【レースレポート】

2015年9月21日

S Road MOLA GT-R、重いウェイトハンデを跳ねのけて値千金の2位表彰台を獲得!

2015年SUPER GTシリーズ第6戦 SUGO GT 300km RACE 決勝レース

  • ■9月20日(日)
  • ■スポーツランドSUGO(宮城県柴田郡):全長3.704256km
  • ■入場者数:予選日 8,000人/決勝日 28,500人(主催者発表)

  

秋晴れのスポーツランドSUGOでSUPER GT第6戦の決勝レースが開催され、60kgのウェイトハンデを抱えながらポールポジションからスタートしたNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)がウェイトハンデの軽いライバルたちと互角以上の走りを終始披露。2位でのフィニッシュを果たし、今季2度目の表彰台を獲得しました。また、78kgのウェイトハンデを抱えて12番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)も果敢な走りを続け、周回遅れの車両に接触されて順位を落とす不運がありながらも一時は4位にまでポジションアップ。その後、他車との接触によるドライブスルーペナルティを課せられたことで順位を下げましたが、それでも6位に入って貴重なポイントを獲得しました。

このレースの結果、No.46 S Road MOLA GT-Rはドライバーズポイントランキングにおいてトップから6ポイント差のランキング3位タイに浮上。そしてNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rはトップから7ポイント差のランキング5位に。2台のミシュラン・パートナー車両はいずれもチャンピオンシップ獲得を十分狙える位置につけて、残り2戦となったシーズン終盤の戦いに臨むことになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_01.jpgMICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_02.jpg

  

  

【決勝レース】 300km=3.704256km×81周

[天候:晴れ/コース:ドライ/気温:31℃/路面温度:43℃(レーススタート時)]

  

独自のウェイトハンデ制度のもとで開催されているSUPER GTですが、今大会は獲得シリーズポイントを「1ポイント=2kg」で換算して算出したウェイトハンデを各車が抱えて走行する今シーズン最後のレース(※次戦では1ポイント=1kg、さらに次の最終戦ではウェイトハンデは無しに)。そして舞台となるスポーツランドSUGOはコース幅が狭く、「GT500だけの争いでも抜きにくいですし、そこにGT300が絡むとかわすのが大変」(日本ミシュランタイヤ 小田島広明モータースポーツマネージャー)なサーキット。実際、レースは接触やペナルティが頻発する荒れた展開となりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_03.jpg  

No.46 S Road MOLA GT-R

第1スティント:本山 哲→第2スティント:柳田真孝/2位(81周)

  

No.46 S Road MOLA GT-Rのウェイトハンデは60kg。ただし、ハンデが50㎏を超える場合は、50㎏分はエンジンへの燃料の流量をリストリクターによって規制してパワーダウンを図る措置を取り、実際に搭載するウェイトの重量は50㎏分を差し引いた残り分の数値とするルールとなっていることから、No.46 S Road MOLA GT-Rは燃料リストリクター装着+ハンデウェイト10kg搭載という状態での出走です。前日の公式予選ではハンデの軽いライバル車両を凌駕するスピードを見せて堂々のポールポジションを獲得し、決勝日朝のフリー走行でもトップタイムをマーク。まさに好調そのものでした。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_04.jpg  

迎えた決勝レースで第1スティントを担当したのは、ポールタイムを叩き出した本山 哲。しっかりとスタートを決め、トップの座を堅守して300kmのレースを開始しました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_05.jpg  

積極的なドライビングを見せる本山は後続に対してじりじりリードを広げていきました。そして7周目を終えるまでには2位に対して3秒以上の差をつけます。8周目には早くもGT300車両の周回遅れが出現し、各車両のギャップも広がったり詰まったりを繰り返す状況になりましたが、それでも本山がステアリングを握るNo.46 S Road MOLA GT-Rのスピードが鈍ることはなく、24周を終える頃には2位に対して15秒を超える大差をつけて完全な独走状態となっていました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_06.jpg  

