2015年8月 9日 【レースレポート】

MOTUL AUTECH GT-Rがハンデを乗り越えて4位入賞を果たす

2015年SUPER GTシリーズ第4戦 FUJI GT 300km Race 決勝レース

  • ■8月9日(日)
  • ■富士スピードウェイ(静岡県駿東郡):全長4.563km
  • ■入場者数:予選日 20,400人/決勝日 36,400人(主催者発表)

  

SUPER GT第4戦の決勝レースが晴天に恵まれた富士スピードウェイで開催され、52kg分のウェイトハンデを課された状態で今大会に臨んだミシュラン・パートナーチームのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が4位入賞を果たしました。11番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rでしたが、レース序盤から見事なペースで走行してポジションを上げていき、レース後半にはウェイトハンデの軽いライバルを相手に堂々のトップ争いを展開。最終的には4位に入り、高ポイントの加算に成功しました。

一方、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は48kgのハンデウェイトを搭載して10番手グリッドからスタート。全体的に苦しいレースを余儀なくされ、トップから1周遅れの14位でのフィニッシュとなりました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_04_Fuji_race_01.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第4戦 FUJI GT 300km Race 決勝レース

SUPER GT第4戦の決勝レースが晴天に恵まれた富士スピードウェイで開催され、52kg分のウェイトハンデを課された状態で今大会に臨んだミシュラン・パートナーチームのNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が4位入賞を果たしました。11番手グリッドからスタートしたNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rでしたが、レース序盤から見事なペースで走行してポジションを上げていき、レース後半にはウェイトハンデの軽いライバルを相手に堂々のトップ争いを展開。最終的には4位に入り、高ポイントの加算に成功しました。

一方、もう一台のミシュランタイヤ装着車であるNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)は48kgのハンデウェイトを搭載して10番手グリッドからスタート。全体的に苦しいレースを余儀なくされ、トップから1周遅れの14位でのフィニッシュとなりました。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_04_Fuji_race_express.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第4戦 FUJI GT 300km Race 公式予選

  • ■8月8日(土)
  • ■富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町):全長4.563km

  

ミシュランタイヤを履くNo.46 S Road MOLA GT-Rが鮮やかな勝利を飾ったタイ大会から1カ月半のインターバルを経て、SUPER GTは今シーズン2度目となる富士スピードウェイでのレースを迎えました。

その公式予選1回目のセッション(Q1)におけるミシュラン・パートナーチームの2台は獲得シリーズポイントに応じて増大したウェイトハンデの影響を受け、ドライバーズランキング4位につけ48kgのハンデウェイトを実装するNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が10位、ドライバーズランキング3位につけてウェイト50kg分の燃料リストリクターによる規制を受けた上に2kgのハンデウェイトを積んで臨むNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は11位にとどまり、ともにQ1突破はなりませんでした。

MICHELIN_2015_SUPER GT_04_Fuji_qualifying_01.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第4戦 FUJI GT 300km Race 公式予選

ミシュランタイヤを履くNo.46 S Road MOLA GT-Rが鮮やかな勝利を飾ったタイ大会から1カ月半のインターバルを経て、SUPER GTは今シーズン2度目となる富士スピードウェイでのレースを迎えました。

その公式予選1回目のセッション(Q1)におけるミシュラン・パートナーチームの2台は獲得シリーズポイントに応じて増大したウェイトハンデの影響を受け、ドライバーズランキング4位につけ48kgのハンデウェイトを実装するNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が10位、ドライバーズランキング3位につけてウェイト50kg分の燃料リストリクターによる規制を受けた上に2kgのハンデウェイトを積んで臨むNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は11位にとどまり、ともにQ1突破はなりませんでした。

(詳細レポートは追って掲載します)

MICHELIN_2015_SUPER GT_04_Fuji_qualifying_express.jpg

2015年SUPER GTシリーズ第3戦 BURIRAM SUPER GT RACE 決勝レース

  • ■6月21日(日)
  • ■チャン・インターナショナル・サーキット(タイ):全長4.554km
  • ■入場者数:予選日 16,412人/決勝日 38,381人(主催者発表)

  

SUPER GT第3戦の決勝レースがタイのチャン・インターナショナル・サーキットで開催され、ミシュランタイヤを履くNo.46 S Road MOLA GT-R(本山 哲/柳田真孝)が素晴らしいパフォーマンスを見せつけて快勝。ミシュランユーザーが2戦連続でSUPER GTのトップカテゴリーであるGT500クラスを制する結果となりました。なお、2011年と2012年のGT500チャンピオンチームであるMOLAにとっては2012年の第7戦オートポリス以来となる優勝でした。

前戦富士のウィナーであるNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は、今回は後方グリッドからのスタートを余儀なくされましたが、このレースにおけるファステストラップを叩き出しながら力強く戦い、最終的には5位でフィニッシュ。チャンピオン争いを優勢に戦うにあたって貴重なポイントを積み上げました。

MICHELIN_2015_SUPER GT_03_Thailand_race_01.jpgMICHELIN_2015_SUPER GT_03_Thailand_race_01b.jpg