【レースレポート】

2015年10月31日

MOTUL AUTECH GT-Rが予選3位を獲得! シーズン終盤の大一番にセカンドロウから挑む!

2015年SUPER GTシリーズ第7戦 SUPER GT in KYUSHU 300km 公式予選

  • ■10月31日(土)
  • ■オートポリス(大分県日田市):全長4.674km

  

全8戦で争われる今シーズンのSUPER GTも残り2戦。トップカテゴリーのGT500クラスに参戦するミシュラン・パートナーチームの2台はともにシリーズチャンピオン獲得の可能性を高く持っています。そうした中で迎えたシリーズ第7戦オートポリスの公式予選では、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rが3位・セカンドロウを獲得しました。同車は松田次生のドライブにより8番手で予選第1セッション(Q1)を突破し、続いて行われた予選第2セッション(Q2)ではロニー・クインタレッリが3番手のタイムをマークしました。一方、No.46 S Road MOLA GT-RはQ1を柳田真孝が担当しましたがトラフィックの影響を受けたことなどから10番手タイムにとどまってQ2進出はならず、明日の決勝レースは5列目・10番手のグリッドからのスタートとなりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_01.jpg

  

さわやかな秋の晴天のもと、阿蘇の山々に囲まれたオートポリスがシリーズ第7戦の公式予選日を迎えました。このサーキットは最大高低差52mとアップダウンが大きく、全長902mのメインストレート以外ではコーナーがひたすら続くという印象。横方向の荷重移動が絶え間なく続き、また路面も比較的バンピーなことから、タイヤに大きな負荷がかかってくるサーキットです。また、ツイスティでコース幅も広くはないことから、前走車を追い越す際に負わねばならないリスクが他のサーキットより大きいという難しさもあります。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_02.jpg  

そしてシリーズの7戦目である今大会では各出場車両のウェイトハンデが前戦の半分となります。SUPER GTの独自のウェイトハンデシステムでは、参戦6戦目までは前戦までに獲得したシリーズポイントを1ポイント=2kgで換算して算出されたウェイトハンデが課され、参戦7戦目になると換算係数がそれまでの半分の1ポイント=1kgとなり、さらに参戦8戦目ではウェイトハンデは撤回されるという内容になっています。そして、GT500クラスに参戦しているのは全レースに出場しているエントラントばかりであり、シリーズ第7戦である今大会はGT500各車にとって「参戦7戦目」。したがって、GT500各車は「1ポイント=1kg」で算出されたウェイトハンデを抱えた状態で今大会に出走します。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_03.jpg  

なお、今大会の約4週間前の10月6日〜7日にはこのオートポリスでタイヤメーカー合同テストが行われており、ミシュラン勢ではNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rのみが参加。2日間のテスト全体で3番手となるタイムを記録しており、今大会に向けての用意が順調であることを印象づけていました。

  

  

【Q1(予選第1セッション)】

[セッション時間:15分/天候:晴れ/コース:ドライ/気温:15℃/路面温度:26℃]

  

No.1 MOTUL AUTECH GT-R

担当:松田次生 ベストタイム:1分34秒041/8位

前戦を終えてドライバーズポイントランキングでトップと7ポイント差の5位につけるNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rの累計獲得ポイントは44ポイント。したがって今大会には、燃料リストリクターの装着はなく、ハンデウェイトを44kg搭載した状態での出走となります。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_04.jpg  

No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは前戦の菅生では今シーズンに入って初めてロニー・クインタレッリにQ1を担当させましたが、今大会では松田次生がQ1を走るという"標準フォーメーション"に戻してきました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_05.jpg  

そして迎えたQ1でNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rに乗り込んだ松田は、インラップを含めた3周をかけてタイヤを十分な作動温度に高めると、計測3周目に満を持してアタック。トラフィックにやや引っかかりながらも1分34秒041をマークし、このセッションで8番手につけてQ2進出を果たしました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_06.jpg  

  

No.46 S Road MOLA GT-R

担当:柳田真孝 ベストタイム:1分34秒288/10位

ドライバーズポイントランキングでトップと6ポイント差の3位につけて今大会を迎えたNo.46 S Road MOLA GT-Rの累計獲得ポイントは45ポイント。燃料リストリクターなし&ハンデウェイト45kg搭載の状態での出走です。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_07.jpg  

