【レースレポート】

2015年9月19日

予選最速はS Road MOLA GT-R! ミシュランユーザーが2戦連続・今季3回目のポールポジションを獲得!

2015年SUPER GTシリーズ第6戦 SUGO GT 300km RACE 公式予選

  • ■9月19日(土)
  • ■スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡):全長3.704256km

  

秋の長雨から抜けてドライコンディションに恵まれたスポーツランドSUGOでSUPER GT第6戦の公式予選が行われました。その中で、60kgのウェイトハンデを抱えて今大会に出場するNo.46 S Road MOLA GT-Rは、柳田真孝が担当した予選第1セッション(Q1)を5位で通過し、予選第2セッション(Q2)では本山 哲の渾身のアタックによって最速タイムをマーク。同車としては今シーズン初となるポールポジションを獲得しました。なお、これによりミシュランタイヤ装着車が第2戦富士、そして先の第5戦鈴鹿に続いて今シーズン3回目の予選制覇を遂げる結果となりました。

一方、No.1 MOTUL AUTECH GT-RはQ1をロニー・クインタレッリが担当しましたが、78kgになったウェイトハンデの影響を強く受けてQ2進出はならず、明日の決勝レースは6列目・12番目のグリッドからスタートします。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_01.jpgMICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_02.jpg

  

独自のウェイトハンデ制度を採り入れて行われているSUPER GTでは、参戦6戦目までは前戦までに獲得したシリーズポイントを1ポイント=2kgで換算して算出されたウェイトハンデが課されるレギュレーションとなっています。ただし、参戦7戦目になると1ポイント=1kgと換算係数がそれまでの半分となり、さらに参戦8戦目ではウェイトハンデは撤回されるというシステムになっています。

トップカテゴリーであるGT500クラスに参戦しているのは全レースに出場しているエントラントばかりであり、シリーズ第6戦である今大会は各車にとって「参戦6戦目」。したがって、各車が「1ポイント=2kg」で算出されたウェイトハンデを抱えた状態で今シーズン行われるレースは今大会が最後となります。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_03.jpg  

舞台となるスポーツランドSUGOは、最大69.83mという大きな高低差を特徴とするテクニカルコースです。車両の前後方向の荷重変化が他のサーキットよりも大きく、ツイスティなコースレイアウトのため横方向の荷重変化も大。スロットルを開けている時間は長めで、大きなダウンフォースを発生させている時間も長いため、タイヤにとっては絶えずストレスがかかってくる難しいコースと言えます。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_04.jpg  

  

【Q1(予選第1セッション)】

[セッション時間:15分/天候:曇り/コース:ドライ/気温:27℃/路面温度:33℃]

  

No.1 MOTUL AUTECH GT-R

担当:ロニー・クインタレッリ ベストタイム:1分12秒530/12位

前戦を終えてドライバーズポイントランキングで4位につけるNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rの今大会におけるウェイトハンデは78kg。ただし、ハンデが50㎏を超える場合は、50㎏分はエンジンへの燃料の流量をリストリクターによって規制してパワーダウンを図る措置を取り、実際に搭載するウェイトの重量は50㎏分を差し引いた残り分の数値とするルールとなっています。したがって、今大会におけるNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rは燃料リストリクター装着+ハンデウェイト28kg搭載という状態での走行となります。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_05.jpg  

No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは、Q1は松田次生、Q2はロニー・クインタレッリがそれぞれ担当する形でこれまでの予選を戦ってきましたが、今大会におけるNISMOチームは今シーズン初めてクインタレッリにQ1を任せることとしました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_06.jpg  

ヴェローナ出身のイタリア人ドライバーが乗り込んだNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rはセッション開始から8分すぎにコースイン。まずは1分13秒876を記録すると、次の周には1分12秒530までタイムアップを果たします。これが同車の予選ベストタイムとなりました。

ただし、Q2進出を果たすには0.4秒ほど足らず、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは今シーズン3度目のQ1敗退を喫することに。78kgのウェイトハンデが大きく響いた格好の同車は予選12位にとどまる結果となりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_07.jpg  

  

No.46 S Road MOLA GT-R

担当:柳田真孝 ベストタイム:1分12秒490/5位

ドライバーズポイントランキング6位につけるNo.46 S Road MOLA GT-Rのウェイトハンデは60kg。同車は今シーズンのレースで初めて燃料リストリクターを装着し、さらに10kgのハンデウェイトを搭載するという状態で出走しました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_08.jpg  

前戦の鈴鹿では予選における両ドライバーの出走セッションを変えてきたMOLAチームですが、今大会ではQ1を柳田真孝、Q2を本山 哲にそれぞれ任せるという開幕戦から第4戦までのものと同じシフトに戻してきました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_09.jpg  

