【レースレポート】

2015年11月 1日

【速報】 MOTUL AUTECH GT-R&ミシュラン、小雨混じりの難コンディションを制して今季2勝目をマーク! ランキングトップと2ポイント差に詰め寄って最終戦へ!

2015年SUPER GTシリーズ第7戦 SUPER GT in KYUSHU 300km 決勝レース

シリーズ唯一の九州ラウンドとして大分県のオートポリスで開催されたSUPER GT第7戦の決勝は、曇天のもとで始まり、ドライの路面状況で進んでいったものの、中盤以降は小雨がパラつく難しいコンディションでのレースとなりました。

その中で、3番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、序盤から好調な走りを見せてトップ争いに加わると、24周目にNo. 38 レクサスRC F、40周目にはNo.12 日産GT-R GT500と、チャンピオン争いにおいても直接のライバルである2台を次々にかわしてトップに浮上。No.12 日産GT-R GT500は首位奪回を諦めることなくチャージし続けてきましたが、これを最後まできっちりと押さえ込んだNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが真っ先にチェッカーフラッグを受け、第2戦富士に続く今季2勝目、ミシュラン勢としては今季通算3勝目を飾りました。なお、同車とミシュランタイヤのコンビネーションはオートポリスでは昨年大会に続いての2年連続優勝となりました。

この結果、ポイントランキングのトップには依然としてNo.12 日産GT-R GT500がつけるものの、No.1 MOTUL AUTECH GT-Rは2ポイント差のランキング2位に浮上。松田とクインタレッリのコンビは2週間後にツインリンクもてぎで行われるシリーズ最終戦で2年連続チャンピオンをかけた頂上決戦に臨むことになります。

また、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は、予選では10位に終わり、5列目のグリッドからのスタートとなりましたが、決勝では終始力強い走りを披露。着実に追い上げ続けて6位でのフィニッシュを果たし、同車もチャンピオン獲得の可能性を残して最終戦に挑むことになりました。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_07_Autopolis_race_express.jpg