2014 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)

MOTEGI GT 250km RACE
11月16日(日) 決勝レース
ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km
入場者数:予選日15,500人/決勝日32,000人(主催者発表)
WT1_1164.JPG

晩秋のツインリンクもてぎでSUPER GT最終戦の決勝レースが行われ、GT300クラスにおいてミシュランタイヤを唯一使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は不振に終わった前日の公式予選からセッティングを大きく変更して出場。シーズン中に見せてきた速さを取り戻すことはかなわなかったものの、最後まで粘り強く走り続けて17位でフィニッシュし、2014年シーズンの全レースを戦い終えました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)

MOTEGI GT 250km RACE
11月15日(土) 公式予選
ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km
入場者数:15,500人(主催者発表)
WT2_7908.JPG

全8戦からなる2014年のSUPER GTシリーズ最終戦の公式予選がツインリンクもてぎで行われ、GT300クラスにおいてミシュランタイヤを唯一使用するR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は前戦のタイで手応えを得た新しいセッティングの方向性が今大会の条件にうまくマッチせず苦戦。Q1(予選第1セッション)で19位に終わり、今年初めてQ2(予選第2セッション)進出を逃す結果となりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月5日(日) 決勝レース
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
入場者数:予選日42,597人/決勝日75,168人(主催者発表)
WT1_2995.JPG

SUPER GT第7戦タイの決勝レースがドライコンディションのもとで開催されました。前日の公式予選では2位に相当するタイムをマークしながら、車両の破損に起因する意図せぬ車両規定違反が予選後の再車検において見つかったことから予選タイム抹消のペナルティを受けたNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は、最後方のグリッドからスタートすると力強い追い上げを終始展開。最終的にはスタート位置から17ものポジションアップを果たし、5位でのフィニッシュを果たしました。

また、地元タイのチームからミシュランタイヤを使用して今大会にスポット参戦し、いきなりポールポジションを奪ってみせたi-mobile-AASのNo.99 ポルシェ911 GT3R(V.インタラプバサク/A.インペラトーリ)は、決勝レースにおいてもレギュラー勢を抑えてトップを走り続けるパフォーマンスを披露。ところが、レース後半に何らかの理由によりタイヤにスローパンクチャーを抱えてイレギュラーのピットストップを強いられたことからポジションを落とすことに。それでも7位でフィニッシュし、その実力を強く印象づけた一戦となりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月4日(土) 公式予選
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
WT2_9951.JPG

今シーズンのSUPER GTで唯一の海外ラウンドとなる第7戦タイの公式予選が行われ、地元タイのチームでミシュランタイヤを使用するi-mobile-AASのNo.99 ポルシェ911 GT3R(V.インタラプバサク/A.インペラトーリ)が前日の練習走行に続いてトップタイムをマーク。スポット参戦ながらも堂々のポールポジションを獲得しました。

一方、GT300クラスにシリーズ参戦する唯一ミシュランユーザーであるNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)は、Q1(予選第1セッション)を4位で通過し、Q2(予選第2セッション)では2番手タイムを記録しましたが、予選後の再車検において左フロントタイヤ後方のフロアパネルが何らかの原因により規定の車高を下回る位置にまで下がっていたことが判明。同車の予選タイムはすべて抹消となり、明日の決勝レースは最後尾からスタートすることとなりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第7戦

BURIRAM UNITED SUPER GT RACE

10月3日(金) 練習走行
チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
WT1_0615.JPG

昨年までマレーシアで催されてきたSUPER GT唯一の海外ラウンドの舞台が変わり、今年はタイでの開催となりました。そして今回は特別に2時間の練習走行がレースウィークの金曜日に実施され、地元チームであるi-mobile-AASから出場のNo.99 ポルシェ911 GT3R(V.インタラプバサク/A.インペラトーリ)が最速タイムを記録。これに続く2番手タイムをNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)が刻み、ミシュランタイヤ装着車がトップ2を独占することに。GT500クラスのトップタイムもミシュランユーザーのNo.46 S Road MOLA GT-Rが記録しており、SUPER GT初開催となったタイのレースウィーク初日はミシュランタイヤがそのパフォーマンスの高さを見せつけるような展開となりました。