同車のQ1を担当したのは柳田真孝でした。同じ日産GT-R GT500&ミシュランタイヤのパッケージのNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rとほぼ同時にコースインすると、やはり3周をかけてタイヤをウォームアップさせます。

  

そして柳田は計測3周目にアタックに出ました。しかし、No.1 MOTUL AUTECH GT-R以上にトラフィックの影響を大きく受けたためか、Q2進出を果たすには約0.2秒足らぬ1分34秒288というタイムで終了。No.46 S Road MOLA GT-Rはこのセッションで10位となり、予選10位が確定。明日の決勝レースは5列目からスタートを切ることになりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_08.jpg  

  

【Q2(予選第2セッション)】

[セッション時間:12分/天候:晴れ/コース:ドライ/気温:16℃/路面温度:27℃]

  

No.1 MOTUL AUTECH GT-R

担当:ロニー・クインタレッリ ベストタイム:1分33秒181/3位

今シーズンにおいてNo.1 MOTUL AUTECH GT-RがQ2に進出したのは今回が4戦目。過去3戦のうち2戦ではポールポジションを奪っており、そのいずれもロニー・クインタレッリが叩き出した最速タイムによるものでした。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_09.jpg  

そして今回もQ2を担当したクインタレッリは、インラップを含めた2周でタイヤのウォームアップを終えると、計測2周目にはアタックに出て1分33秒181の好タイムをマーク。この時点でセッション3番手につけました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_10.jpg  

その後、ライバル車両が次々に自己ベストタイムをマークしてきましたが、トップ3のタイムにはどの車両も届かず、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは予選3位を獲得。追い越しには他のサーキット以上の困難が伴うオートポリスでは非常に価値の高いセカンドロウを手にしました。

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_11.jpg松田次生 (No.1 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「4週間前のタイヤテストのときに比べて今日は気温も路面温度も低く、そのせいか午前中の公式練習ではタイヤのグリップレベルがタイヤテストのときより低いように感じていました。でも、2セットのタイヤを試した中に良いセットがあり、それでQ1ではタイムを上げていくことができました」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_12.jpgロニー・クインタレッリ (No.1 MOTUL AUTECH GT-R/NISMO)のコメント:

「テストとはコンディションが違っていたけれど、公式練習でツギオさんが良いセットを見つけてくれて、それをさらに合わせ込んでいった結果、Q2でも何とか一発のタイムを出すことができました。そのセットでのロングランのチェックは明日の朝のフリー走行でやることになりますが、ロングに関してミシュランタイヤと僕らのマシンのパッケージはこれまでもずっと悪くなかったので、心配はしていません」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_13.jpg柳田真孝 (No.46 S Road MOLA GT-R/MOLA)のコメント:

「厳しい予選になってしまいました。タイヤの絶対的なパフォーマンスがどうこうということでもなければ、合わせ込みを行い切れなかったということでもありません。僕たちは決勝を見据えてタイヤを選んでいて、そのタイヤにとって今日のコンディションはベストマッチじゃなかった、ということです。でも、決勝レースでは安定したペースで走れると思うので、ひとつひとつ着実に挽回していきたいですね」

  

  

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_qualifying_14.jpg日本ミシュランタイヤ(株) モータースポーツマネージャー 小田島広明のコメント:

「タイヤメーカー合同テストからの流れで、タイムについてはあまり楽観視していなかったのですが、1号車(No.1 MOTUL AUTECH GT-R)が3位というポジションにつけたのは良かったと思っています。オートポリスは抜きにくいサーキットですから、他車も予選で上位のポジションを得ることに重点を置いていたはずです。しかも1号車は全体で4番目に重いウェイトハンデを抱えているわけですが、その中で3位を獲れたというのは良かったと思います。一方で、46号車(No.46 S Road MOLA GT-R)は残念ながらQ1で敗退してしまって後方からのスタートになります。しかし、タイトル争いについては十分可能性があるので、明日のレースはとにかくしぶとく戦うしかないなと思っています」