JAF Grand Prix SUPER GT & SUPER FORMULA

FUJI SPRINT CUP 2013

11月23日(土) 公式予選/決勝第1レース

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

 SUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの第1レースが開催され、ポールポジションからスタートしたウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTは山本尚貴のドライブによりミシュラン勢最上位の4位でフィニッシュしました。また、NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rはロニー・クインタレッリがこの第1レースを戦って7位、関口雄飛がステアリングを握ったMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-Rは13周目を終えたところでリタイアとなりました。

JAF Grand Prix SUPER GT & SUPER FORMULA

FUJI SPRINT CUP 2013

11月23日(土) 公式予選/決勝第1レース

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

WT2_9642.JPG

 SUPER GTスペシャルイベントのFUJI SPRINT CUPの決勝第1レースが11月23日(土)に快晴の富士スピードウェイで行われ、GT300クラスにおいてミシュランタイヤの供給を受けるスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300は佐々木考太が乗り込んで出場。シリーズ戦にはないドライバー交替なしの22周(100.386km)のスプリントレースでしたが、予選5位からスタートした佐々木はレース前半のうちにトラブルによりポジションを落とし、13周をこなしたところで自らピットイン、リタイアとなりました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)

もてぎGT250kmレース

11月3日(日) 決勝レース

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km

入場者数:30,000人(主催者発表)

 現行の車両規則に基づいて行われる最後のシリーズ戦となった2013年SUPER GTシリーズ最終戦が開催され、GT500クラスに出場した3台のミシュラン・パートナーチーム車両のうち、ウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が最上位の7位でフィニッシュ。NISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)がこれに続く8位に入りました。シリーズチャンピオンは今回3位に入ったNo.38 レクサスSC430が獲得。No.18 ウイダーモデューロHSV-010 GTはランキング4位、No.23 MOTUL AUTECH GT-Rはランキング6位でシリーズを終えました。

R8-1.JPG

2013 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)

もてぎGT250kmレース

11月3日(日) 決勝レース

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km

入場者数:30,000人(主催者発表)

WT1_8866.JPG

 チャンピオン決定戦となった2013年のSUPER GTシリーズ最終戦が行われ、スバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は3位でフィニッシュ、今季2度目の表彰台に上りました。なお、シリーズチャンピオンは今回2位に入ったNo.16 ホンダCR-Z GTが自力で決定。今シーズン初めてミシュランタイヤを履いたNo.61 スバルBRZ GT300は、SUPER GT史上最多となる同一シーズンにおける5回のポールポジション獲得や第5戦鈴鹿での独走優勝などによって鮮烈な速さを印象づけつつ、ランキング4位でシリーズを終えました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第8戦(最終戦)

もてぎGT250kmレース

11月2日(土) 公式予選

ツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡):全長4.801379km

入場者数:14,500人(主催者発表)

OMB46169.JPG

 全8戦からなる2013年のSUPER GTシリーズ最終戦の公式予選がツインリンクもてぎで行われ、GT500クラスに出場する3台のミシュラン・パートナーチーム車両の中ではNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが最も速く、予選3位を獲得。ポイントランキングトップから11ポイント差につける柳田真孝/ロニー・クインタレッリのコンビは、明日の決勝レースではチームを移籍しながらの3年連続GT500チャンピオン獲得という偉業に挑むことになります。一方、MOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は9番手グリッド、ポイントリーダーから6ポイント差のランキング3位タイにつけるウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)は10番手グリッドから明日のレースをそれぞれスタートすることになりました。