2014 AUTOBACS SUPER GT第1戦
OKAYAMA GT 300 km RACE
4月5日(土) 公式予選
岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
入場者数:9000人(主催者発表)

WT2_5496.JPG

ミシュランにとってGT300クラス復帰2年目のシーズンとなる2014年のSUPER GT。その開幕戦の公式予選がドライコンディションのもとで行われ、このクラスにおいてミシュランが唯一パートナーシップを結んでいるR&DスポーツのNo.61 スバルBRZ R&D SPORT(佐々木孝太/井口卓人)はQ1(予選第1セッション)を5位で通過。駒を進めたQ2(予選第2セッション)では11位となり、明日の決勝レースはGT300クラスの6列目からスタートすることになりました。

2014 AUTOBACS SUPER GT第1戦
OKAYAMA GT 300 km RACE
4月5日(土) 公式予選
岡山国際サーキット(岡山県美作市):全長3.703km
入場者数:9000人(主催者発表)

OM318833.JPG

トップカテゴリーのGT500クラスに出場するすべての車両がまったく新しいレギュレーションに則るブランニューマシンとなった2014年のSUPER GT。その開幕戦の公式予選がドライコンディションのもとで行われ、このクラスにおけるミシュラン・パートナーチームの3台はすべてQ1(予選第1セッション)を突破してQ2(予選第2セッション)に進出。その中でも2011年&2012年のチャンピオンチームであるMOLAのNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)がミシュラン勢最上位となる予選3位を獲得しました。また、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は予選6位、ウイダー モデューロ 童夢レーシングのNo.18 ウイダー モデューロNSX CONCEPT-GT(山本尚貴/ジャン‐カール・ベルネ)は予選8位となりました。

昨年はシリーズ全8戦のうち5戦でポールポジションを獲得し、シリーズランキング4位となったNo.61 スバルBRZ R&D SPORT。今年もGT300クラスでミシュランタイヤの独占供給を受ける同車は、勇退した山野哲也に代わって若手の井口卓人を新たに起用し、チーム在籍5年目となる佐々木孝太とのコンビで参戦します。

ミシュランとのパートナーシップも2年目となり、いよいよシリーズチャンピオンを目指す同車ですが、その2014年シーズンの展望を、スバルのモータースポーツ車両の技術面を統括されているスバルテクニカインターナショナル株式会社 モータースポーツプロジェクト室の辰己英治氏にお聞きしました。

MICHELIN_2014_SUPER GT_R1_GT300_preview_0001.jpg

JAF Grand Prix SUPER GT & SUPER FORMULA

FUJI SPRINT CUP 2013

11月24日(日) 決勝第2レース

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

WT1_1042.JPG

 シーズンのフィナーレを飾るSUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの第2レースが開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを履くスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300は、先ごろ「スバルのファーストドライバーのシートを後進に譲る」という発表を行った山野哲也のドライブで出場しましたが、序盤からペースが上がらず、レース半ばにはピットインして別なセッティングを試みるなどしたことから、トップから2周遅れでのフィニッシュという残念な結果となりました。

JAF Grand Prix SUPER GT & SUPER FORMULA

FUJI SPRINT CUP 2013

11月24日(日) 決勝第2レース

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

OMB40578.JPG

 現行の規定に基づいたGT500車両で争われる最後のレースとなったSUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPのGT500クラス第2レースが開催され、ウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTを駆るフレデリック・マコヴィッキィがミシュラン勢最上位の8位に。NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rは柳田真孝、MOLAのNo.1 REITO MOLA GT-Rは本山 哲がこの第2レースに出場しましたが、ともに苦戦を強いられ、柳田が14位、本山が15位という結果に終わりました。