2013 AUTOBACS SUPER GT第6戦

FUJI GT 300km RACE

9月7日(土) 公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

WT1_7331.JPG

 秋の訪れを感じさせる富士スピードウェイでSUPER GTシリーズ第6戦の公式予選が開催され、GT300クラスで唯一ミシュランタイヤを装着し、前戦を終えてシリーズランキング2位につけるスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太)は、88kgものハンディウェイト搭載を強いられながらもQ1(予選第1セッション)を突破。そしてQ2(予選第2セッション)においても4番手のタイムを叩き出し、明日の決勝レースはセカンドロウからスタートを切ることになりました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第6戦

FUJI GT 300km RACE

9月7日(土) 公式予選

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km

OM3S7166.JPG

 今シーズン2度目の富士スピードウェイ開催のSUPER GTシリーズ戦となる第6戦の公式予選が行われ、前戦鈴鹿1000kmで今季初優勝を飾り、ポイントランキングにおいても一気に3位へと浮上してきたウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)がGT500クラスにおけるミシュラン勢最上位となる予選3位を獲得しました。2年連続チャンピオンチームであるMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は予選7位。前戦で2位に入り、ポイントリーダーとなって今大会を迎えたNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)は、同クラスで目下最大となる84kgのハンディウェイト搭載も影響し、Q2(予選第2セッション)進出を約0.1秒差で逸して予選9位となりました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第5戦

第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km

8月18日(日) 決勝レース

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

入場者数:36,000人(主催者発表)

OMB43992.JPG         

通常のシリーズ戦の3倍以上の距離で争われるSUPER GT第5戦インターナショナル ポッカサッポロ1000km、通称「鈴鹿1000km」の決勝レースが開催され、ウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が今季初優勝をマーク。2位にはポールポジションからスタートしたNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝/ロニー・クインタレッリ)が入り、ミシュランタイヤ装着車が圧巻の1-2フィニッシュを達成しました。この灼熱の鈴鹿の長距離レースにおいてGT500クラスを戦うミシュラン・パートナーチームは2年連続でポールtoフィニッシュを飾ることになったほか、今回はGT300クラスにおいてもミシュランユーザーのNo.61 スバルBRZ GT300が優勝を遂げ、この伝統の「鈴鹿1000km」においてミシュランタイヤ装着車はGT500、GT300の両クラスにおいて予選、決勝レースの双方を制圧。過酷なコンディションにおけるミシュランタイヤの強さを圧倒的な内容で知らしめた一戦となりました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第5戦

第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km

8月18日(日) 決勝レース

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

入場者数:36,000人(主催者発表)

WT2_3297.JPG

 今年で42回目の開催となった伝統の一戦「鈴鹿1000km」がSUPER GTシリーズ第5戦として行われ、今シーズン実に4回目のポールポジションからスタートしたスバルBRZ R&DスポーツのNo.61 スバルBRZ GT300(山野哲也/佐々木孝太/井口卓人)はレース序盤からトップを快走。途中、セーフティーカーが入ったことでそれまでに築き上げた大量リードを削がれ、レース終盤にはNo.4 BMW Z4 GT3に先行される局面もありましたが、BRZ GT300は実力でこれをかわし、最終的には15秒近くにまでリードを広げてフィニッシュ。待望の今季初優勝をポールtoフィニッシュで飾りました。また、今回はGT500クラスにおいてもミシュラン・パートナーチームの車両が予選、決勝レースの双方を制圧。過酷なコンディションにおけるミシュランタイヤの強さを圧倒的な内容で知らしめた一戦となりました。

2013 AUTOBACS SUPER GT第5戦

第42回 インターナショナル ポッカサッポロ1000km

8月17日(土) 公式予選

鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市):全長5.807km

入場者数:26,500人(主催者発表)

OB3S8293.JPG

 SUPER GTシリーズの第5戦として行われるのは、1966年から毎年夏に鈴鹿サーキットで行われ、今年で42回目の開催を迎える伝統の一戦「鈴鹿1000km」。その公式予選が灼熱のコンディションの中で実施され、GT500クラスの2年連続チャンピオンコンビである柳田真孝とロニー・クインタレッリがドライブするNISMOのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rが開幕戦岡山に続く今シーズン2度目のポールポジションを獲得。予選2位にはウイダーモデューロ童夢レーシングのNo.18 ウイダーモデューロHSV-010 GT(山本尚貴/フレデリック・マコヴィッキィ)が続き、ミシュランタイヤ装着車がスターティンググリッド最前列を独占する結果に。GT500クラスのミシュラン勢としては2戦連続、今シーズン3度目のポールポジション獲得となりました。また、前戦菅生で快走を見せたMOLAのNo.1 REITO MOLA GT-R(本山 哲/関口雄飛)は予選9位となりました。