そして迎えたQ1において、柳田がステアリングを握ったNo.46 S Road MOLA GT-Rはセッション開始から7分後というタイミングでコースイン。2周をかけてタイヤを温めると、まずは1分13秒096を刻み、その翌周には1分12秒490をマーク。このタイムをもって柳田はタイムトライアルを打ち切りましたが、No.46 S Road MOLA GT-RはQ1を5位という上々の結果で終えてQ2進出を果たしました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_10.jpg  

  

【Q2(予選第2セッション)】

[セッション時間:12分/天候:曇り/コース:ドライ/気温:26℃/路面温度:32℃]

  

No.46 S Road MOLA GT-R

担当:本山 哲 ベストタイム:1分11秒607/1位

今シーズン3度目となるQ2進出を果たしたNo.46 S Road MOLA GT-R。闘志をみなぎらせる本山が乗り込んだ同車はセッション開始から5分が経過したところでピットを離れていきました。計測周回1周目は1分23秒454、2周目は1分16秒909とペースを上げながら、タイヤにしっかりと熱を入れていきます。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_11.jpg  

そして計測周回3周目、本山がついに渾身のタイムアタックに出ました。コントロールラインを通過し、叩き出されたタイムは1分11秒607。昨年大会で記録されたコースレコード1分13秒667を大幅に破る新ラップレコードで、その時点でのQ2のトップタイムでした。

この周回をもって本山はタイムアタックを打ち切り、マシンをピットへと向けます。そして、本山のこのタイムを上回ってくる車両は現れず、No.46 S Road MOLA GT-Rが今シーズン初、昨シーズンの第7戦タイ以来となるポールポジションを獲得しました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_12.jpg  

この結果、今シーズンこれまでの6戦のうち3戦においてミシュランタイヤ装着車がポールポジションを奪うこととなりました(第2戦富士:No.1 MOTUL AUTECH GT-R、第5戦鈴鹿:No.1 MOTUL AUTECH GT-R、第6戦菅生:No.46 S Road MOLA GT-R)。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_13.jpg  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_14.jpg本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「この菅生では7月に公式テストがあったのですが、そのときは今回よりも気温も路面温度もずっと高いコンディションでした。今回は7月のテストのときに予想していたほどには気温、路面温度ともに低くなりすぎることはありませんでしたが、コンディションが大きく違っていた7月のテストで今回のレースにマッチするタイヤを選ぶのは非常に難しい作業でした。タイヤの絶対的なパフォーマンスはずいぶん上がってきていますが、その分、温度域に対してシビアになっています。でも、良いタイヤを選ぶことができたし、そのタイヤがちゃんと今回の温度域に適合していたので、結果的に7月の公式テストは良いテストになったと言える状態になりました。

次戦のオートポリスではウェイトが半分になるので、あそこでは絶対に勝ちたい。だから、今回はウェイト的には厳しいんですけど、次のオートポリスにつながるレースにしたいですね」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_15.jpg柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「この菅生の公式テストで僕たちは良いタイムを出せていなかったのですが、それは今回選ぶことになったタイヤをテストしていたからです。あの7月のときのコンディションでは苦労しましたが、今日のコンディションにはバッチリ合っていました。

第3戦のタイで勝って、あれで良い流れに乗れるかと思ったのですが、富士、鈴鹿と駄目なレースが続いてしまいました。だから、良い流れを取り戻すためにも今回は頑張るしかないですね。ハンデウェイトと燃料リストリクターが課せられていて条件的には厳しいのですが、今回は何とか上位で走り切って、そしてウェイトが半分になる次回のオートポリスでは真正面から勝ちに行きたいと思っています」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_16.jpgロニー・クインタレッリ (No.1 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「朝の公式練習からグリップ感が足りませんでした。午後の公式予選では、路面のコンディションが少し良くなっていたはずなのに、アンダーステアが少し厳しかった。バランスが良ければもう少しいタイムが出せたと思います。Q2に進めたかどうかは分かりませんが、少なくともトップ10には入れたでしょう。明日は路面がさらに良くなると思うので、クルマのセットアップを合わせていく必要はありますが、何とか粘ってポイントを獲りたいですね」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_qualifying_17.jpg日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今日のコンディションは、気温、路面温度ともに想定の範囲内でした。1号車(No.1 MOTUL AUTECH GT-R)と46号車(No.46 S Road MOLA GT-R)は同じタイヤで今日の予選を走行しています。他のクルマの位置を見ても、Q1での1号車の結果は驚くものではありません。46号車とのタイム差が重さ(ウェイトハンデ)以上にありましたが、それはむしろ46号車がQ2で頑張ったということだと思います。

明日の天気は今日と同様という予報ですが、我々のタイヤに関しては何の不安もありません。菅生はコース幅が狭いので、トラフィックの影響が大きい。GT500だけの争いでも抜きにくいですし、そこにGT300が絡むとかわすのが大変です。今のGT300車両は速いですからね。したがって、スターティンググリッドの位置は前の方がレースの展開が楽になります。危ない要素が減りますから。その意味で、ここで46号車がポールポジションを獲った意味は大きいですね。一方、1号車にはとにかくしぶとく行ってもらうしかありませんね」