ところが27周目にGT500車両同士の接触にともなうクラッシュが発生。その処理のためにセーフティカーが導入されてレースが中立化されます。ここでMOLAチームは、ピットロードがオープンになるとすぐにNo.46 S Road MOLA GT-Rをピットに呼び入れ、ルーティンのピットストップを実施。他のチームも同様の動きを取り、ほとんどの車両がこのタイミングでピットロードになだれ込んだため、スポーツランドSUGOの狭いピットロードはまさに大混乱となりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_07.jpg  

ピットロードの混乱をよそに確実に行われたMOLAチームのピット作業を経て、新たに柳田真孝が乗り込んだNo.46 S Road MOLA GT-Rはトップの座を保ったままコースに復帰。全体で6番目に重いウェイトハンデを負う車両がレースを引っ張り続けました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_08.jpg  

しかし、そのNo.46 S Road MOLA GT-Rを上回るペースで追い上げてくる車両がありました。それがNo.100 ホンダNSX CONCEPT-GTで、やがて2台はテールtoノーズの状態に。そして、36周目から37周目に入るメインストレートで周回遅れの車両に行く手を塞がれたNo.46 S Road MOLA GT-RのインをNo.100 ホンダNSX CONCEPT-GTが押さえて順位が逆転。No.46 S Road MOLA GT-Rは2位へとひとつポジションを下げることになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_09.jpg  

その後もNo.46 S Road MOLA GT-RはNo.100 ホンダNSX CONCEPT-GTから大きく離されることなく走行を続け、再逆転のチャンスを狙い続けました。残念ながらそのチャンスが訪れることはなく、No.46 S Road MOLA GT-Rはトップから2.689秒遅れの2位でのフィニッシュ。勝利を逃した悔しさはありつつも、ウェイトハンデの悪条件を考えれば上々と言える今季2度目の表彰台を獲得しました。

そして、前戦を終えてのポイントランキング上位3台が今大会ではそろって下位に沈んだことから、No.46 S Road MOLA GT-Rはトップから6ポイント差のランキング3位タイに浮上し、チャンピオン争いにおいて完全に息を吹き返すこととなりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_10.jpg  

  

No.1 MOTUL AUTECH GT-R

第1スティント:松田次生→第2スティント:ロニー・クインタレッリ/6位(81周)

  

No.1 MOTUL AUTECH GT-Rのウェイトハンデは78kg。燃料リストリクターを装着し、さらに28kgのハンデウェイトを搭載するという状態での出走でした。前日の予選では12位という結果に終わりましたが、その後NISMOチームが行ったセッティングの修正が功を奏し、決勝日朝のフリー走行でのNo.1 MOTUL AUTECH GT-RはNo.46 S Road MOLA GT-Rに続く2番手のタイムをマーク。決勝レースに向けて期待が俄然高まりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_11.jpg  

No.1 MOTUL AUTECH GT-Rの第1スティントを担当したのは松田次生でした。オープニングラップでひとつ順位を上げて11位につけると、レース序盤はしばらくそのポジションを走行します。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_12.jpg  

スティントの中盤に入り、GT300車両の周回遅れが次々に発生してくる中で、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rの動きが活発化してきました。15周目にはNo.17 ホンダNSX CONCEPT-GTを、翌16周目にはNo.8 ホンダNSX CONCEPT-GTを次々にかわして9位へとポジションアップ。さらなる追撃が期待されました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_13.jpg  

ところが26周目、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rには、周回遅れとなるGT500車両に接触されてスピンを喫するという不運が降りかかりました。これでポジションは予選順位と同じ12位へと後退。戦いは振り出しに戻ってしまいました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_14.jpg  

その直後、GT500車両同士の接触にともなうクラッシュの処理のためのセーフティカーが導入されました。他のチームと同じくNISMOチームもピットレーンがオープンになるやただちにNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rをピットインさせます。ここでNISMOのスタッフは定評どおりの速さのピット作業を行い、松田に替わってロニー・クインタレッリが乗り込んだNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rを7位でコースに送り出すことに成功しました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_15.jpg  

やがてセーフティカーが退いてレースが再開されると、クインタレッリは果敢な走りで前を行く車両を追い上げていきました。そして37周目にはNo.12 日産GT-R GT500を捉えて6位に浮上しましたが、このときNo.1 MOTUL AUTECH GT-RはNo.12 日産GT-R GT500を押し出す形になってしまいました。

