮上し、予選は10位だったNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)も一時は3位にまで上がりました。

しかしながら、その後ミシュラン勢には不運が続きました。No.1 MOTUL AUTECH GT-Rはトップ走行中にブレーキトラブルに見舞われ、ピットでの修理を余儀なくされる事態に。最終的にはトップから16周遅れのクラス13位でフィニッシュしました。また、No.46 S Road MOLA GT-Rにはタイヤ交換作業に不具合が生じてタイムロスを喫するという不運があり、レース後半に追い上げましたが開幕戦は8位という結果となりました。

2015年SUPER GTシリーズ開幕戦 OKAYAMA GT 300km RACE 公式予選

  • ■4月4日(土)
  • ■岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
  • ■入場者数:9,300人(主催者発表)

 084Q4725.jpg 

ミシュランがパートナーチームとともに2年連続のGT500クラス制覇を目指す2015年のSUPER GTがいよいよ始まりました。

4月4日(土)に開催された公式予選では、ミシュランタイヤを履きディフェンディングチャンピオンとして今シーズンに臨むNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が5位でQ1(予選第1セッション)を突破し、Q2(予選第2セッション)でも5番手のタイムをマーク。ただし、4番手タイムを記録したNo.12 日産GT-R GT500に四輪脱輪によるペナルティが課されたことから、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rはひとつポジションが繰り上がって予選4位に。4月5日(日)の決勝レースを2列目のグリッドからスタートすることになりました。

もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)はQ1で10番手のタイムを記録。そのまま予選順位が確定し、決勝レースは5列目からスタートします。

  • 1