  

クインタレッリはさらにプッシュし続け、64周目にはNo.24 日産GT-R GT500をかわして5位に浮上。さらに66周目には、3位を走っていたNo.37 レクサスRC Fがピット作業違反によるドライブスルーペナルティを受けたことによって4位にまで上がります。しかし、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rには先にNo.12 日産GT-R GT500を押し出す形になってしまった件でドライブスルーペナルティの裁定が下っていました。そして67周目を終えるところでNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rはピットロードへ。この間に2台に先行され、7位で戦列に戻りました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_16.jpg  

その後のNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rはポジションを上げることも下げることもなく、7位でチェッカーフラッグを受けました。ところが、6位でフィニッシュしていたNo.15 ホンダNSX CONCEPT-GTにピット作業違反によるペナルティタイム37秒加算の裁定が下ったことから、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rはひとつ順位を上げて6位という結果を手にすることに。そしてドライバーズタイトル争いではトップと7ポイント差のランキング5位につけて残り2戦に臨むことになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_17.jpg  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_18.jpg本山 哲 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「予選のときと同様にクルマもタイヤも十分なパフォーマンスを発揮してくれました。前半はうまくリードを作ることができたし良い展開になりましたが、セーフティカー導入で15秒のマージンを失うことになり、流れが変わったのは不運でした。それでもこの週末はいい流れをつかむことができました。今日のレース内容からすると2位は悔しい結果ですが、それでも15ポイントを獲得でき、チャンピオン争いに残ることができたのは良かったです」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_19.jpg柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「ドライバー交替後はトップでコースに戻れたのですが、まずGT500の渋滞に引っかかり、その後は最終コーナーでGT300の渋滞に引っかかる、という具合で巡り合わせが悪かったですね。その後もパフォーマンスは十分でしたがバックマーカーに引っ掛かるタイミングの運・不運もあり、逆転することはできませんでした。でも、2位でゴールしてチャンピオン争いに残ることができたし、チームがワンランク上に行ったという感触もありました。悔しい思いは強くありますが、しかし充実した週末でした」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_20.jpg松田次生 (No.1 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「クルマのペースが良く、順位も上げていけてすごくいい展開だったのですが、周回遅れの車両に接触されてしまいました。表彰台も見えていただけに、非常にもったいない、納得のできない結果ですが、クルマとタイヤは納得できる十分なパフォーマンスを発揮してくれました。しっかりと頭を切り替えて残り2戦に臨まないといけません。トップとのポイント差は大きくありませんから、残り2戦も全開でプッシュしていきます」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_21.jpgロニー・クインタレッリ (No.1 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「次生さんのスティントでポジションを上げてくれて、ピットストップの後は僕が7番手でレースに戻ることができました。ペナルティに関しては何とも言えない部分がありますが、今日の僕らのパッケージの実力を考えると表彰台には行けたと思っています。クルマとタイヤのパフォーマンスは予選のときよりもずいぶん引き上げることができていました。本当に満足できるレベルになっていて、それだけに余計に悔しいです。ランキングは5位になってしまいましたが、トップとのポイント差はわずか。完璧なレースができれば手が届く位置にいると思うので、残り2戦、あきらめず頑張ります!」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_06_Sugo_race_22.jpg日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「今回このレースのために用意したドライコンディション用タイヤはソフト、ミディアム、ハードの3種類です。これは温度レンジで分けたもので、それぞれオーバーラップしたゾーンは持っていますが、この週末の天気が読みにくかったので、ミディアムをプライマリー(主タイヤ)としながら3種類を用意したわけです。これは間違いなかったし、かなりぴったりでした。1号車(No.1 MOTUL AUTECH GT-R)はソフトとミディアムを、46号車(No.46 S Road MOLA GT-R)はミディアムとハードを選びましたが、実際に使用したのはすべてミディアムでした。タイヤとしては温度レンジを含めて適切に機能していたと考えています。クルマのパッケージを含めて特に問題があったわけではなく、ラップタイムも安定していました。タイヤもクルマのセッティングも十分な性能を持っていたと評価しています」